CULTURE ― 昇天コラボレーション

物欲が止まらない! 昇天コラボレーションX

ポールスミスとライカがコラボ! 持つだけで絵になるカメラです。

2020.1.12 2020.1.12
2020.1.12
ブランドの垣根を超えた特別感、インラインでは手に入らない希少感、手にできる人が少ないレア感。まぁ、理屈は色々あるでしょうが、コラボや別注物が大好物という人は多いはず、いやほとんどが好きなはず! たとえひと通り買い揃えた後でも、リリースされると聞けば再び財布の紐を緩めてしまう、珠玉のコラボ&別注をお届けする本企画。物欲が昇天してオケラになるのを覚悟で、ご覧ください!

所有欲をくすぐられるポール・スミスらしさ溢れる魅惑のカメラ

第48回はポール・スミス×ライカです。

[W131×H78×D45mm]55万円(税抜)※世界限定900台/ポール・スミス×ライカ(ポール・スミス リミテッド)

スマホカメラの進化で写真を撮ることは身近になったものの、よほどの写真好き以外はカメラを購入しなくなってしまった昨今。でもカメラって写真を残すだけじゃなく、所有する喜びだったり、カメラを構える所作が魅力だと思いませんか? 時計や車と同じで、やっぱり男にとってカメラは必要不可欠でなくても物欲が刺激されるアイテムですからね。ということで、今回紹介する「ライカ CL Edition Paul Smith」は、物欲を大いに刺激してくれるイッピンでございます。

なんてったってポール・スミスとライカという、ファッション界とカメラ界の雄によるコラボですから。聞いただけでもワクワクしますよね。両者によるコラボは2012年に続く第二弾。今回のカメラは、2016年にポール・スミスが26色ものカラーを使ってデザインした「ランドローバー・ディフェンダー」にインスパイアされたもの。ポップなアクセントカラーやカラフルなストラップ、ポール・スミス氏の手書きによるメッセージやイラストがあしらわれるなど、ポール・スミスらしさ満載に仕上がっています。また、両ブランドのロゴが刻印されたネオンカラーストラップ、ポール・スミス氏が所有しているヴィンテージカメラのグラフィックをプリントしたオリジナルレンズクロスも付属。シリアルナンバー入りの世界限定900台なので、レア度も満点です。

カメラのスペックは「ライカCL」と同様で、APS-CサイズCMOSセンサーを搭載、2400万画素、高速オートフォーカス、最大10コマ/秒の高速連写、視認性の優れた電子ビューファインダーを備え、動画撮影も可能。またアプリ「Leica FOTOS」を使用すればスマホとのペアリングもできるので、SNSへ簡単に写真をアップできます。

液晶ディスプレイの上部には、“look and see”の文字が。左側に再生ボタン、ファンクションボタン、メニューボタン、右側にセレクトボタン。ディスプレイはタッチパネル式で、各設定、AFポイントの選択、拡大などが行なえ、カメラ初心者でも使いやすい仕様となっています。
ファインダーの上には目のイラストが描かれ、3つのボタンすべて色を変えるなど遊びゴコロたっぷり。本体上部にも液晶パネルを備え、撮影モード、シャッター速度、絞り値、露出補正が表示されます。

最近はファッション感覚でカメラを身に着けている人も多いようですが、これはまさにファッションアイテムと言っていいでしょう。ダークトーンが多い冬のコーデでこのカメラを身に着けるだけで、映えるコーデが完成しますよ。

Text:Tomomi Nishihara

【問い合わせ】
ポール・スミス リミテッド
03-3478-5600
https://www.paulsmith.co.jp

KEYWORDS
コラボ

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.12.23 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO