Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
FASHION

第121回 ブルネロ クチネリのレザーポーチ
干場の究極ワードローブ! キーワードは"エコラグ

2016.10.16
2016.10.16

使い込むほど愛着が湧く 日常のパートナー

このポーチは、3年前に20年来の友人からいただいたもの。以前、僕が贈ったプレゼントに痛く感動してくれたみたいで、そのお返しに選んでくれたのがこれだったんです。付き合いが長い分、僕の趣味嗜好を知っていて、しかもすでにそれらをもっているのをわかっているので、なにを選んでいいのかすごく悩んだそうです。ネクタイを含めた服は好みがあるのであげにくいし、コスメやフレグレンスも基本的にはその類。でも、どこかの記事で僕がブルネロ クチネリを好きなことを目にしてお店を目指したんだそうです。

ところが、実際にお店に行ってみると。並んでいる商品がどれもこれも高価すぎて驚愕だったとか(笑)。そりゃ、そうですよね。感謝の気持ちを込めた、ちょっとしたギフトを予定していたのに、あの価格は腰が引けるのも当然といえるでしょう。そこで、スタッフの方に相談したら、「こんなものもありますよ」と提案してもらったのがこのポーチだったそうです。とはいえ、結構な価格だったそうですが(スミマセン、高いプレゼントになってしまい)、ポーチだったら服とは違ってサイズも関係ないし、実用的で、あっても困らない。後でそのエピソードを聞いて、確かにその通り、と膝を打ちました。

実際に使ってみたら、これが本当に使いやすい。レザーがしなやかで手になじむのはさすがブルネロ クチネリのクオリティだし、それとともに気に入ったのが内側の仕様です。ポリウレタンのような防水素材を貼っていて、液体が少々こぼれても大丈夫なんですよ。というのも、僕は、薬や化粧品、香水、歯磨きセット、リップクリームやヘアワックス、ボディクリームなど、特にかくいろんなものを持ち歩くので、液体漏れはかなりの痛手になる。こういう細かいところまで考えられているものは、やっぱり魅力的ですよね。

取材先で、あるいはトークショー、テレビやラジオの現場など、身だしなみ品は僕にとっては必要不可欠。このポーチはプレゼントしていただいて以来、いつも持ち歩いています。サイズは、ヨコ20×タテ10×マチ10センチぐらいでしょうか。バッグ・イン・バッグとして使用しているのですが、旅行にも欠かせない存在で、これとはどれだけの国を一緒に訪れたことか。しかも、このポーチが素晴らしいのは使い込むほどに、どんどん味わい深くなっていく点。だから、愛着もひとしおなんです。いまでも、これを選んでくれた友人には、すごく感謝しています。

Photo:Ikuo Kubota(owl)
Text:FORZA STYLE

エコラグ-Hoshipedia
「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP