CAR ― Dr.ノリシゲの妄想ドライブ

妄想は続くよ、どこまでも!

やっぱり素敵なメルセデスのSUV。待望の新世代GLAをチェック!

2020.5.6 2020.5.6
2020.5.6
説明しよう! 妄想ドライブとはヴェテラン モータージャーナリスト・ノリシゲセイイチが「このクルマにのったら、こんなことをしたい。こんなところに行きたい。この街道でぶっ飛ばしてチャンネーとこんなことがしたい!」と妄想の世界に遊ぶ気絶コラムである!

SUV性能に磨きをかけた新型メルセデス・ベンツGLA

Aから始まるメルセデスのコンパクトファミリー。新世代モデルは音声認識型の話すインフォテインメントシステムMBUXが話題となりましたが、クロスオーバーSUVのGLAだけは旧世代でした。そして今回、欧州では待望の新世代GLAが発売に。

現在、日本で発売中の現行モデルもマイナーチェンジから3年目を迎えています。新型がどのタイミングで導入されるか未定ですが、そろそろアナウンスがあるはず。順当なら初夏、遅くとも秋口には何らかの情報を期待したいところです。

同社のコンパクトファミリーにあって、スタイリッシュなCLAとGLAの2モデルは、ライフスタイルカーとして企画・開発されたモデルです。Aクラスと比較すればエントリー価格は少々お高いのですが、イケフォー世代には狙ってほしいモデルです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
Mercedes-Benz GLA
拡大画像表示

新型GLAは現行型に対し、SUV性能を高めているといいます。崖のような高所から下る際もクルマが自動でコントロールしてくれますので、そういったあたりもGクラスを頂点とするメルセデスSUVの血統を宿しています。あくまで欧州仕様のデータですが、スペックからご紹介します。

【Mercedes-Benz GLA】
ボディサイズ:全長4,410×全幅1,834×全高1,611(1,616)mm
ホイールベース:2,729mm
トレッド(前後):1,605/1,606mm
サスペンション(前後):ストラット / マルチリンク
タイヤサイズ:215 / 65 R17
ホイールサイズ:6.5J x 17(ET44)

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
Mercedes-Benz GLA
拡大画像表示

現行型GLA180のボディサイズは、全長4,430×全幅1,805×全高1,510mmでホイールベースが2,700mm。新型は全長こそ20mm短いのですが、室内高を確保するなど、より快適な空間を確保しています。また、現行モデル比で新型の着座位置は97mmアップ。Aクラスより140 mm、Bクラスとは52 mm高いのだそうです。次に欧州仕様のラインナップです。

【GLA 200】
エンジン:1.33リッター直列4気筒ターボ(ガソリン)
最高出力:120kW(163hp) / 5,500rpm
最大トルク:250Nm / 1,620-4,000rpm
トランスミッション:7速DCT
車両重量(EC):1,485kg
0-100km/h:8.7sec
最高速度:210km/h

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
Mercedes-Benz GLA
拡大画像表示

このGLA200(FFのみ)がエントリーモデルとなりますが、エンジンはさらにダウンサイジング化が進み、現行型の排気量1.6リッターに対し、1.33リッターとなりました。それでもメルセデスは4気筒エンジンを採用しましたので質感は期待できます。また、GLAはFFでも後輪にマルチリンクサスペンションを採用しますので、乗り心地も同様に上質かと思います。次にその他のエンジンラインナップです。

【GLA 250 / FF&4MATIC】
エンジン:1.99リッター直列4気筒ターボ(ガソリン)
最高出力:165kW(224hp) / 5,500rpm
最大トルク:350Nm / 1,800-4,000rpm
トランスミッション:8速DCT
車両重量(EC):1,540kg / 1,600kg
0-100km/h:6.9sec / 6.7sec
最高速度:240km/h

【GLA 200d / FF&4MATIC】
エンジン:1.95リッター直列4気筒ターボ(ディーゼル)
最高出力:110kW(150hp) / 3,400-4,400rpm
最大トルク:320Nm / 1,400-3,200rpm
トランスミッション:8速DCT
車両重量(EC):1,615kg / 1,670kg
0-100km/h:8.6sec / 8.9sec
最高速度:208km/h / 205km/h

【GLA 220d / FF&4MATIC】
エンジン:1.95リッター直列4気筒ターボ(ディーゼル)
最高出力:140kW(190hp) / 3,800rpm
最大トルク:400Nm / 1,600-2,600rpm
トランスミッション:8速DCT
車両重量(EC):1,615kg / 1,670kg
0-100km/h:7.4sec / 7.3sec
最高速度:222km/h / 219km/h

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
Mercedes-Benz GLA
拡大画像表示

上記のガソリン&ディーゼルエンジン搭載車ではFFと4 MATIC(AWD)が用意されます。日本導入モデルの詳細は判明しませんが、新型はディーゼルも期待したいところですね。新型4 MATICの制御は通常モードで前80%・後20%。コレがスポーツモードでは前70%・後30%、そしてオフロードモードでは前50%・後50%にトルク配分を行います。

現段階でのまとめです。現行型のFFモデルのエントリー価格は税込で442万円です。若干の価格上昇とオプションを欲張らず仕様を決めても、実際の乗り出し価格は500万円台前半でしょうか。そう考えると、四輪駆動を必要としなければGLA200で十分にライフスタイルカーとしてのポテンシャルがあります。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
Mercedes-Benz GLA
拡大画像表示

メルセデスのコンパクトファミリーに属するGLAですが、CLAとともに個人的にもオススメな2モデルです。GLAは実際の発売まで十分に時間的猶予がありますので、この自粛中にじっくり検討してください。そしていち早く入手したいという方は、正規ディーラーに聞いてみましょう。いわゆる問い合わせダイヤルより情報が早く、また具体的な内容が聞けますよ。

Text:Seiichi Norishige

メルセデス・ベンツ日本

■Mercedes-Benz GLA (2020): The Design

 

Author profile

教重 誠一
教重 誠一
Norishige Seiichi

自動車雑誌の編集者を経てモータージャーナリストへ。駆け出しの頃からサラリーマンの限界に挑戦し数々の輸入車を乗りまわす。印象深かった愛車はポルシェ911(930)、Ruf CRo
コンバージョン(964)、メルセデス・ベンツ500E、フェラーリ412、BMW6シリーズ、RG500Γ(バイク)。趣味はシガーとパイプとすし屋巡り。ジャンルを問わず酒好きだが、一定以上飲むと睡魔が襲い銘柄を失念する。1964年、北海道生まれ。

MEMBERSHIP

FORZA STYLE 無料会員にご登録いただくと、全ての記事が閲覧できるようになります
ぜひご登録ください

詳細をみる 新規会員登録
記事をクリップする
連載をクリップする
CLOSE X

無料会員をしていただくと、記事をクリップできます。

新規会員登録

COMMENT

無料会員をしていただくと、コメントを投稿できます。

新規会員登録

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.9.24 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO