LIFESTYLE オシャレはセレブに学べ!

ヨハネス・ヒューブル「ダメージデニムの穿きこなし」

『FORZA STYLE』では、シンプル&ベーシックな装い方をしているセレブをピックアップし、日本人の私たちにも取り入れやすい着こなしやアイテムをご紹介していきます。

「過ぎたるは及ばざるが如し」。なんでもトゥーマッチは恥ずかしいものです。トレンド過ぎ、イタリア過ぎ、カジュアル過ぎ、全身黒過ぎ、柄過ぎ、色使い過ぎ…etc。普通でいいんです、普通で。そこで女性の本音を大切に考える『FORZA STYLE』では、シンプル&ベーシックな装い方をしているセレブをピックアップし、その着こなしやアイテムをご紹介します。

三寒四温といいますが、春先は気温の変化が激しいもの。この時期に何を着ていいかわからないという人も多いのでは?

LESSON 55 ヨハネス・ヒューブルのダメージデニムの穿きこなし


©gettyimages

写真は、ヨハネス・ヒューブル&オリビア・パレルモ夫妻のデートの様子(相変わらず二人とも絵になりますね)。アウターを羽織らずゆったりめのライトグレーのニットにホワイトシャツの袖、裾を出してラフに着こなしてます。アウターを省くことで、春の印象を強めて軽さを演出しているのです。

コーディネートの上級ポイントは、濃度40%のデニムを選ぶことで、全体の色のトーンを明るくまとめているところ。さらに、程よいダメージ加工が大人の余裕を感じさせます。 まだ少し肌寒い3月上旬、カフェのオープンテラスで、彼女と昼間からワインを飲む……なんて光景が目に浮かびますね。

ジーンズ2万9000円/レイン(コロネット 03−5216−6521)


何年も穿き込んでいるように見える濃度40%のデニムは、今季の春夏に必ず買い足すべき一本。イタリアブランドらしい、細部にこだわったビンテージ加工にも注目。程よいダメージ具合がリラックスした印象と爽やかさを演出してくれるのです。


Photo(Item):Yasuhiro Ito
Styling,Text:Satoshi Nakamoto

 



記事をクリップ

無料会員をしていただくと、
記事をクリップできます

新規会員登録


連載

連載をクリップ

COMMENT

ログインするとコメントを投稿できます。

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE