FASHION ― あなたの靴、見せてください

【パラブーツの#靴魂ポストから厳選】あなたの靴、見せてください!

2020.10.15 2020.10.15
2020.10.15
靴を偏愛する こじラグ谷中が、さらに靴企画を充実させるべくスタートさせた「靴魂(くつたま)」! インスタグラムに#靴魂のハッシュタグを付けてポストされたソウルメイトの投稿から、独断と偏見、そして魂を込めて厳選! あなたの靴が見たいから〜。

靴好きのパラブーツ保有率が、とにかく高い!

第6回目を迎えた、あなたの靴を見せて頂こう企画、通称「靴魂(くつたま)」。投稿が定番化した観もあり、もう1000件直前! 次回には「4桁届きました」の御礼もできそうです。今まで挙げたブランドでも新規の投稿が増えており、どのタイミングで再ピックアップしていくべきか……なんて、アタマは つねにウニ状態(笑)。11月からは 靴磨き学校もスタート切れそうで、これからも靴にまつわる企画を充実させていきます。

ということで早速、今週もみなさんの投稿を厳選してご紹介していきたいと思います。

第6弾は、案の定というか、予想通りフランス靴を取り上げます。そう、パラブーツ(Paraboot)です。

1908年、フランス・アルプス山脈の麓にある小さな村イゾー(Izeaux)にてレミー・リシャールポンヴェール氏が小さな靴工房シェブロン(Chevron)の靴革裁断師となったことがブランドの起源。

その後、工場のエージェントとして、自分でデザインしたモデルのデッサンを持ってパリに行くと注目が集まり、その靴を製造してパリの上流階級に販売して名を馳せ、1926年にはアメリカへ渡航します。

そこでアメリカ人が履いていたラバーブーツに目を付け、ラテックス、ヘヴェアまたはゴムと呼ばれるまったく新しい素材に注目。帰国した後に防水性を保証する長靴とブーツの製造をスタートさせます。

ラテックスを輸入していたアマゾンの港「パラ(Para)」と、彼がアメリカ合衆国で発見した興味深いブーツ(Boot)を合わせたところから、ブランド名を「パラブーツ(Paraboot)」と名付けるんですね。

労働者から高い支持を受け、フランス軍指定のオフィシャルシューズにも認定され、ワークシューズやアウトドアシューズを展開するブランドとしての確固たる地位を獲得するのですが、経営難に陥り、苦しい状態が続き、1983年には破産の申し立てをするまでに。

この状況を救ってくれたのが、名品「ミカエル(MICHAEL)」! イタリアで話題になったことで注文が殺到し、ブランドは安定。"メイド イン フランス"と"手縫い"を貫き、今では世界中で高い評価を受けています。

では、話をクルリンパと戻さずに(笑)、パラブーツの素敵な投稿5(+2)選をご紹介していきます!

まずは @eastwest112さんの投稿から。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

パラブーツの苦境を支えた、その「ミカエル(MICHAEL)」です。もともとは登山用や、アルプス・チロル地方の牧童がチロリアンシューズとして履いていた靴を、街用にアレンジしたモデルですね。

グッドイヤーウェルト製法とは異なり、ノルウェイジャン製法ではアッパーとソールを固定するウェルトと呼ばれるパーツを外側でL字に折り曲げてアッパーと縫い合わせるため、境目からの水の侵入を防げます。さらに、カーフよりもオイルを多く染み込ませているリスレザーを使っているので撥水性に優れ、とにかく水に強い! すなわち雨も怖くない!!

パラブーツは、かつてエルメスのOEM(※他社のブランド名で販売される製品の製造を請け負う)を手掛けており、アッパーにアザラシの毛を使った「ミカエル フォック」を提供していましたが、アザラシは絶滅危惧種であるため生産は中止に。他にもミンクファーを用いた「ミカエル ビジョン」や、@eastwest112さんが購入なさった馬毛をあしらったミカエル ポニーなども展開されています。

増税前に購入したとのことですが、おそらくアニマルファーのシリーズは、アザラシ同様ディスコンの恐れがあるので、賢い選択だと思います。冬の装いにも合いますし、アニマルファーシリーズは女子ウケも良いアイテムですから(笑)、今後も永く愛してあげてください!

次にご紹介するのは、#腕時計魂 の常連さんでもある @lanciablさんの投稿です。こちらの方は、勝手にFORZAファミリーに認定させて頂いています。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

先ほど紹介した「ミカエル」(左)と、人気を二分するフラッグシップモデルが「シャンボード(CHAMBORD)」(右)です。

外羽根のUチップは、ビジネス・カジュアルはもちろん、オフシーンでも活躍してくれる使い勝手の良さから絶大な人気を誇ります。こちらも堅牢で防水性が高いノルウェイジャン製法ですが、最近は例の緑のタグがなくグッドイヤー製法のタイプも登場しており、よりビジネスシーンでの活躍が注目されています。

パラテックスソール(PARATEX SOLE)と呼ばれる、自社で生産しているオリジナルのラバーソールは、100%天然ラバーを使用しており、グリップ力も抜群。内容物であるコルクとアウトソールとのわずかな隙間がハニカム構造になっており、そこに空気を溜め込むため、衝撃吸収効果に優れます。さらに、摩耗にも強い。刻印された「RP」の文字が、創業者レミー・リシャールポンヴェール氏のイニシャルだって知ってましたか?

よくメンテナンスされていますし、シャンボード特有の悲しい性「モカ割れ(モカ縫いの部分が離れてくる)」も起きていないようですので、これからも大切かつアクティブに履きこなして、さらに成長した姿をお披露目してください。楽しみにしています!

ちなみに、シャンボートは、#靴魂 常連の方達も投稿してくださっています。オールデンでピックアップした@morimori_favoriteさんは、ノアール(黒)を。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

履き込まれたリスレザーがイイ感じですね。若干モカ割れが起こっているようですが、あまり気になりません。

エドワードグリーンでピックアップした@atsxileさんはマロン×ホワイトのコンビを。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

こちらも素敵な風合い。白が効いていて、重たい感じが一切なく、爽やかな印象すら漂います。

やっぱり靴好きには、パラブーツのシャンボード好きが多い! まぁ、あれだけ人気を得る名作ですから当然と言えば、当然ですかね。

続いては、@taiki.007さんの投稿。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

本国フランスでは定番品として人気がある「アヴィニョン(AVIGNON)」ですね。

シャンボードと同じUチップですが、先端に縫い目があるスプリットトゥで甲は低め、足幅が少し広い点などが異なります。緑のタグがあるのでカジュアルさは残りますが、シャンボードよりはエレガントな印象で、ドレッシーに履きこなすことができます。

アウトソールは確か、グリフソールですので、雨にも強いです。

@taiki.007さんも素敵な靴をたくさんお持ちですし、ランニング好きというところに共感を覚えてしまいました(笑)。ランニングシューズの快適さを知るオトコが選ぶ、イイ革靴。なんだか面白そうかも。

続いて紹介するのは、@ssw_windさんの投稿です。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

ウィングチップのモデル「アンデルセン(ANDERSEN )」。ノルウェイジャン製法なんですが、あまりゴツさを感じさせませんね。

ノーズも長過ぎず、トゥも丸過ぎず、甲も高過ぎない。まさにイイ塩梅。ギャラクシーソールなので、履き心地も良く、天候を気にすることなく履けるのも魅力ですよね。

オンでもオフでも履けるから重宝するはずなんですが、意外に履いてる方を見かけない。これぞ、隠れた名作……。スエードなんかもイイ雰囲気なので、気になった方は試してみては?

@ssw_windさんは釣り人なんですね。しかも捌いた魚料理が本気で美味しそう! 羨ましいです。そして、アクティブに生活するオトコが必要とする物選びは、大変参考になります。

FORZAでは靴磨きのプロたちの動画をアップしたり、彼らと一緒に靴磨き学校など様々なことを企んでいきますので、今後も是非チェックしてみてください!

最後は、エドワードグリーンの回に続いての登場となる@shoes451さんの投稿です。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

#靴魂はたくさんの方に投稿頂いているので、なるべく重複は避けるように心掛けているんですが……、「ウィリアム(WILLIAM)」を色ち買いし、いろいろなパターンで投稿して頂いているのでスルーできませんでした。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

それで ウィリアム。これも有名な話ですが、パラブーツを展開するリシャール ポンヴェール社は1990年代までジョンロブのコテージラインの生産を請け負っており、ノルウェイジャン製法でラバーソールを履いた「ウィリアム」を手掛けていました。

この関係は継続されることはなく、コテージラインの「ウィリアム」は姿を消しましたが、2010年にパラブーツで「ウィリアム」として登場し、多くのファンたちを喜ばせたのは懐かしいお話。

ちなみに、この頃の雰囲気を携えたモデル「ウィリアム 92(WILLIAM 92)」が、ウィリアム誕生75周年を祝してジョンロブから登場していますね。

ドレッシーなジョンロブの「ウィリアム」も素敵ですが、コロナの影響もあってスーツ一辺倒でなくなったビジネスシーンを考えると、雨にも強く、カジュアルにも履きこなせるパラブーツの「ウィリアム」が気分になりますよね。

@shoes451さんの可愛いソックスと合わせる感じは女子ウケも良さそうです。今度は足元だけでなく、トップスも交えた全身コーディネート写真も期待しています。

いや〜、あらためてパラブーツ人気はスゴいですね。カジュアルな格好で仕事ができるようになってから、その勢いはさらに増しているような気がします。あと、複数買いがとにかく多かった…。

 

 

アニキも何を買うべきか、散々迷ってたくらいですからね(笑)。

本日はここまで。是非これからも みなさんの愛用靴を「#靴魂」を付けて たくさんポストしてください! 4桁目前なので、次は3000、5000を目指しましょう!!

撮影の仕方は自由です。靴のみ、履いている足元、その靴を中心としたコーディネートなどなど、靴が写っていれば何でもOK。ぜひご自慢の一足をインスタグラムに投稿してください。もしかすると あなたの投稿を取り上げるかもしれません。

ちなみにですが、会員登録して頂けるとコメントを書き込むことができますので、#靴魂に対するご意見や感想、「オレはココの靴が好きだー」「こんな切り口で靴が見てみたい」などなど奮ってコメントしてください。それからインスタグラムの #靴魂(くつたま)もチェックしてみてくださいね。

それでは次回の「あなたの靴、見せてください」もお楽しみに!!

Edit:Ryutaro Yanaka

Author profile

谷中 龍太郎
谷中 龍太郎
Yanaka Ryutaro

FORZA STYLE シニアエディター

さまざまな雑誌での編集、webマガジン『HOUYHNHNM』編集長を経て、『FORZA STYLE』にシニアエディターとして参画。現在までにファッションを中心に雑誌、広告、カタログなどを数多く手掛け、2012年にはニューバランス初となるブランドブックも編纂。1976年生まれ。

記事をクリップする
連載をクリップする
CLOSE X

無料会員をしていただくと、記事をクリップできます。

新規会員登録

COMMENT

無料会員をしていただくと、コメントを投稿できます。

新規会員登録

WHAT's NEW

MEMBERSHIP

FORZA STYLE 無料会員にご登録いただくと、全ての記事が閲覧できるようになります
ぜひご登録ください

詳細をみる 新規会員登録

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.10.23 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

VIDEO