FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION 干場編集長のスタイルクリニック

大人のポロシャツは、007をお手本にすべし!

今まで、さまざまなメンズファッションを提案し、大人の男のカッコイイ!を追求してきた干場編集長。そんな干場が辿り着いた【コレがあればいい!】というアイテムと、【この着こなしをすれば間違いない!】という究極のスタイルを伝授。シンプルで、普遍的、上質な素材で、色を制御した、都会的で洗練された言わば最後のスタイル「LAST STYLE」を紹介します!

スポーティ一辺倒じゃなく、都会的洗練さが主題

毎度ご好評を頂いています「干場編集長のスタイルクリニック」略して【スタクリ】。第11回目となる今回は、ポロシャツのご紹介です。いまやビジネスでもおなじみとなった夏アイテムですが、一方で永遠のオジサンアイテムという呼び声も・・・。干場編集長、その辺りどうなんですかね?

「オジサン見えしてしまう・・・うん、まあ否めないですね」

と、いきなり今回の企画を台ナシにしかねない発言! 連載開始以来、初めて訪れた難題ということか?

「いやいや、普通に着ちゃったらって話ですよ。ポロシャツ自体の選び方、そして着こなし方によって、もちろんオジサン感を払拭可能です!」

干場編集長によれば、いかにアーバンでスタイリッシュに見せるかがポイントだそう。

「ポロシャツの選び方として、無地単色が鉄板です。派手な色はどうしてもスポーティさや、ともすればポップに見えてしまいがち。柄も横縞のボーダーは、オジサン感が出るので初心者は手を出さないほうが無難かな。特に多色使いのボーダーはやめるべし。選ぶべきは、ブラック・ネイビー・ホワイトの3色ですね」

ビズポロとして定番のグレーが入っていないのが意外ですが、そこには確固たる理由がありました。

「グレーは確かにアーバンでスタイリッシュに見える色ではあるんですが、夏のトップスとしては汗染みが目立つんですよね。最近は染みにならないグレーもありますが、そうでない場合は避けたほうが無難です」

色の次は、生地感が大事になってくるとか。

「大人が着るなら、断然ニットです。定番の鹿の子と比べると、スポーティさが抑えられてエレガントな雰囲気になります。で、この時ポイントとなるが腕。ゆとりがあるよりも、パツパツになるぐらいの方が断然カッコいいんです」

昨今オーバーサイズが人気ですが、ニットポロにおいてはジャストフィットが良いみたいです。

「イメージとして一番わかりやすいのは、映画「007」シリーズのダニエル・クレイグ。つまり、ポロシャツをオジサンに見せないためには、カラダも鍛えておきましょうってことです」

もちろん、すぐにはムキムキにはなれませんが、それも着こなしで解決できるみたいなので、続きをご参考あれ!

「干場編集長のスタイルクリニック」はYouTubeとの連動企画になっています。動画でさらに詳しく解説しているので、そちらも是非チェックを!

30/70 トレンタセッタンタ 

ダークカラーでアーバンスポーツを目指すべき

ポロニット2万7500円/トレンタセッタンタ(第一ニットマーケティング)

パンツ1万5950円※9月中旬発売/クロスクローゼット、サングラス2万3980円/レイバン(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス)、ネックレス7万4800円/フィクサー(アルト エ デリット)、時計46万2000円/クエルボ・イ・ソブリノス(ムラキ)

干場流スタイリング術における不文律といえば、ダークトーン揃え。それはポロシャツにおいても有効です。

「ダークトーンのメリットは、全体がシャープに見えること。それは、スポーティが転じてラフに見えがちなポロシャツコーデにおいては、特に有効です。今回は、黒のニットポロにナイロンのスラックスを合わせてみました。ナイロンでも、ダークトーンならスポーティ過ぎないでしょ? そして足元はスニーカーで軽快に。都会的に見せたいからと言ってローファーを合わせると、せっかくのポロシャツのスポーティさがまるで損なわれてしまうので」

スポーティになり過ぎないと言っても、スポーティさをまるでなくすとそもそもポロシャツの意味がなし。その辺りのバランスが重要ってことです。

干場編集長のアドバイス①「サングラス」

サングラスはリッチ感のあるメタルフレームを

アーバンでスタイリッシュ、となればメタルフレームのサングラスも合わせたいところ。

「例えば海辺ならばプラスチックフレームもありですが、今回のテーマであるアーバン&スタイリッシュにおいては、メタルフレームの方がお似合いです。ニットポロがクラシックな雰囲気なので、ティアドロップも選択肢に入ります」

干場編集長のアドバイス②「時計」

スポーツウォッチじゃなくクラシックが適任

ニットポロから漂うクラシックな雰囲気に対して、腕時計もシンクロさせたいところ。

「メタルブレスのダイバーズも良いですが、クラシックなレザーベルト&レクタンギュラーにすることで、品の良さがアピールできます。ダイヤルやベルトをコーデと同系色にすることで、スタイリッシュさも演出できます」

干場編集長のアドバイス③「ネックレス」

アクセはさりげなく、もはや見えていなくてヨシ

開いたVゾーンから覗くシルバーネックレス。アーバンでスタイリッシュに見せるには、見せないことが重要だとか。

「スタイリッシュさを演出するなら、出来るだけソリッドにまとめた方が賢明。チラッと見えるこの控えめな感じなら、クールビズでも通用します」

30/70 トレンタセッタンタ 

一見してクオリティの高さがわかる1着

2万7500円/トレンタセッタンタ(第一ニットマーケティング)

干場編集長がディレクションを務める、日本発のニットブランド。希少なアメリカンシーアイランドコットンを、これまた希少な編み機でライトウェイトに編み上げたテルワールシリーズの1枚で、ドライタッチな肌触りが魅力。高めの襟腰が、ドレッシーに見せてくれます。

ORLEBAR BROWN/オールバー・ブラウン

まさしくなポロシャツがありました!

6万6000円/オールバー・ブラウン(ヴァルカナイズ・ロンドン)

実際に映画「007」シリーズの中で着用されている、英国ロンドン発のオールバー・ブラウン。こちらのニットポロは、「007/ドクター・ノオ」に着想を得た1枚です。1962年の作品とあって、その雰囲気はまさにクラシック。アイボリーカラーも、品の良さをアピールします。

BARNEYS NEW YORK/バーニーズ ニューヨーク

専業ならではの上質な素材と編み技術

2万4200円/バーニーズ ニューヨーク(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)

国内のニット専業メーカーで製作した、バーニーズ ニューヨークのニットポロ。素材には西インド産の高品質なシーアイランドコットンを採用し、実にドレーピーでなめらかな風合いを実現。タイト&長めなアームが、大人なエレガンスを漂わせます。

SLOANE/スローン

シンプルがゆえに際立つ質の高い作り

2万4200円/スローン

見た目は実にシンプル。しかし、コットン糸を14ゲージの成型編みで仕立てる他、減らし目を入れた台襟付きの襟など、随所に職人技が光ります。袖先と裾は絞られていますが、身幅には適度なゆとりあり。首回りも、第一ボタンを閉めても窮屈に感じさせないパターンに。

Photo:Naoto Otsubo
Styling:Ryoko Kanemoto
Hair&Make-up:Megumi Ochi
Model : Noah Ishikura
Text:Masafumi Yasuoka
Direction:Yoshimasa Hoshiba

【問い合わせ】
第一ニットマーケティング 0258-66-4513
クロスクローゼット 03-5770-5274
ムラキ 03-3273-0321
アルト エ デリット 052-253-7718
ルックスオティカジャパン カスタマーサービス 0120-990-307
バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター 0120-137-007
スローン 03-6421-2603
ヴァルカナイズ・ロンドン 03-5464-5255



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE