CAR リセールで得する 新車購入テクニック。

【天国と地獄】ランクル、ハリアー、ハイラックス。人気SUVのリセールバリューを大発表。

自称、トヨタとBMWを個人として日本一新車で買った男。「マッド平塚」が教える、リセールバリューで考える新車購入テクニック。

60台以上を乗って売ってわかった「本当に査定の良いクルマ」とは?

えっ? と思われるかもしれませんが、新車を買って3年間に100万円得するのはそう難しいことではありません。

計算方法は簡単。『新車価格-買取りor下取り価格=消費金額』ですから単純明快。この『買取りor下取り』部分を大きくすればいいのです。

『買取りor下取り』というより、むしろ『売値』といった方がご理解いただけるでしょうか。

クルマを買う時のアナタは消費者ですが、何年か経過し、クルマを手放すタイミングではこの立場が逆転します。今日の買い手は明日の売り手。少しでも高く売ることができれば消費金額を抑えられます。

クルマは基本的に登録された瞬間から価格は下がりますので、「お金儲け」にはなりませんが、『クルマをリセールする数年後を見越したクルマ選び』ができれば、リセールバリューが高まり、サイフにゆとりが生まれます。また、同じ月額予算でも上級モデルが狙えます。

要は「賢くお得に車を乗り換えていける」ワケです。

ココに自称、日本一、トヨタとBMWを個人として買い換えてきた男がいます。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

その名はマッド平塚こと、平塚俊樹氏。カー用品メーカー最大手に10数年勤務し、職務上、自動車メーカーと交流しながら様々なノウハウを蓄積。

現在は危機管理コンサルタントとしてテレビや雑誌で活躍中の人物で、大手自動車メーカーの開発アドバイスも行う、知る人ぞ知る在野の有力者です。

職業柄、車両1台当たりの平均所有期間は約2年。新車を買って2年経ったら売り、また別の新車を買う。そんな新車転がしを数限りなく重ねてきた、その実例を根掘り葉掘り聞きつつ、最新の人気動向とトクする新車の購入術を紐解いていきます。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

――今回は国産人気SUVを分析しましょう。月販ランキングでベスト20入りしたSUVが6台。そして6車中5台がトヨタ車でした。

MAD平塚(以下、M) 先日、トヨタの担当さんに聞いたら、『ハリアー』はもう年内納車が難しいといっていました。大人気ですね!

――売れている車種って、やはり下取り査定もいいのでしょうか?

M いやいや。そうとは限りません。そこがまたクルマ選びの難しいところです。

――コレ、見てくださいよ。自販連のデータですけど、実質的には『ハリアー』がトップなのかな。『ヤリス・クロス』はハッチバックとの合算データなので正確な台数は判明しません。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

【国産人気SUVベスト6】
一般社団法人日本自動車販売協会連合会発表『乗用車ブランド通称名別順位』より抜粋。

●2021年1月
1.トヨタ・ヤリス 18,516台(2020年2月デビュー)
4.トヨタ・ハリアー 9,177台(525.0%)
7.トヨタ・ライズ 6,985台(68.3%)
15.ニッサン・キックス 4,667台(2020年6月デビュー)
17.トヨタ・RAV4 4,162台(75.0%)
18.トヨタ・ランドクルーザーW 3,572台(213.6%)

●2021年2月
1.トヨタ・ヤリス 20,559台(588.9%)
5.トヨタ・ハリアー 8,006台(367.4%)
6.トヨタ・ライズ 7,901台(79.2%)
14.ニッサン・キックス 5,069台(2020年6月デビュー)
18.トヨタ・RAV4 4,220台(73.5%)
22.トヨタ・ランドクルーザーW 2,715台(133.9%)
※Wはワゴンの意味。データはランクルとプラド2車の合計数。
※( )内は前年同月比

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

――2月のデータでは22位に落ちたランクルですが、1月は18位だったのでご参考までに記載しました。コンパクトSUVの『キックス』が一矢報いた格好ですが、ライバルの『ライズ』とは雲泥の差。リセールバリュー大魔王のジャッジやいかに!

M じつは、社外秘だから出さないでください! って、念を押されちゃいました(笑)

――え? 見積りとったらバレることなのに?

M 確かに。でもね、査定の数字、つまり残価の割合ってどうやら一律ではなく、同じ車種でも地域・時期・販社で微妙に変わるんですよ。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

――ほほ~。そこんとこ詳しく!

M カテゴリーは違いますけどボクが買った『ミライ』だと、東京で買った方が断然オトクな残価率50%!

――じゃあ神奈川県民の平塚さんの場合は?

M もうTVならピー音が入るほどメタメタですよ。支払い期間5年で比較するとクラウンより悪いかも(笑)。

――フムフムなるほど~残酷(笑)。でも今回はSUVですから気持ちを切り替えて行きましょう! 新車転がしがテーマなので目標は全額オートローンで“3年36回支払って残債ゼロ”でまた新車……という作戦。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

M ですよね~。早速ですが、じつは国産SUV最強のリセールバリューを誇るモデルって、このランキング外の車種なんですよ。

――ええっ! 『ハリアー』じゃないの? というと思ったでしょ。じつは高校時代の同級生がトヨタ系の某販社にいてワタシも調べてきました(笑)

M なんだ(笑)。じゃあいっちゃうけどリセールバリュー最強のSUVはピックアップトラックの『ハイラックス』です!

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

――確か5年で残価50%以上あると聞きました。新車で買っても2年目には乗り換えOKの超優等生かな。中古車専門店もタジタジなディーラー買取り金額ですよね。

M ですね。ココでその残価率をボクが認めちゃいけないんだけど(笑)。

リセールバリュートップ3は『ハイラックス』、『ランドクルーザー・プラド』、『ハリアー』の順です。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

残りの3車種は基本的に40%切っちゃうので、グレードやオプションを検討して目標残価率40%といったところでしょうか。特に注意が必要なのは『ライズ』で最上級グレードじゃないとさらに低評価となります。いずれにせよ、キチンと見積をもらい確認してください。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

――『ヤリス・クロス』、『RAV4』、『ライズ』の3車は客層が違うからでしょうか。イケてる40代の割合がだいぶ薄くなる。フツウの人が多そう。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

M 残価率に関して、なぜかセールスマンでも実際に入力しないとわからないといっていました。メーカーオプションもパッケージ物だといい金額しますからね。また、『RAV4』はスタンダードモデルより『アドベンチャー』が高額査定となります。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

――そういえば平塚さんは『アドベンチャー』を買いましたよね。よかった~。個人的に『アドベンチャー』推しで原稿を書いてきたから。スタンダードよりデザインバランスがいい。

M コレは人気というより中古車になった時のタマ数の問題かもしれません。街中を見る限りスタンダードモデルの方を圧倒的に見かけますから。いま買うのなら特別仕様車の『オフロード・パッケージ』でしょうね。ガソリンエンジン+4WDはハイブリッドより価格は安いのに需要がある。

――そういえば、SUVはルーフレールが必須と聞いたことがあります。この『オフロード・パッケージ』は標準装着ですね。あと、ハイブリッドはともかく、プラグインハイブリッドの『PHV』は査定低そうだな~(笑)。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

M 車種によってパワーユニットや駆動方式が異なることもあるでしょうが、基本的にSUVはエンジン車で4WDが高額査定の傾向にあります。キモはバッテリーの交換時期とその価格ですから、コレだけは技術革新が進まないとクリアできません。

――でも、平塚さんは『ハリアー』でハイブリッドを買いましたよね?

M そうそう。ハイブリッドの方が乗り心地いいので誘惑に負けちゃった(笑)。

――クラウンより断然、高級車の乗り心地ですからね(笑)。しかし、それにしても『ヤリス・クロス』、『RAV4』、『ライズ』の3車が横並びの残価率というのが納得いかない。特にあの『ライズ』から漂う地味な空気というか、匂いはイケてる40代に似合わない。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

さて、唯一のトヨタ車以外、日産の『キックス』です。ウワサによればコチラも残価40%を下回っています。あれ? 日産車所有していましたっけ?

M 比較的新しいのでどうでしょうね。実践例でいうと、同社の『エクストレイル』(マイナー前最後期)の購入時、2リッターのガソリン車より車両価格の高いハイブリッドにメーカーオプションの最高級ナビを装着した方が月々の支払いが3000円も安くなりました。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

コレはセールスマンとパズルみたいにイロイロ組み合わせて査定を調べた結果なので、少しでも高額査定となる組み合わせを見つけてください。

――ランキング外でユーザー評価の高いSUVというと、マツダの『CX-5』や『CX-8』があると思います。ディーゼルを感じさせない走りは確かにポテンシャルを感じさせますが、マツダの販売戦略っていまどうなっているのでしょう。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

M コレがトヨタ並みに高査定というか、マツダ車はなんと強気の一律3年後50%の残価率だという情報が伝わってきました。ただし、ひょっとしたら年度末限定だったという可能性も否定できません。新年度を迎えてどう推移するのか注目です。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

――残価設定で下取り保証という売り方は、年間走行距離1万キロがひとつの目安ですよね。3年落ち中古車で走行距離3万キロ未満なら相応に商品力がありそう。

たとえ50%で下取りしても、プレミアムありと認知されている車種なら十分ショーバイになるのかな。上代そのものが下がるのでオートローンを組みやすくなるのは確かです。

M withコロナ時代になってオートローンの審査そのものが厳しくなっている現状があります。高年式中古車相場も注視していかないとダメですね。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

――最後に。現時点でメーカーから価格の正式発表はありませんが、ホンダの『ヴェゼル』ってどうでしょうね。ディーラーには既に価格情報が回っていて、ハッキリいえば絶賛発売中(笑)。

M ゆるっ(笑)。ボクはまだハッキリ調べていませんが、ガソリンの4WDが250万くらい? ハイブリッドとの残価率の差が気になるけれど、3年、5年と経過すれば中古車としての商品力はいわずもがな。迷わずガソリンの4WD一択です。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

――そういえば、『ミライ』の下取りに出した『C-HR』がガソリンの4WDでしたね。5年近く乗って残債なしのチャラ。走行距離9000キロでしたから、下取りと同時に中古車専門店の査定を受けてもよかったのでは? さて、SUV編をまとめましょうか。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

M  基本的にトレンドであるSUVの査定はどのメーカーもいい傾向にあります。多少残価が低くても、浮気せず代替でメーカーを変更しなければ3年で乗り換えられるはず。

あとは繰り返しになりますが、必ず“車両本体価格+オプションの総額で残価率を算出”してもらうことが重要です。上級グレードの方が月々の支払いが抑えられることもありますので。

――自動車は金額的にも大きな買い物なのに、なぜか決めてしまうと条件のハードルが下がりがち(笑)。初心を忘れずに気を引き締めないといけませんね。

貴重なお話、ありがとうございました。

Text:Seiichi Norishige



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE