FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION 干場編集長のスタイルクリニック

【必見】大人のショートパンツ、ココだけ抑えて。

今まで、さまざまなメンズファッションを提案し、大人の男のカッコイイ!を追求してきた干場編集長。そんな干場が辿り着いた【コレがあればいい!】というアイテムと、【この着こなしをすれば間違いない!】という究極のスタイルを伝授。シンプルで、普遍的、上質な素材で、色を制御した、都会的で洗練された言わば最後のスタイル「LAST STYLE」を紹介します!

大人ショーツは、ダラシなく見せないコツが必要なんです!

毎度ご好評を頂いています「干場編集長のスタイルクリニック」略して【スタクリ】。記念すべき第10回目を迎えた今回は、ジョガーショーツのご紹介です。まさしく今欲しいアイテムですが、とはいえ大人のショーツスタイルってハードル高くないですか?

なるべく肌を見せないのが、大人ファッションの美意識。そう信じている人って多いと思います。とはいえ、このうだるような暑さの中、ショーツの涼しさは捨てがたいもので・・・。そこで今回は、大人なショーツの穿き方を教えてもらいました。

「まず、大人だってショーツを穿いていいんです! ビジネスではさすがに論外ですが、休日カジュアル、それも夏シーズンとなれば、ガンガン穿いちゃいましょう。だって暑いじゃないですか!」

かくゆう干場編集長は、年中穿いちゃってるみたいです。

「だって楽じゃないですか(笑)。とはいえ、ダラシなく見えるのは避けたいですよね。それを回避するためのポイントは、生地感です。今回選んだショーツは、やわらかでドレーピーなもの。なかにはウール100%のものもあり、そのドレーピーな風合いが上質に見せてくれます」

やわらか素材なら、楽チン度も高し。とはいえ、それでもラフな感じは否めません。

「ラフに見えてしまうのは、シルエットが原因。理想のレングスは膝上。膝頭のちょうど上ぐらいがベストです。下回るとストリート感が強くなりますし、逆に上過ぎると加齢によりたるんでくる膝上のお肉が露出して、ダラシしなく見えてしまうんです」

なるほど、そこは意外なポイントでした。ではその辺りを踏まえて、実例と共にさらなる干場流ショーツテクニックをご紹介しましょう。

「あっ、すね毛を目立たなくするのも大事ですよ! 脱毛するか、もしくは日焼けするか。あと膝頭が白く乾燥しているのもNGなので、膝下のケアもお忘れなく!」

「干場編集長のスタイルクリニック」はYouTubeとの連動企画になっています。動画でさらに詳しく解説しているので、そちらも是非チェックを!

 

MOVB/モーヴ

細身でダークカラーのワントーン、これが最適解

ショーツ2万2000円/モーヴ

スウェットシャツ2万900円/モーヴ、サングラス7万1500円/フィクサー(アルト エ デリット)、腕時計192万1700円/パネライ(オフィチーネ パネライ)、ブレスレット42万9000円/ダミアーニ(ダミアーニ 銀座タワー)、靴3万5200円/ペリーコ サニー(アマンオンラインストア)

ナイロンにウール繊維を巻きつけることで、天然の素材感と耐久性を両立するヘリックスウールを採用。ストレッチ性も高く、まさに上質と快適性を兼ね備えたショーツです。そんな1本を、モーヴのアイコンであるコスモネイビーカラーで統一。

「ショーツだからといって、明るいトーンでアクティブ感を主張する必要はありません。ダークカラーでシックにまとめることで、都会的に見せることが可能です」

子どもっぽく見せないために、シルエットを細身にしているのも注目。

「Tシャツだと肌面積が多くなり過ぎるので、薄手のスウェットやロンTの腕まくりぐらいがベストバランス」

せっかくショーツの快適性を味わうなら、ウエストはやっぱりドローコードで。こちらの1本では、さらに後身の裏地にクールマックスを配し、清涼感を高めています。

干場編集長のアドバイス①「サングラス」

サングラスでクール感をアピール

ウェリントンタイプのサングラスで、さらにスタイリッシュな雰囲気を加速。

「目指すは、アクティブじゃなくクール。その演出においてサングラスは実に有効です。兎にも角にも、ショースタイルはシンプル。物足りなくならないよう、小物は積極的に」

干場編集長のアドバイス②「時計」

腕まくりした手には、ビッグケースがお似合い

ショーツな上にワントーン。そのシンプルさが洗練さにつながるのですが、とはいえシンプル過ぎると退屈。

「ガツっとオトコらしいビッグケースの腕時計を合わせることで、コーデ全体が引き締まります。このパネライのサブマーシブル BMGテック™は、ケースが47mmと大型。迫力のあるリューズプロテクターも、シンプルコーデに存在感を与えてくれます」

干場編集長のアドバイス③「ブレスレット」

ジュエリーはラグジュアリーだけど控えめに

腕時計がビッグケースなら、ジュエリーもさぞや大振りなものを・・・と思いきや、意外にもナローなダミアーニのテニスブレスを。

「ジュエリーにまでインパクトを求めてしまうと、子どもっぽくなっちゃうんです。そこは控えめが正解。ゴチャゴチャし過ぎると、ショーツスタイルならではの涼しげな印象が台無しになってしまいますから」

干場編集長のアドバイス④「シューズ」

スエードスリッポンで、軽快さと上質さのイイトコ取り

足元はスリッポン。ショーツとで夏らしい涼しげな雰囲気に。とはいえ、色はモノトーンで都会感を意識。

「さすがにレザーシューズは重過ぎます。ココはスニーカー一択。ただし、キャンバスだと逆に軽過ぎるので、上質さと適度な軽さを両立できるスエードアッパーがオススメです」

+CLOTHET/クロスクローゼット

やっぱりヘビロテするのはこんな1本です

1万3200円/クロスクローゼット

希少なコットンであるスビンプラチナムを原料としパイル地に仕上げたコチラ。表地だけでなく裏地までスビン100%だから、上質な風合いと快適な穿き心地に。やわらかでいてややハリコシがあるのも、大人のショーツスタイルを格上げしてくれる要素です。シルエットも細身で、ロゴも一切ない潔いデザイン。

FIXER/フィクサー

ラグジュアリーでスポーティ、略してラグスポ

5万8300円/フィクサー(アルト エ デリット)

ストレッチ性が高く、なめらかな表面感が上質さも両立するテクニカルジャージーを採用したFPT-02ショーツ。シルエットはスリムでスタイリッシュ。ロゴがスポーティさを主張しつつ、メタル製のジップポケットやDカン、スピンドルがラグジュアリー感も。

K-3B/ケー スリー ビー

あくまで大人なストリートデザイン

1万7600円/K-3B

完売しては再販を繰り返すグラフィックショーツ。再生ポリエステル製のメッシュ生地が通気性、ストレッチ性、軽量性に優れたスポーティな穿き心地を楽しませつつ、シルエットは細身で上品。ロゴもゴシック体とあって、大ぶりですが意外にシンプルです。

Photo:Naoto Otsubo
Styling:Ryoko Kanemoto
Hair&Make-up:Megumi Ochi
Model : Noah Ishikura
Text:Masafumi Yasuoka
Direction:Yoshimasa Hoshiba

【問い合わせ】
モーヴ 03-3470-2200
アルト エ デリット 052-253-7718
オフィチーネ パネライ 0120-18-7110
ダミアーニ 銀座タワー 03-5537-3336
アマンオンラインストア 03-6418-6056
ケースリービー 076-208-3180
クロスクローゼット 03-5770-5274



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE