CAR ― Dr.ノリシゲの妄想ドライブ

妄想は続くよ、どこまでも!

コロナの影響は車業界にも。豊田会長の男気ある会見をご覧ください

2020.4.15 2020.4.15
2020.4.15
説明しよう! 妄想ドライブとはヴェテラン モータージャーナリスト・ノリシゲセイイチが「このクルマにのったら、こんなことをしたい。こんなところに行きたい。この街道でぶっ飛ばしてチャンネーとこんなことがしたい!」と妄想の世界に遊ぶ気絶コラムである!

JAMA豊田章男会長の男気に感動しました

日本の自動車産業を代表する4団体、日本自動車工業会(以下、JAMA)、日本自動車部品工業会、日本自動車車体工業会、そして、日本自動車機械器具工業会は、2020年4月10日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けてメッセージを発信。この合同会見を代表してメッセージを発したのはJAMAの豊田章男会長でした。

時系列で見ると、日本政府による緊急事態宣言発令(新型インフルエンザ等対策特別措置法による)が4月7日。このタイミングでもJAMAの代表としてコメントしていたのですが、4月10日の合同会見でのメッセージは、政府の緊急経済対策発表後の出来事。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
2020年4月10日、自動車工業4団体による合同会見

合同会見の内容は動画リンクをご覧いただくとして、個人的な理解は「政府支援はありがたいが、まだまだヤバイです」という緊張感あるものでした。そもそも日本経済は昨年8月から失速。自動車業界においては消費税増税前の駆け込み需要もあり、なんとなくごまかされていた感があります。そして年度末は、今回の騒動もあり急転直下という現状。世界的には直近の3ヵ月で9000兆円あったGDPの15~20%が失われたそうです。

潜在的需要はあるものの、セールスの最前線では思うような接客・商談ができず、今後はオンラインセールスか、あるいは、"むじんくん"のような自動契約機が必須となるかもしれません。また、生産現場においてはウイルス対策に追われ、ライン上の人員配置まで新たに構築せねばなりません。機械化が進んでいる現在とはいえ、自動車を作るにはまだまだ人の手が必要。いずれ来るであろうアフターコロナ時代をにらんでも、対策まで少し時間がかかります。

ワタシは経済の専門家ではありませんが、緊急経済対策費108.2兆円のうち、真水といわれる部分が10%程度であり、まだまだ不足していると感じます。このあたりは豊田会長も質疑応答編(今回の動画の続編)で回答していますが、早々に補正予算の審議が必要でしょう。

合同会見の内容は、シロウトでも、大変よく理解できます。そして、いま置かれている自動車産業の現状と、日本経済への影響力も。緊急事態宣言が発令されたといっても、基本的に諸外国と異なり緊急事態条項のない日本では、罰金や罰則などの強制力はありません。そう考えると、支援があるだけでも幸運なのでしょうが、いまは突破力が必要な時なのです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
Lexus LC500 Convertible Model
拡大画像表示

明けない夜はありませんが、中国・広東省に端を発する2002年11月から始まったSARSの場合、収束までにおよそ8ヵ月の時間を要しました。そう考えると、差し迫った法人税や消費税の納付期限を一時的に伸ばす方が即効性の高い対策かもしれません。もしもサラリーマンが一時でも、所得税や住民税、健康保険料など、天引きがなければと考えてみてください。大助かりでしょ?

JAMAの豊田会長は政府の対応にモンクをいっているワケではありません。個人的には悲痛な叫びだと思いました。意を酌めば「この騒動が収束すれば必ず日本経済をけん引する」と、宣言に似た覚悟を感じます。ですから、政府にはもっと支援策を考えてほしいものです。

いまやトヨタは自社消費分のマスクの生産を手掛け始め、外部購入をやめる計画です。そして、余力が出たら一般販売もするそうです。また、社宅や保養所などは発症時の隔離施設に活用しようと立案中。目先の出来ることは全てやる気構えです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
Ferrari Roma (その他の癒し画像は記事下のギャラリーからご覧ください)
拡大画像表示

さて、暗い話ばかりでもナンですから、こんな時は華やかなスーパーカーを愛でましょう。コレだけでワタシのような中年は元気になります。自宅待機で時間を持て余すなら、男の手料理に磨きをかけると時の経過を忘れます。男の料理は紳士の嗜み。かくいうワタシはカレーをひたすら煮込んだり、大阪の思い出を辿るように、焼肉のタレ作りに専念中。料理中は不思議と無心になれますのでオススメです!

最後に庶民代表のワタシから富裕層の皆様へのお願いです。高級車をバンバン買ってください。新車が売れなければ中古車は生まれません。このまま新車販売が低迷すれば、3年後、5年後の中古車が枯渇します。現状では「中古車なら何とか買える」という夢を見ることもできません。庶民派の方はトコトン趣味車か実用車を。リセール時に高い買取相場が期待できますから。余力があればいまが新車の買い時です!

Text:Seiichi Norishige

■自動車工業4団体 合同会見 日本自動車工業会会長 豊田章男スピーチ

 

Author profile

教重 誠一
教重 誠一
Norishige Seiichi

自動車雑誌の編集者を経てモータージャーナリストへ。駆け出しの頃からサラリーマンの限界に挑戦し数々の輸入車を乗りまわす。印象深かった愛車はポルシェ911(930)、Ruf CRo
コンバージョン(964)、メルセデス・ベンツ500E、フェラーリ412、BMW6シリーズ、RG500Γ(バイク)。趣味はシガーとパイプとすし屋巡り。ジャンルを問わず酒好きだが、一定以上飲むと睡魔が襲い銘柄を失念する。1964年、北海道生まれ。

KEYWORDS
外車 トヨタ

MEMBERSHIP

FORZA STYLE 無料会員にご登録いただくと、全ての記事が閲覧できるようになります
ぜひご登録ください

詳細をみる 新規会員登録
記事をクリップする
連載をクリップする
CLOSE X

無料会員をしていただくと、記事をクリップできます。

新規会員登録

COMMENT

無料会員をしていただくと、コメントを投稿できます。

新規会員登録

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.9.24 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO