FASHION ― 誰がアパレルを救うのか。

シップスも始めたライブコマースの取り組みとは?

2020.5.31 2020.5.31
2020.5.31

前回、ビームス初のライブコマースを取り上げたが、シップスが初めて取り組むライブコマース「SHIPS SHOPPING TV」が5月22日(金)にスタートした。

初回は、今春始動したばかりの新ブランド「SHIPS any(シップス エニィ)」を紹介し、翌23日(土)のメンズ編で、お薦めアイテムをショップスタッフが実際に着用してライブ感たっぷりに配信。ライブコマースで進行を務めたシップス エニィのプレス担当の中西摩耶さんにメールインタビューを行った(写真提供SHIPS)。

ライブコマースのアーカイブ配信はこちら

ユーザー視点の買いやすさにも繋がる新たなEコマースの手法

シップスのライブコマース「SHIPS SHOPPING TV」で取り上げられた「SHIPS any」は、“どんな人にも、どんな場所にも、どんな時にも似合う服”がコンセプトの新ブランド。

中西さんは、「SHIPS anyはウェブ売上構成が高く、今春デビューしたばかりのブランドなので、ブランド認知に繋げるために選びました。ライブコマースを通じてブランドイメージを伝えることができれば」と、SHIPS anyを選んだ理由を語ります。

──このタイミングで初めてのライブコマースをスタートした背景を教えてください。

中西 近年のライブ動画の盛り上がりを受け、少し前から社内で検討していました。ライブコマースは、一方的な動画配信よりも相互コミュニケーションがはかれて、ライブ感があるのも魅力ですね。出演するスタッフを通じて、ブランドイメージがうまく伝わればという思いもあります。ユーザー視点での買いやすさにも繋がる新たなEコマースの手法なので、今後、より定着していくのかなとも思います。ECサイトの通常のアイテムページと比べて、“リアルな接客要素”という側面も魅力の一つです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
スタッフの説明で、ショップでお買いものを楽しんでいるような気分を

初配信では、プレスの中西さんを司会進行役に、SHIPS any 渋谷店の力石氏とSHIPS any 新宿エスト店の大楽氏がモデルとして登場。2人のショップスタッフがすべてのアイテムを着用して商品説明を行った。

──体型も対照的な2人を起用した理由は。

中西 ショップスタッフを起用することで、ライブコマースをより身近に感じていただき、お客様との相互コミュニケーションをはかることを目指しました。着用しているスタッフが商品を紹介するほうが、着心地などの着用感や商品のポイントがお客様によりリアルにお伝えできると考えました。また、店頭にいるスタッフが説明することで、お客様にショップでお買いものをしていただいているような気分もお楽しみいただけたかと思います。

──ライブコマースはどんなスタッフ体制で配信しましたか。


中西 WEB/EC担当者を中心に、ブランドとプレスで準備しました。緊急事態宣言期間中の配信だったので、配信当日は密環境にならないよう最低限の人数に絞って実施しました。

──発信で、他社の実例で参考にされた例はありますか。

中西 具体例は出せませんが、近年ライブ動画配信が活発になっているので、すでに実施されている他社の事例を参考にしました。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

ライブコマースで紹介されたアイテムがリアルタイムで表示され、その場でショッピングが楽しめる
ライブを共有した視聴者からの好意的なメッセージも大きな収穫

──配信で紹介したSHIPS anyのアイテムセレクトのポイントは。

中西 初回ということもあり、「SHIPS anyとは?」をキーワードに、ブランドのイメージが伝わるアイテムを中心にセレクトしました。また外出自粛期間中のタイミングでしたので、リモートワークや自宅で快適に過ごせるアイテムやスタイリング提案も意識しました。

──配信内の商品紹介の物量的には適切でしたか。

中西 配信時間(約50分)に対してのバランスとしては適切だったと感じています。その一方で、ライブ中の質問に対しての時間配分は、今後調整が必要になってくるかと思いました。今後も、単品別の数値結果を元に、紹介する全体数とアイテム選出を随時検証していく予定です。

──配信の手応えは感じましたか。何か反省点はありましたか。

中西 想定以上の閲覧数だったので、「興味を持っていただけた」という面では確かな手応えを感じました。温かいメッセージを頂戴したのも大変励みになります。反省点は、アイテムへのより強い興味・関心を持ってもらうための工夫ですね。

──配信後の社内の反応はいかがでしたか。

中西 初めての試みでしたが、タイムリーな販売手法というのもあって、社内の反応は好意的でした。視聴者の方々からも好意的なメッセージをいただき、大きな収穫と感じています。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

商品の特徴を説明するSHIPS any 渋谷店 力石氏
6月20日(土)までの毎週金・土曜日の配信を予定!

──今後の配信予定と、次の意気込みを教えてください

中西 SHIPS anyで 6月20日(土)までの毎週金・土曜日の配信を予定しています。初回は不慣れなこともありましたが、ライブコマースを実施してみてお客様の反応が見えることも分かったので、反応を汲み取りながら次に活かしたいと考えています。相互コミュニケーションを図り、お客様が実際にショップに来店されているような雰囲気で楽しんでいただける場にしたいと思います。

──SHIPSとして、ライブコマースの未来像をお教えください。

中西 今回のコロナ禍によって消費者の購買行動が変化することが予想され、ライブコマースのような動画を使用した手法が今後はさらに定着していくと思います。今後のライブコマースでは「SHIPS」を紹介する配信も視野に入れています。

アパレル不況にコロナショックが重なり、各社は顧客との新しいつながり方を必死に探している。その取り組みを、今後もリポートしていきたい。

 

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

お客様からの質問に答えるSHIPS any 新宿エスト店 大楽氏

今後のSHIPSライブコマース配信予定

SHIPS any

Text:Makoto Kajii

Author profile

梶井 誠
梶井 誠
Kajii Makoto

今はなき講談社のメンズファッション雑誌『Checkmate(チェックメイト)』編集部のファッション班を経てフリーランス。セレクトショップのカタログやメンズ雑誌のファッションページの取材・原稿を担当。SKE48箱推し、フィロのス・奥津マリリ推し、ジュビロ磐田サポーター。1961年福井県出身。©Seo Hiroshi

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.6.19 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO