FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
WATCH 男の格が上がる腕時計の選び方

ロレックスはブレスレットもこだわりに満ちていた! 5種類の特徴も徹底解説。

男の品格を左右する重要な小物、それは腕時計。どのブランドのどんなデザインの腕時計を身につけるかで、その人の世界観や美意識、生き様が垣間見えてきます。一方女性は、男性の腕時計をどう捉えているか。内心、どのような腕時計を身につけて欲しいと考えているのか?「ロック福田の腕時計魂!」「腕時計羅針盤」など腕時計コンテンツが大充実のFORZA STYLEが、大人の男の時計選びをアドバイスしていきます。

王道中の王道ROLEX。日本一、いや世界一知名度が高いロレックスですが、みなさんはロレックスのこと、ちゃんとご存知ですか?

なんとなくカッコイイから、資産価値が高いからと言って選ぶのはもったいない。なぜなら大人の男性にとっては身に着ける腕時計はご自身のステイタスとも直結します。

今回お話するのは、ロレックスのブレスレットのお話。

©︎gettyimages

腕時計のお顔とも言える文字盤やベゼルのデザインにどうしても意識が向きがちですが、ブレスレットにも徹底したこだわりがあるのです。

ロレックスのブレスレットは装着感の決め手となるパーツであるブレスレットとクラスプが人間工学に基づいて開発されています。その為、丈夫で装飾性が高いのはもちろん、快適な着け心地を感じさせてくれます。設計・開発・製造のすべての工程において課される厳しい試験をクリアしたブレスレットだけが採用されているんですね。

本日は現行品で見られる5つのブレスレットの種類をご紹介しますが、その前にブレスレットを手首に装着するときの留め具である「クラスプ」についても知っていただきたいと思います。


©︎gettyimages

ロレックスを語る上で欠かせないのはブレスレットを確実に固定してくれる「オイスターロッククラスプ」。高い安全性と快適な装着感を約束してくれるオイスターロッククラスプはオイスターブレスレットをはじめ、多くのブレスレットに採用されています。洗練された滑らかなデザインを誇りながら、シンプルな操作で着脱できるクラスプには、最先端の技術が込められています。


#腕時計魂でのhayato5687さんの投稿より

その他にもオイスタークラスプ、クラウンクラスプがあります。

また、ダイバーズモデルには工具を使わずにブレスレットの長さを2mm間隔で調整することができる「グライドロック」が搭載されているものもあります。このグライドロック機能によって、ダイビングスーツの上からでも快適に装着できるように調整することができるんですね。

さて、ここからはブレスレットについて#腕時計魂に皆さんが投稿してくださったお写真と共に、見ていきましょう!

1.オイスターブレスレット


#腕時計魂でのwave512001さんの投稿より

1930年代後半に発表されたロレックスを代表するブレスレット。堅牢な金属で構成された3連リンクが特徴です。ロレックスのブレスレットと言えばこちらを思い浮かべる方も多いかもしれませんね。サブマリーナーやデイトナ、エクスプローラーなど、ロレックスでも定番の人気モデルに使われています。

2.ジュビリーブレスレット


#腕時計魂でのさんuyttihaysiesの投稿より

ジュビリーブレスレットは、1945年のデイトジャスト発売に合わせて登場したブレスレットです。金属製で5連リンクとなっており、オイスターブレスレットよりもドレッシーな印象を受けますね。小さなブロックが真ん中に3つ並んでおり、コマの大きさが小さいためどんな方の腕にもフィットしやすいです。


#腕時計魂でのke1.977さんの投稿より

デイトジャストに使われている印象が強いジュビリーブレスレットですが、近年ではGMTマスターIIにも採用され、注目が集まっているようですね。

3.プレジデントブレスレット


#腕時計魂でのnumber_88_88さんの投稿より

プレジデントブレスレットは1956年に発表されたロレックス最高級シリーズであるデイデイト用に製造されたブレスレットです。「プレジデント」とは、アメリカ合衆国の大統領を意味します。当時の大統領アイゼンハワー氏へ贈られたとのことが、プレジデントブレスレットと呼ばれるきっかけになったと言われていますね。半円形の3連リンクになっています。

4.オイスターフレックスブレスレット


#腕時計魂でのfingertip001さんの投稿より

2015年に登場したオイスターフレックスブレスレットは、ロレックスで初めてラバーが取り入れられたブレスレットです。チタン・ニッケル合金のブレードを「エラストマー」と呼ばれる弾力性にすぐれたラバーでコーティングしています。

ロレックスが独自に開発したオイスターフレックスは金属製のブレスレットに匹敵するほどの耐久性を誇りながら、柔軟で快適な装着感を味わうことができるので腕時計業界でも大きな注目を集めています。同年ヨットマスターのRef.116655に取り付けられるブレスレットとして登場し、現在ではデイトナ、そして2020年9月に発売されたスカイドゥエラーの新作にも搭載されています。

5.パールマスターブレスレット


#腕時計魂でのemochi111さんの投稿より

パールマスターブレスレットは1992年に発表されたパールマスター用のブレスレットとして製造されました。やわらかな丸みを帯び、洗練された5連リンクの金属のブレスレットが特徴です。

パールマスターは、宝石が文字盤やブレスレットに散りばめられているゴージャスなモデルです。モデルによっては1000万円を超えるものも存在し、デイト付きの最高峰シリーズの1つに位置します。

今回はロレックスのブレスレットへのこだわりに焦点をあててご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

また次回も初心者の方にはへぇ~と言っていただけて、上級者にはそうそう!と言っていただけるロレックスマメ知識をお届けしたいと思います。

丸山尚弓(まるやま なおみ)
もっと日本に素敵な男性が増えたらいいな♥との願いからメンズファッションライターとして活動中。


ロック福田の腕時計魂!では、取材する度にどんどん欲しい腕時計が増えて困っています(嬉しい悲鳴)。
取材の様子や、楽しいオフショットをたくさん載せています。

もしよかったらぜひ、Instagramもフォローをお願いします!



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE