LIFESTYLE 得するクルマ生活

ニトリで買った便利な「車グッズ」5選

安全装備や自動運転でますます高額化している現代のクルマ。上手に購入する方法は? さらに、所有してからも様々なトラブルやアクシデントが起きるのがカーライフ。それら障害を難なくこなし、より楽しくお得にクルマと付き合う方法を自動車ジャーナリスト吉川賢一がお伝えします。

「お、ねだん以上。」のキャッチフレーズどおり、コスパ抜群の品ぞろえと、シンプルで機能的なデザインで話題の「ニトリ」。「ニトラー」と呼ばれるニトリファンもいるほど、主婦層を中心に、いま大人気のメーカーだ。

そんなニトリで、クルマで使えるグッズをみつけてきた。これを読めば、奥さんの付き合いで行くニトリへの買い物も、楽しくなるにちがいない。

 

■スリムティッシュボトルShutto

ボックスティッシュはたくさん入っていて便利だが、かさばって収納場所に困るし、そのうち箱がボロボロになってくる……というのが難点。シートバックに吊り下げできるグッズもあるが、あまりカッコいいものでもない。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
名前の通り「シュッ」としたデザインのスリムティッシュボトルShutto(税込599円)

筆者は最近まで、100均で売っているボトル式のボックスティッシュを愛用していた。ドアポケットのドリンクホルダーに立てておけば、見た目もスマートだし、必要な時にすぐに取り出せる。「これは車内に常備しておくのに最適だな」と思っていたが、なくなるたびにわざわざ100均に買いに行かねばならず、めんどくさい……と思っていた。もちろん100均以外でも売ってはいるが、高い。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
このように市販のボックスティッシュの中身を詰める

そこでこの商品に出会った。市販のボックスティッシュの中身を移し替えるだけでよく、ケースはプラスチックでできているので、ボロボロになることもない。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
生活感を感じさせず、すぐに取り出せる

今回伺った店舗には、このブラウンしかなかったが、ほかのカラーもあるようなので、気になる方はチェックしてみてほしい。

 

■低反発コンパクトネックピロー

低反発のネックピローは珍しいものではないが、この商品のいいのは「コンパクトになる」ところにある。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
「低反発」かつ、「コンパクト」になるところが、ポイントのネックピロー(税込599円)

使いたいときにさっと取り出せて、使わないときは小さくしてしまっておけるのは、狭い車内ではうれしい。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
寝心地のよくない車内での仮眠も、すこしはマシになるかも

コンパクトになるネックピローといえば、空気を入れて膨らませて使うエアーピローもあるが、こちらのほうが断然使い心地がいい。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
使わないときは、コンパクトに収納できる

ひとつ車内においておけば、ちょっとリラックスしたいとき、仮眠したいときなどに、快適に過ごせる。同乗者にも喜ばれるグッズだ。 

 

■超吸収スポンジワイド

「超吸収」の名前どおり、なんと350㎖もの水分を吸収してくれるという、このスポンジ。クルマに常備しておけば、洗車の際に便利なのはもちろん、車内で飲み物をこぼしたときなどにも活躍が期待できる。もはや、車内に常備するのは、ぞうきんではなく、このスポンジではなかろうか。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
超吸水スポンジ(税込599円)

ハサミ等でカットすることができるため、必要な大きさや形にカットして使うことも可能。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
なるほど、びっくりするほど吸水する!

今回は「ワイド」を購入したが、200㎖吸水できる「レギュラー(税込399円)」もあるので、必要に応じて選んでみては。

 

■曲がるバスブラシ

洗車の際、タイヤやホイールの細かい部分まできっちり汚れを落としたいけど、ブラシを何個も用意するのも、いちいち持ち替えるのも面倒……、という、筆者のようなズボラな方にお勧めなのがこのグッズ。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
100均にも似たような商品はあるが、使い心地は圧倒的。本来はお風呂掃除用ブラシだが、ホイールにも流用したい(税込313円)

思いのほか、グネグネ曲がるので、ホイールの複雑な形状にも、ぴったりフィットしてしっかり汚れを落とすことができる。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
まるで手の動きのように、グネグネ曲がる

ブラシ部分もソフトタイプではあるが、わりとコシがあって、力を入れて洗いやすい硬さ。先端が細くなっているのもポイントだ。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

 これひとつで済むのは、うれしい!

 

■LEDネックライト

 その名の通り、首にかけて使うLEDライトで、驚きなのは、その重量。なんとたったの40グラム!!(ボタン電池含む) 肩こりに悩む方(筆者)にとっては、やさしい重さだ。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
連続使用は、指定のボタン電池(2個)使用で、約15時間(税込1551円)
つけているのを忘れるほど軽い
割としっかりと明るい。手元や足元だけなら、これで十分だ

車で使えるグッズ、という本稿の趣旨からはすこしずれるが、車内に常備しておけば、出かけた先で、夜間に散歩やジョギングをする際に使うことができるし、キャンプや釣りなどのアウトドアでは、(明かりを首から下げることで)両手が開くので、大活躍してくれること間違いなし。また、夜間にクルマでトラブルが起きた際にも便利だ。ただし、暑くなる真夏は、危険なので車内に放置しないようにご注意を。

Text & Photos:Kenichi Yoshikawa
Edit:Takashi Ogiyama
Photo:Getty Images

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
吉川賢一ポートレート吉川賢一(自動車ジャーナリスト)1979年生まれ。元自動車メーカーの開発エンジニアの経歴を持つ。カーライフの楽しさを広げる発信を心掛けています。


RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE