FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION NEWS

【ビジネスもカジュアルも】冬コーデは万能ネイビーPコートにお任せ!

Pコート。冬のアウターといえば?と聞かれて思い浮かべる方も多いであろう、言わずと知れた王道アイテムですよね!

ウール素材で腰丈、厚手なのがPコートです。着回し力が抜群でビジネスシーンからカジュアルでいたい休日まで着倒せることが大きな魅力。流行にも左右されないので一枚は持っておきたいものです。

でもそんなアイテムだけに、着こなす自信がないから買うに買えない、持ってるけどどのアイテムと合わせていいか分からないなんてお悩みも多いのではないでしょうか?

というわけで今回は、合わせるトップス別でPコートの着こなし方をご紹介しちゃいます。色は外さない鉄板色・ネイビーに絞っているので挑戦しやすいコーディネートばかりですよ!

ネクタイ×ネイビーPコート

ⒸGetty Images

まずはビジネスシーンから。シャツにネクタイを締めたスタイルにPコートを羽織ります。ダブルボタンのPコート自体がかなりフォーマルなアイテムなので、ネクタイが加わるとさらにカッチリとしたコーディネートになりますね。Pコートはスーツとの相性が抜群なんです!

普段のスーツスタイルにPコートを合わせるだけで、洗練された大人の男性といった印象が出来上がるんですね。

この際Pコートは体にぴったり沿ったIラインシルエットのものを選びましょう。ダボッとしているとスマートな印象を与えることはできません。

ちなみにネクタイはコートと同系色のブルー系を選ぶとまとまりが出ます。

ネクタイは必要だけどスーツじゃなくても問題ない!という方は、ボトムスをジーンズ等にしてみても良さそうです。程よい抜け感が出てカタすぎる印象になることを防いでくれますよ。

ネクタイなしシャツ×ネイビーPコート

ⒸGetty Images

お次はシャツの上にPコートを羽織るスタイルです。ビジネスシーンでも使える組み合わせですし、キレイめな日常着にもなります。

ジーンズやスニーカーを合わせても、Pコートとシャツの印象でカジュアルになりすぎることがありません。写真の男性のように濃いグレーのジーンズ、黒いスニーカーと合わせて全身をモノトーンに統一すると落ち着いたエレガントな雰囲気を作ることができますよ。

持つカバンのタイプや色でも印象を調整できます。写真の男性はスクエア型の黒いカバンを持っているのでフォーマルな印象ですね。

ⒸGetty Images

同じシャツに合わせるコーディネートでも、シャツの色・柄やボトムスの色が違えば与える印象も変わります。写真の男性は黒い柄モノのシャツに黄土色のボトムスを合わせているため、かなりカジュアルな印象です。

Pコートがネイビーなのでボトムスを明るい色にしてアクセントを出してみるとオシャレになりますね! ただし、彩度は低めに。ビビットカラーのような鮮やかすぎる色は浮いてしまいますから注意が必要です。

ニット×ネイビーPコート

ⒸGetty Images

Pコートは冬の定番トップス、ニットにもピッタリです。ネイビーのコートはどの色のトップスにも合いやすいのですが、大人のメンズはモノトーン系かネイビーを選ぶと失敗しません。

その場合は差し色を入れるのがオススメです。写真の男性はネイビーのニットにネイビーのパンツ、黒の靴という装いですが、ニットには小さくピンクと深緑の柄があしらわれています。

ニットの色が鮮やかすぎたり柄が大きすぎたりすると派手で浮きかねません。でも、ちょっぴり差し色があるとコーディネートが引き締まるんですね。

重ね着×ネイビーPコート

ⒸGetty Images

最後はレイヤード、重ね着したトップスです。Yシャツの上にニットを着用します。Yシャツがキチンと感を演出してくれます。

Pコートと重ね着のテクニックを使ったトップスの組み合わせは簡単なのにオシャレ上級者に見えてしまう良いことずくめの組み合わせなんですよ! 女性ウケも抜群です。

マフラーを合わせてみるのも素敵ですね。

いかがでしたか?

ビジネスからカジュアルまで、どんなシーンにも合ってしまうネイビーPコートのコーディネートを見てきました。

この冬はPコートと色々なトップスを組み合わせてバリエーションを楽しんでみませんか?

Text:FORZA STYLE



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE