LIFESTYLE オシャレはセレブに学べ!

セレブが実践するブルーシャツの着こなし3選

『FORZA STYLE』では、シンプル&ベーシックな装い方をしているセレブをピックアップし、日本人の私たちにも取り入れやすい着こなしやアイテムをご紹介していきます。

Tシャツ一枚ではまだ肌寒い今の時期、お洒落の達人がこぞって愛用するのが長袖のブルーシャツなんです。

一枚で羽織ることもあれば、アウターに使ったりと、キャラに応じて着こなし方もさまざま。そこで今回は、時短&簡単にカッコ良く決めるブルーシャツコーデを3人の人気セレブから学びたいと思います。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

ヨハネス・ヒューブルの春夏コーデに欠かせないお馴染みのサックスブルーのシャツ。白Tシャツ感覚で自然体に取り入れていますが、今回のコーデで注目したのは靴のチョイス。ツヤ感のあるクリース入りの上品なネイビーのスラックスに、花柄入りのビット付きローファー。スタイルこそコンサバですが、足元に花柄を持ってくることで、夏らしいリゾートな雰囲気に仕上げています。

この絶妙なスパイスの利かせ方が、ヨハネススタイルの真骨頂。花柄が苦手というダンナなら、夏らしい色のスニーカーを代用してみるのもオススメです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

定番のシャンブレーシャツに、真っ黒なスキニーパンツと黒スニーカーを合わせたクリス・ヘムズワース。インナーの白Tとスニーカーの白ソールが上手くリンクしているのもポイント。無造作な腕まくりは、こなれ感を演出するだけでなく、涼しげにみせる重要なテクニックです。あとは、メタルフレームのサングラスで艶をアップ! クールな小物で都会的な印象を強めます。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

日焼けした肌にバッチリマッチする落ち着いたトーンのブルーシャツを選んだデヴィッド・ガンディ。襟型は小顔に見えるカッタウェイカラーをチョイスしています。着こなし方のポイントは、シャツと同じトーンのデニムを選び、きっちりとタックインして穿きこなすこと。

ベルトはあえてせず、第4ボタンまで開けて着こなすことで、雰囲気も一気に色っぽく変化します。こんがりと日焼けした肌と時計の革ベルト、ドレスシューズをブラウンでまとめると、アズーロ・エ・マローネ(青と茶)コーデが完成。ひと味違う大人のブルーシャツコーデを目指したいなら、おススメですよ!

Photo:Gettyimages
Text:Satoshi Nakamoto



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE