CAR ― Dr.ノリシゲの妄想ドライブ

妄想は続くよ、どこまでも!

【年度末の今が買い!】イタリアの至宝アルファロメオをお得にGETする方法

2019.1.30 2019.1.30
2019.1.30
説明しよう!妄想ドライブとはヴェテラン モータージャーナリスト・ノリシゲセイイチが「このクルマにのったら、こんなことをしたい。こんなところに行きたい。この街道でぶっ飛ばしてチャンネーとこんなことがしたい!」と妄想の世界に遊ぶ気絶コラムである!

年度末商戦で伝統と格式をゲットせよ!

さてさて。今回から年度末商戦ブツヨク企画として狙い目モデルをブランドごとに取り上げてみたいと思います。記念すべき第一回は若き日のエンツォ・フェラーリを育んだイタリアの名門「Alfa Romeo」です。

ワタシもかつてアルファロメオ(以下、アルファ)のオーナーでしたが、アルファはなんとも不思議ちゃんなクルマです。スポーティであることは間違いないのですが、乗るたびになんとなくホッとするんですよね。この感覚はドイツ車では絶対に味わえません!

Alfa Romeo Giulia Quadrifoglio
拡大画像表示

で、自分の持ち物として相対的に評価するなら、まず絶対数が少ない。だから信号待ちで他人と被らない……なんて魅力もあります。一昔前はちょっとしたコツを必要とするクルマでしたが、現在は十分に信頼性が確保されています。でも、なぜか少ない(コレ重要)。

Alfa Romeo Stelvio QUADRIFOGLIO
拡大画像表示

現在のラインナップはミドルサイズの4ドアスポーツのジュリア、SUVのステルヴィオ、ミドシップスポーツの4C、5ドアスポーツハッチバックのジュリエッタ(TOP画像)という布陣(3ドアハッチバックのミトは昨年末で終売)。

Alfa Romeo 4C Competizione
拡大画像表示

そして結論から言えば、もうどれを買ってもイタリア濃度高く妖艶な空気感に酔いしれることが出来ます。なんかフェロモン出てますよ~的な部分もイタリア車に共通するでしょうか。コレは他国のクルマでは決してマネできない。

年度末のお得感を検証してみます。まず、全モデルに共通するのは特別低金利1.9%の据置価格設定型ローン「インテリジェントローン」が適用されること。そして注目なのはその残価設定率の高さです。諸条件は付随するものの、手放す時にいくらで引き取ってくれるか、という部分が重要で、その金額が高ければ月々の支払いもお安く乗れるのです。

Alfa Romeo 4C ITALIA
拡大画像表示

具体的な残価設定率は、ステルヴィオ、ジュリア、4Cのクーペ&スパイダ―が、車両本体価格の50%(37回)、40%(49回)、30%(61回)という割り合い。ラインナップ中、もっともデビューが早かったジュリエッタでさえ、40%(37回)、30%(49回)、20%(61回)という設定率。

お得度の基準は3年乗って50%より上か下かという残価設定率です。どんな人気車でもジュリエッタの3年40%の適用が標準的な数値です。やはりアルファってお好きな方が多いのですね!

キャッシュがある方は別として、この高い残価設定率ならアルファのオススメプランは5年61回パターンでしょうか。月々の支払額はとりあえず抑えておいたほうが何かと自由度が利きます。1年先のことなんてわかりませんから。

そんな状況のなかで、さらにお得なのがジュリアの2モデル、「GIULIA 2.0 TURBO SUPER(543万円)」と「GIULIA 2.0 TURBO VELOCE(587万円)」です(ともに右ハンドル)。なんとこの年度末特別低金利1.9%に加え「35万円購入サポート」が付いてきちゃいます。

ちなみにお安い方の「GIULIA 2.0 TURBO SUPER」の場合、頭金150万円(下取り含む)と仮定すると残金が355万2,000円。5年パターン(支払回数61回)で初回1万6,162円 、2回目以降1万3,000円×59回 、ボーナス月加算15万円×10回という内容です。このパターンでは据置率30%ですから151万5,000円という据置金額になります(分割支払金合計379万8,162円、支払総額529万8,162円 )。

コレで名門アルファのスポーツセダン(後輪駆動)が買えるならお安いでしょう。年度末スペシャルの35万円購入サポートでオプションだって気兼ねなくおごれます。

Alfa Romeo Giulietta
拡大画像表示

スポーツカー顔負けの走りが楽しめるSUVのステルヴィオ、このモデルが最終型の4C、一見2ドアのようなスタイリッシュさが持ち味のジュリエッタなど、アルファはどれも魅力的です。

アルファを所有するということは1910年創業という119年の伝統と、黄金伝説のひとつである聖ゲオルギオスに基づく神秘的なエンブレムがアナタのガレージを彩るということを意味します。是非ともこの機会にご検討ください。

Text:Seiichi Norishige

FCAジャパン
0120-779-159(アルファ コンタクト)

■Passione Alfa Romeo | Passion brings us together

 

Author profile

教重 誠一
教重 誠一
Seiichi Norishige

自動車雑誌の編集者を経てモータージャーナリストへ。駆け出しの頃からサラリーマンの限界に挑戦し数々の輸入車を乗りまわす。印象深かった愛車はポルシェ911(930)、Ruf CRo
コンバージョン(964)、メルセデス・ベンツ500E、フェラーリ412、BMW6シリーズ、RG500Γ(バイク)。趣味はシガーとパイプとすし屋巡り。ジャンルを問わず酒好きだが、一定以上飲むと睡魔が襲い銘柄を失念する。1964年、北海道生まれ。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.5.7 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO