FASHION オトナの”鉄板定番”ベスト

【ホカ オネオネ】“ダッドスニーカー”的厚底のランニングシューズの元祖

男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介します。

ヤミツキ必至! まさしく雲上な履き心地です

 

第71回は、ホカ オネオネのランニングシューズです。

1万7000円(税抜)/ホカ オネオネ(デッカーズジャパン)

ホ、ホカ・・・ワンワン? 日本に上陸したての頃は、さぞや多くの人がそんな言いま“つ”がいをしたことでしょう。2009年に誕生し、現在はカリフォルニアに拠点を置くランニングシューズブランド、ホカ オネオネ。2017年に日本へ本格上陸を果たし、瞬く間に人気を獲得しました。

その特徴は、ゆりかごのようなロッカー形状の分厚いソール。これは、衝撃吸収性を高め、さらに着地から蹴り出しまでをスムーズにするために導き出された答え。

元々は、下り坂で膝に過度な負荷が掛かるトレイルラン用として開発されたものですが、現在は長距離のロードラン用シューズも続々とラインナップされています。昨今、薄底が常識だった長距離用ランニングシューズが厚底への移行を見せていますが、その走りとも言えるでしょう。

その抜群のクッション性で、爆発的にアメリカで勢力圏を広げたホカ オネオネですが、日本ではもうひとつ違った側面から支持を集めています。それが、ダッドスニーカー人気。厚ぼったくぽってりとしたフォルムが牽引するスニーカートレンドに、見事マッチしたのです。

代表作は、優れたクッション性に加え、優れた軽量性も両立した履き心地で、ホカ オネオネの実力を世に知らしめたクリフトンシリーズ。その「クリフトン 5」では、甲から爪先まで包み込むエンジニアードメッシュと新しいオーバーレイを採用。クッション性、軽量性、そしてホールド性のすべてにおいて高い評価を得ています。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

2万1000円(税抜)/ホカ オネオネ(デッカーズジャパン) 

ロードランニング向けモデルとして、最もクッション性を高めた「ボンダイ6」。長時間ランを想定し、軽量性、ホールド性に加えてグリップ性も高めています。ロッカー形状の分厚いソールに沿うスムージングされたアッパーデザインも、ここの特徴です。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

1万5000円(税抜)/ホカ オネオネ(デッカーズジャパン)

甲部分にエラスティックバンドを採用したフパナ スリップ。アッパーには4WAYストレッチメッシュを採用し、しっかりと、そして快適なホールド感を楽しませてくれます。

本気ランナーからファッションピープルまで。どことも似つかないそのルックスとフィロソフィーは、今後一層の支持拡大を予感させます。

 

 

Photo:Naoto Otsubo
Styling:Takahiro Takashio
Text:Masafumi Yasuoka

【問い合わせ】
デッカーズジャパン
0120-710-844
https://www.hokaoneone.jp/

 



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE