LIFESTYLE オシャレはセレブに学べ!

【肌寒い梅雨時期に役立つ!】
色気を纏う夏のシャツ重ね着コーデ術

『FORZA STYLE』では、シンプル&ベーシックな装い方をしているセレブをピックアップし、日本人の私たちにも取り入れやすい着こなしやアイテムをご紹介していきます。

Tシャツ一枚では寒く感じる梅雨時期に、羽織りとして役立つのが長袖のカジュアルシャツ。しかし、ただ重ね着してているだけでは野暮ったさが際立ってしまうので要注意です。そこでおススメするのが、ヨハネス・ヒューブル氏の余裕タップリなシャツの重ね着コーデ。着こなしポイントはずばり「大人のリラックス」です。

ヨハネスと言えば、シャツの下にTシャツをかまして、ラフにコーディネートするのが定番。今回は、大胆にもフロントボタンをほぼ全開にして、無造作にパンツへタックインしています。 こうすることで、ワイルドさが増すと同時にリラックスした雰囲気も作り上げているのです。腕まくりやパンツのロールアップなどで、肌の露出度をアップし、涼しげに見せるのもポイント。さらに、淡いベージュのスエード小物(靴、ベルト)を合わせることで、上品さをキープし、軽やかで優しい印象をプラスしています。着崩していても、ルーズに見えないのは、この上品な色使いに答えがあるのです。

こちらのシャツコーデも先ほどと同様に、白Tシャツを重ね着して、フロントボタンをがっつり開けています。暑苦しく見えないように、合わせるパンツは8分丈までロールアップ。シャツも肘あたりまで捲りあげ、無造作に抜け感を作っています。腕にはオーデマピゲのロイヤルオーク、足元には上質なレザースニーカーを足せば、リラックススタイルの中に、大人の余裕と上品さが漂います。好感度を上げる夏のシャツスタイル、ぜひ参考にしてみてください!

Text:Satoshi Nakamoto
 



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE