FASHION ― 誰がアパレルを殺すのか

【お直し店を「試着室」として活用!?】新しいファッションの通販システムとは

2019.7.10 2019.7.10
2019.7.10

お直し店で商品の受け取りだけでなく、サイズ直しや返品までもができるサービス!

ヤマトホールディングス傘下で、ヤマトグループをITで支えるヤマトシステム開発が「Fittingステーション」という新しいサービスを今年3月にスタートさせた。

アパレル業界のデジタルシフトの中でオンラインショップの売上比率はますます高まっているが、オンラインショップで買うのが難しい筆頭がスーツ・ジャケットとボトムスだろう。「試着ができない」、「返品が面倒」という高い壁に加えて、サイズや素材、デザイン、着心地など、“買って失敗した”という経験があるフォルツァ読者も多いはず。

このような課題を解消できるサービスが「Fittingステーション」で、この斬新なサービスを発案した同社のプロジェクトリーダー会田 翠(みどり)さんにお話を伺った。


写真提供:ヤマトシステム開発
洋服お直し店で、オンラインショップで購入した商品の受け取りと返品が可能!

――会田さんが「Fittingステーション」のサービスを思いついて、会社に提案した背景を教えてください。

会田 私自身は背が高くて、サイズが合う洋服を探すときにオンラインショップをよく見ています。ただ購入してもサイズが合わずに返品したり、お直しに持って行く時間や手間がかかったりして、「オンラインショップで買って、ワンストップで試着したり、お直しを頼んだり、その場で返品できるといいな」と思っていました。

――なるほど。そこでこのサービスを思いついたのですね。

会田 1年前にサービスの実証実験をしたときに、消費者からは「試着して着心地を確かめられて、その場で返品もできるのが便利」という声をいただきました。また、業務提携先となるお直し店からは、「オンラインショップで購入した商品の持ち込みが多い」という話もお聞きしました。

――つまり、「Fittingステーション」は、お直し店を「試着室」として活用して、その場で商品の受け取りだけでなく、サイズ直しや返品もできるサービスということですね。実際の利用者からはどのような声が聞こえてきていますか。

会田 アパレル企業からは、「新規のお客様による利用が多く、通常と比べて購入単価が高い。スーツなどこれまでオンラインで買いにくかったアイテムの購入が進んでいる」などの反響をいただいています。お客様からは、「実際に商品を手に取って試着ができ、着心地や肌触りを確認できる」という声や、お直し店からは「一定の割合でお直しの注文にも繋がっている」と伺っています。

――お直し店はどういう基準で選ばれたのですか。

会田 お客様が好きな時間に立ち寄れる利便性の高いターミナル駅にある店舗や、オフィス街にある店舗と連携しています。詳しくはホームページにありますが、男性向けでは、阪急メンズ東京8階の「リメイキングサロン 阪急MEN’S館」などもご利用いただきやすいと思います。


【Fittingステーション・サービス概要】
オンラインショップで商品を購入(配送先の指定時に利用可能なお直し店を選択)

希望する店舗に配送

お直し店で商品の受け取り・試着・お直し依頼

返品(「イメージと違った」などの場合はその場で返品可能)/お直し品の受け取り
オンラインショップでは買いづらい商品や接客に抵抗感がある人に最適

――忙しいビジネスマンにはもちろん、お子さんがいるお母さんなどにも適したサービスですね。

会田 そうですね。利用状況を見ると、仕事帰りの時間帯の他、隙間時間で上手く利用されている傾向が見られます。どの店舗でもサービス品質を担保できるように、マニュアルは私たちが作成し、かぶりもののトップスなどを試着する際に商品に化粧品が付かないようにフェイスカバーも提供しています。また、お直しは各店が設定する料金となります。

――お直し店の試着室を使うというのは目の付け所がとても良いですね。

会田 私もそうですが、「着てみて判断したい」という思いと、「お直しや返品する手間が面倒」という思いがあって、それを解決するのに一番適している場所だと思います。特に男性ですとジャケットの袖丈やパンツの裾直しなどが その場でできるので、お買い物の時短にもなると思います。

――お直し店のスタッフは まさにプロですしね。

会田 スタッフの方は高いスキルを持っているので、ジャケットの袖口の本切羽仕様などこだわりのある男性のご利用にも最適だと思います。

――本サービスについて、男性からの反応はいかがですか。

会田 昨年、実証実験をしたときに、「通販で初めて靴を買いました」という男性がいらっしゃって感動しました。その方はサイズが合わなかった時の返品が面倒でこれまでオンラインショップを利用されなかったそうです。また、「ボトムスも購入できるようにお直しサービスを付けてほしい」という声も実証実験のときにいただきました。忙しくて買い物の機会が減っていた方が短い時間を活用して利用していただいているのを見て、このサービスに手応えを感じました。

――他にはどんな可能性を感じていますか。

会田 特に若い人たちで、接客に抵抗感がある方がオンラインショップを利用されていますが、そういう方もお直しまで含めて安心してショッピングができると思います。


「Fittingステーション」発案者でプロジェクトリーダーの会田 翠さん
首都圏の17カ所の洋服お直し店でサービスを開始

――「Fittingステーション」の現在のサービス体制を教えてください。

会田 現在、東京・神奈川・千葉の17カ所のお直し店でサービスを提供しています。駅のターミナルビル内のショップも多いので、お仕事帰りやお買い物のついでにご利用いただけます。

――オンラインショップはメンズブランドも扱いがありますね。

会田 はい、三陽商会の「SANYO iStore(サンヨー・アイストア)」や「Factelier(ファクトリエ)」、「WORLD ONLINE STORE(ワールド オンラインストア)」、「CROCODILE(クロコダイル)」などのお取り扱いがあります。

――今後の目標は?

会田 お客様のニーズが見えてきているので、8月には新たに3カ所の都内ターミナルビル駅内のお直し店でサービスが始まります。また、ご利用いただけるブランドサイトも拡大していきたいです。

――では、会田さんからフォルツァ読者へアピールを。

会田 「Fittingステーション」は、消費者視点から生まれたサービスです。気に入ったデザインなのにサイズ感や着心地が心配でネットでは買えなかった洋服を、お直し店を「試着室」として利用し、安心して購入いただけます。ビジネスアイテムのお直しがその場で頼めるので、自分らしいファッションを楽しみながらお仕事で活躍してください。


写真提供:ヤマトシステム開発

 

Photo:Riki Kashiwabara
Writer:Makoto Kajii

「Fittingステーション」
一般消費者向け
https://fittingstation.jp/
アパレル事業者向け
https://www.nekonet.co.jp/service/tsuhan/fitting

【問い合わせ】
ヤマトシステム開発(株)
荒井・高橋
03-6333-0330

Author profile

梶井 誠
梶井 誠
Kajii Makoto

今はなき講談社のメンズファッション雑誌『Checkmate(チェックメイト)』編集部のファッション班を経てフリーランス。セレクトショップのカタログやメンズ雑誌のファッションページの取材・原稿を担当。SKE48箱推し、フィロのス・奥津マリリ推し、ジュビロ磐田サポーター。1961年福井県出身。

KEYWORDS
お直し

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.6.20 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO