BLOG ― 干場編集長の気絶ブログ「☆ブロ」

干場の気絶ブログ「世界最高峰の最新のスーツ」

2019.12.13 2019.12.13
2019.12.13

英語では、客の要望に合わせた紳士服を仕立てる店を「ビスポーク・テイラー」という。これは客に希望を話される(Be spoken)から作られた造語であり、英国ロンドンにあるサヴィル・ロウストリート発祥であると言われています。また、サヴィル・ロウは日本語の「背広(せびろ)」という言葉の由来となったとの説もあります。つまりメンズスーツの原点は英国。

その英国のトップといえばチャールズ皇太子。さらに、その英国を守る秘密情報部員と言えば、世界中の男性を夢中にさせる『007』のジェームズ・ボンドです。で、そんなジェームズ・ボンドのスーツは、ロンドン中心部にある名門紳士服店が立ち並ぶストリートサヴィル・ロウにあるオーダーメイドのスーツ店、テーラーで仕立てたという設定です。

ちなみに、原型になるスーツを作ったのはアンソニー・シンクレア。丸みのあるナチュラルショルダーで、ラペルが細く2つボタンに、細身で短めの丈やスリムなトラウザーズというのがボンドスーツの特徴です。その後、イタリアのブリオーニが作ったりもしていましたが、現在、ジェームズ・ボンドが着ているスーツを作っているのはアメリカ人デザイナーの「TOM FORD(トム・フォード)」。

で、そんなTOM FORDのスーツの製作を請け負っているのは、実はイタリア最高峰の服地メーカーとしても知られる「エルメネジルド ゼニア」です。ややこしいけど、とどのつまり、ゼニアのスーツは最高峰という証明なのです。

ということで、先日、ゼニアの展示会で最新のスーツを見てきました。ラペルが細く、ゴージ位置が低く、ドロップ9で、深いVゾーンの2つボタン。タイト&シャープで、かなりコンパクトな作りの格好良いスーツでした。昔より手足が長くなり、現代人の体型もかなり細長くなっているようです。新しいボンドスーツも気になりますね。

あれ? 何の話をしてたんでしたっけ? (笑)

hoshiba

記事をクリップする
連載をクリップする
CLOSE X

無料会員をしていただくと、記事をクリップできます。

新規会員登録

COMMENT

無料会員をしていただくと、コメントを投稿できます。

新規会員登録

WHAT's NEW

MEMBERSHIP

FORZA STYLE 無料会員にご登録いただくと、全ての記事が閲覧できるようになります
ぜひご登録ください

詳細をみる 新規会員登録

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.11.26 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

VIDEO