FASHION ― エロサバ

干場の「エロサバ」

【痛いトラウマ経験を経て…】クラッシュデニムを今どきにドレスアップ!

2020.7.8 2020.7.8
2020.7.8

ジャケットとデニムのベストな相性を見極めよ

自粛生活を続けていると、イベントごとや外食や恋しくなりますよね。そんな在りし日の思い出にふけっていると、思い出したくないイタい過去が突如として蘇ったりするものです。今回は、そんな黒歴史を乗り越えるべく、アップデートしたジャケット&デニムのスタイルを紹介。

待ってろよー、いつか絶対リベンジしてやる!!

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

アイテム

ジャケット/ニール・バレット
Tシャツ/クロスクローゼット
ジーンズ/マインデニム
サングラス/レイバン
ウォレットチェーン/クロムハーツ
時計/ベル&ロス
バングル/フィクサー
リング/フィクサー
靴/イヴ・サンローラン

もはや定番の組み合わせですが、パリやミラノのコレクションでショーの終わりにランウェイに挨拶に出てくるときのデザイナーの格好が、決まってジャケットにデニムだった時期がありまして……。

2000年代の初めだったかな。トム・フォード、エディ・スリマン、ドルチェ&ガッバーナもそうでしたね。当時、トレンドセッターと呼ばれていた本人たちの私服が、至ってベーシックだったことに新鮮な驚きを感じたものでした。

もちろん、僕も真似しましたよ。どこに行くにもジャケットとデニム。デニムはクラッシュが流行っていたこともあり、それがいちばんイケてると思っていました。でも、あるときドヤ顔で訪問した西新宿の某ホテルのレストランに入店を断られまして……。「その服装は当店の雰囲気にそぐわないので、お引き取りください」と。あれは サムいというか、かなりイタかったですね。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

以来、トラウマになってしまい、しばらくクラッシュデニムを封印していたのですが、僕のお洒落の師匠のひとりであるスタイリストの野口強さんがディレクションするマインデニムでお気に入りの一本を見つけたので、最近また穿くようになりました。そこで、ボトムスから組み立てるコーディネイトをご紹介します。

近ごろ、よくしているモノトーンの組み合わせで、「クラッシュデニムにジャケットを合わせるなら」、という順番に発想していったのですが、このとき大切なのは、デニムの雰囲気やシルエットを中心に考えること。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

僕の場合、デニムのシルエットに合わせて、足元のボリュームを考えてから、ジャケットのラペル幅やゴージ位置などでバランスをとっていくようにしています。如何せん、感覚的な部分が大きいので、上手く説明できないのがもどかしいのですが、普段、仕事で着ているようなクラシックなジャケットは、候補から外しておいたほうが無難でしょうね。やはり、デニムとジャケットの雰囲気が合っていないと、チグハグに見えてしまいますから。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

僕が今、気に入っているこのマインデニムやヤヌーク×YOSHIMASA HOSHIBAのデニムだと、こんな感じになります。ヒール付きのブーツを合わせて、テクノストレッチ素材のジャケットをチョイス。ジャケットは、ややナローなラペルで ゴージ位置が低めのものを選びました。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

で、中にはクロスクローゼットの黒Tシャツを着て、オールブラックのコーディネイトを完成! デニムのシャープさを際立たせるように、全体の構成を考えるのがコツです。

あと、このところ何度も言っていますが、モノトーンのコーディネイトは異なる素材感を組み合わせるのが重要なポイント。同じ黒でも、それだけで全体に深みが増して見えますからね。

久しぶりにジャケット&デニムのスタイルをしてみたのですが、やっぱりいいですね。あれから20年近く経って時代も変わったことだし、この格好で入店拒否されたあのレストランにもう一回行ってみようかな……。入れないとは思うのですが(笑)。


今回のスタイルのキモは……。

●モードなデニムには、モードなジャケットを。
●普段の仕事で着ているジャケットは候補から除外。
●ベーシックな組み合わせだからこそ、コーディネイトには細やかな計算を。
●ホテルの高級レストランに入店できるかは不明。
●自粛生活は、無理せず、油断せず、続けることが大切。


Photo: Ikuo Kubota (OWL)

Styling&Model:Yoshimasa Hoshiba


6冊目の書籍が発売しています。洋服から、ジュエリー、腕時計、ライフスタイルまで。僕が日頃から愛する大人の男女におすすめしたいブランドの逸品について書いています。読んでない方はぜひ!

干場義雅が愛する
「究極のブランド100+5」(日本文芸社)

5冊目は、1冊目の書籍の内容を改稿し、本質的な服装術を知らない新社会人から肩書きを持つ大人まで使える身に纏う処世術について書いています。読んでない方はぜひ!

世界のビジネスエリートは知っている
「お洒落の本質」(集英社文庫)

4冊目の本では、女性のエロサバなスタイルについてまとめています。女性はもちろん、男性が読んでも面白いのでぜひ。奥様にもすすめてくださいね。

干場義雅が語る

「女性のお洒落」
(ディスカバートゥエンティワン)

3冊目の書籍は、難しいとされる大人のカジュアルスタイルについて書いています。読んでいない方はぜひ!

干場義雅が教える

「究極の私服」
(日本文芸社)

2冊目の書籍は、色気についてです。
普通に見えて、なぜか人を惹きつける男の共通点について書いています。読んでいない方はぜひ!

一流に学ぶ

「色気と着こなし」
(宝島社)

1冊目は、スーツの着こなし術から世界の一流品選びまで、基本的なことやお洒落の本質について書いています。読んでいない方はぜひ!

世界のエリートなら誰でも知っている

「お洒落の本質」
(PHP出版)

【エロサバ】-Hoshipedia

「エロサバ」とは、エロいコンサバの略で、干場の哲学により生まれた造語。シンプルでベーシック、コンサバティブな洋服を着ているのに、なぜかエロく見えるスタイルのこと。例えば喪服の女性。成熟した大人の女性が喪服を着ていて、メイクもナチュラルで抑制しているのに、不思議と色っぽく見えるスタイル。例えば、普通の白いシャツを着ているのにも関わらず、胸元のボタンの開け方や袖口のまくり方でSEXYに見えるスタイル。粗悪な素材でデザインが変わっているシャツでは駄目。上質な素材でベーシックなシャツだからこそ、崩して着こなしても上品さが保てるのです。男性で例えるなら、仕立てられたグレーの無地のスーツを着て、上質な白シャツに黒の無地のネクタイのような極めてコンサバティブなスタイルをしているのに、内側から大人の色気が香るスタイルのこと。

Author profile

干場 義雅
干場 義雅
Hoshiba Yoshimasa

FORZA STYLE 編集長 兼 ファッションディレクター

尊敬する人は、ロロ・ピアーナの元会長セルジオ・ロロ・ピアーナさん、ピエール・ルイジ・ロロ・ピアーナさん、トッズの会長ディエゴ・デッラ・ヴァッレさん、格闘家のブルース・リーさん、初代タイガーマスクの佐山サトルさん。
スポーティでエレガントなイタリアンスタイルを愛し、趣味はクルーズ(船旅)と日焼けとカラオケ。お酒をある一定以上飲み過ぎると、なぜだか一人感無量状態になって男泣きする小誌編集長。1973年、東京生まれ。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.7.14 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO