LIFESTYLE ― 女性誌ライターが厳選

【女性と★みんなと★集団気絶!】音楽に、お酒に、料理に酔いしれる、春のイベント3選

2018.4.12 2018.4.12
2018.4.12

さあ、起きて! 冬眠状態だった、あなたの五感を思いっきり刺激しよう!

暖かい季節、“春”がやってきた。なんだか心も身体もそわそわして、ワクワクが止まらない! でもその反対に「季節の変わり目って、なんとなく調子が悪いんだよね……」。なんて、少し気分が下がり気味のフォルツァーもいるはず。そんな両極にいるフォルツァーたちのテンションUPのために、春のイベントをご紹介します。フェスタイプの音楽イベントやレストランで美味しい食事と共に音楽を楽しむライブディナー、そして日本初上陸のフードイベントと、その日の気分で楽しめます。

「ピノパルーザTOKYO|PINOT PALOOZA TOKYO」

日本初上陸! 固定観念を取り払い“楽しむこと”を追求する、ユニークなワイン祭り

2012年にオーストラリア·メルボルンで初開催され、またたく間に南半球最大、いや世界最大のピノ·ノワールイベントとしての地位を確立した「ピノパルーザ|PINOT PALOOZA」。

“ワインはこう嗜むもの”という固定観念をとりはらい、“楽しむ”ことを徹底的に追求した、ユニークな“ワイン祭り”です。

他のワインイベントとは大きく異なり、伝統的な「ワインの教育的試飲会」ではなく「音楽祭」のようなスタイルが最大の特徴である同イベント。2017年にはアジア初となるシンガポールでのイベントを開催し、大人気に。そして、2018年5月、いよいよ日本・東京へ初上陸します。2018年は、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、香港、そして日本と、各国11都市をツアーで巡り、ピノパルーザ・ワールドツアーを開催予定。まるで人気アーティストのよう! これはワイン好きにはずせません!

ここで、東京港区で開催される「ピノパルーザTOKYO|PINOT PALOOZA TOKYO」の中身をForza Style読者のみなさまにほんの少しだけ紹介します。

時は5月27日(日)。港区の複合施設TABLOIDを会場に、今最もホットな40以上のワイナリーが、オーストラリア、ニュージーランド、イタリア、アメリカ、フランスから、それぞれ自慢のピノ・ノワールを持って大集結。こ、これは、ぜひ飲み比べてみたい!

DJが会場を盛り上げる音楽をプレイする中で、合計100以上のワインをテイスティングできるという、この“ピノ・ノワール祭り”。ワインのお供として一緒に楽しんでほしいお料理は、ベトナム料理とワインペアリングが評判のレストラン「AnDi」、オーストラリア発タイ料理レストラン「Longrain」、そして、トリュフパスタ料理1種と赤ワイン1種を“レッドツェッペリン”のみをBGMとする空間で供する「OUT」が担当。東京で話題を集める人気レストランが、ピノ・ノワールと最高のペアリングを味わえるメニューを手掛けてくれるのです。

そしてもう一つ……一番気に入ったワインを投票すると素晴らしい賞品が当たるチャンスを得られる人気投票抽選会も開催。大人のアミューズメントパークを訪れているような気分にさせてくれる同イベントを、徹底的に楽しんでほしい。

「ピノパルーザTOKYO|PINOT PALOOZA TOKYO」
日 時: 2018年5月27日(日) 12:00PM ~ 5:00PM
会 場: 〒105-0022 東京都港区海岸2-6-24 「TABLOID」
入場券: 5,000円 (税込)
〈入場料+全無料サンプルワイン試飲代+ピノ・ノワールワイン用グラスPLUMM REDb
(3,500円相当)を含む〉
入場券販売先: http://www.pinotpalooza.jp/
イベント問い合わせ先:japan@revel.global
Web : http://www.pinotpalooza.jp/

ライヴディナー『三味線 Fumiyoshi』

東京で味わうパリ「ビストロ ブノワ」で楽しむ“津軽三味線”

©Hiro Kishima

パリ市庁舎からほど近く、活気あふれるサンマルタン通り。ひときわ目をひく深紅のファサード、年代を経たガラス扉の向こうに、1912年の創業から変わらぬたたずまいを見せる「ブノワ」は、パリっ子の誇るビストロ中のビストロです。2005年、4代に亘って経営してきた創始者プティ家よりアラン・デュカスが、その伝統を引き継ぎ、パリだけでなく東京とニューヨークにもそのエスプリを伝え広めることとなりました。

©Pierre Monetta

東京・青山に誕生した「ビストロ ブノワ」。内装はオーク材で作られた寄木細工の床、テラコッタ色の壁、アンティークの調度品、ガラスに綴られたメニュー、天井に描かれた伸びやかな空……は、まるでパリにいるかのよう。

©Pierre Monetta

全ての資材をフランスから持ち込み、それをもとにフランス最高の職人たちにより伝統的な装飾を施されています。フランスの家々の佇まいを想わせる、ここ「ビストロ ブノワ」で、なんとライヴディナー『三味線 Fumiyoshi』が開催されるのです。

演奏するのは、ルーヴル美術館での演奏や洋楽器とのコラボなど、国内外で多彩な演奏活動を展開する津軽三味線プレイヤー史佳(ふみよし)氏率いるカルテット(ヴァイオリン・パーカッション・キーボード)。

「ビストロ ブノワ」のシェフ、セバスチャン・ルソーが作る旬の味わいを生かしたビストロ料理と三味線が融合して生まれる、誰にも想像つかない特別な一夜。体験した人しかわからない、この“時”が、あなたの心に新しいカルチャーを誕生させるはず。

「ライヴディナー 三味線 Fumiyoshi」
日 時: 2018年4月25日(水)19:00 開宴
価 格: 16,000 円 (税別・サービス料込)
*上記価格は飲み物とコースメニューを含みます。
場 所:『ビストロ ブノワ』
東京都渋谷区神宮前 5-51-8 ラ・ポルト青山 10F
TEL : 03-6419-4181
Web : www.benoit-tokyo.com

「GREENROOM FESTIVAL’ 18」

国籍やジャンルを越え、アーティストたちの最高のパフォーマンスが心に残す“宝物”

ビーチカルチャー・サーフカルチャーをバックボーンに持ち、2005年よりスタートした、MUSIC・ART・FILMのカルチャーフェスティバル「GREENROOM FESTIVAL(グリーンルーム・フェスティバル)」。コンセプトは“Save The Beach, Save The Ocean”。急速に減少しているビーチと海の環境を守る為の活動も同時に行い、その活動に賛同する超豪華アーティストたちのパフォーマンスがイベントを熱く盛り上げるのです!

開催14回目となる今年は横浜・赤レンガ地区野外特設会場にて開催。今年参加のアーテイストたちの顔ぶれも……豪華!

このフェスに先立ち、神奈川県の材木座海岸と鵠沼海岸で開催されるのが「GREENROOM FESTIVAL ’18 PRE PARTY BEACH CLEAN & LIVE」(無料)。「GREENROOM FESTIVAL ’18」に行く前に海岸をきれいにしよう! というコンセプトを掲げ、みんなでビーチクリーンをしようというイベントです。

当日はライブも開催され、ビーチクリーン参加者は無料で楽しめるという特典もあり。社会貢献もできて一石二鳥です。

参加アーティストは、グルーヴィーな歌声と独創性に満ちた楽曲で、近年の新世代ジャズにも呼応するジャンルレスな「bird」。大人な雰囲気に浸れます。

カフェやライブハウスなどで歌う中で出会ったHIPHOPやJAZZに憧れ、歌とフロウの間を行き来する現在の独特なスタイルを確立。その小さな体からは想像できないほどパワフルに吐き出されるリリックとメロディーは老若男女問わず心の奥底に突き刺さる「NakamuraEmi」。

また、音楽だけではなく、人気ヨガ講師「渋木さやか」による、ヨガイベントも開催。『恋愛とヨガ』をテーマにヨガ哲学の知識と経験を活かしコラム連載なども行っている彼女。女子たちから熱い支持を受けているだけに、女性連れで同イベントに参加したら、喜ばれること間違いなしです。自らの手で美しく生まれ変わったビーチで、波の音をバックに聴く、心地良い音楽……。何とも贅沢な時間になるはずです。

イベント名になっている「GREENROOM」。それはSurfingをする者にとって最高で特別な空間のこと。新しい風が、小さな流れを作り、波となり、小さな波が集まり、大きな波となり、最高の“グリーンルーム”を創るのです。海の美しさや偉大さを守り続けたいと願う者たちが集まって作られた二つのイベント。さあ、海のクリーンアップをしたら、次は国籍やジャンルを越え集結した、アーティストたちの最高のパフォーマンスを堪能するため赤レンガへ!

「GREENROOM FESTIVAL ’18」
開催日程:2018年5月26日(土)・5月27日(日)
開催場所:横浜赤レンガ地区野外特設会場
時 間:会場11:00/開演12:00/終演21:00(予定)
チケット:2日券19,000円(税込)/1日券11,730円(税込)
Web : http://greenroom.jp

「GREENROOM FESTIVAL ’18 PRE PARTY BEACH CLEAN & LIVE」
開催日時:2018年4月22日(日) 14:00
集合:各BEACH CLEANエリア
・材木座海岸エリア:GREENROOM BEACH CLUB(神奈川県鎌倉市材木座5-8-25)
・鵠沼海岸エリア:神奈川県立湘南海岸公園 サーフビレッジ 施設外 海側
(神奈川県藤沢市鵠沼海岸1-17-3)
入場:無料

「ねえ、暖かくなってきたから、週末はどこか行かない?」なんて愛しい女性からの誘いの言葉。そんな言葉に、慌ててスマホとにらめっこなんてもう必要なし! 音楽に、お酒に、料理に酔いしれる一日が、少しだけ冬眠状態だった二人の五感を刺激してくれるでしょう。テンションが上がったあとの二人がどこへ消えるのかはお任せします(笑)。

Text : Akiko Uehara

KEYWORDS
イベント

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.8.8 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO