FASHION ― PROMOTION

【大人セクシーなコート、ないですか?】悩める30代に干場が出した答えとは?

2019.10.2 2019.10.2
2019.10.2

sponsored by Takashimaya

とある日の講談社にて。エレベーターを待ちながら、何やら考え事をしているFORZAR(フォルツァー)の高橋。と、その背後に忍び寄る怪しい影が・・・・・・。

「うわ!ビックリした!!」
膝カックンという古典的なイタズラを仕掛けてきたのは、FORZA STYLE編集長干場でした。

多忙を極める干場とこの頃なかなか顔を合わせる機会がなかった高橋。他愛もない会話をしつつ、干場に相談したいと思っていたことがあったのです。ナイスチャンス!

高橋干場さん、僕、秋冬のコートが欲しいなと思っていまして。ネイビーは結構持っているのと、スーツとかもグレーが増えてきたので、今年はグレーが欲しいなと。ちょっと大人の色気というかエロさがでるような、干場さんのオススメありませんか?

干場「じゃあちょっと見繕っときます。今度の撮影の時に持っていきましょうか」

そうして干場が向かった先は、タカシマヤ スタイルオーダー サロン 新宿店。秋冬シーズンのコートをくまなく物色していると・・・・・・。

毎度おなじみ、高島屋バイヤーの久曽神さんが、コートのオススメを教えてくれました。


チェスターコート/7万8000円(税抜)

久曽神「こちらはシングルチェスターコートです。jamieson’sという英国羊毛のツイード素材を使用していますが、日本の御幸毛織さんで織って仕上げをしています。イギリスと日本のコラボ素材ですね。ツイードのわりには結構やわらかく、しなやかに仕上げているのが特徴です」

久曽神落ち着いた雰囲気でエレガント感というところがポイントです。トレンド的に徐々にゴージとかが上がってきて、ちょっと窮屈な雰囲気があったと思うんですけど、たとえば肩幅も少し出してゆったり感を出したり、Vゾーンに関しても少し広めにとって落ち着いた雰囲気にしています」

干場「確かに、バランスめちゃめちゃいいですね。これだったらデニムにも合うしスーツでもいけますね」


チェスターコート(ダブル)/19万8000円(税抜)

久曽神「こちらはLoro Pianaのイタリア製の生地でカシミヤ100%。今シーズンは少し明るめのグレーの提案をしようと思っています」

干場「めちゃくちゃラグジュアリーですね、こっちも着てみていいですか。あ、いいですね〜。すごいかっこいいこれ」

本格的な英国か、はたまたラグジュアリーなイタリアか。悩ましいところですが、思い切って2着お借りすることに。折角なのでどちらも高橋さんに着てもらいましょう!

干場「何か他にコート以外のオススメってあるんですか?」

久曽神「ちょうど今シーズンからニットストールのオーダーを始めました。剣先がちょっと尖ったタイプのリバーシブルで使えるもので、表と裏どちら側の色も使っていただけます。素材としてはカシミヤが70%、シルクが30%でイタリア製のカリアッジ(Cariaggi Lanificio spa)という高級生地です。形は大、中、小3つのデザインがあります」

久曽神「これは色サンプルなのですが、カラースウォッチだとイメージしづらいので実際ニットの編み地でカラーサンプルを作って、カラートレンドを踏まえながら合計28色選んでいます」

干場「表と裏、両方とも色を選べるんですか?」

久曽神「はい、両方選べます!28色×28色なのでかなりオリジナリティの高い配色を自分で選ぶことができます」

つまり784通りもの配色が選べるということ!これには干場も気絶です。もちろんこのストールも一緒にお借りして、高橋さんにプレゼンすることに。

高橋のオーダー通り、大人っぽくて少しセクシーな色気のあるグレーのコート2着。「どちらもかっこいい!」と高橋も目を輝かせます。まずはシングルチェスターコートから。

高橋「すごくシルエットも綺麗で、ウール感がめちゃくちゃあるんですけど軽いです!」

干場「わりと重いイメージになりやすいヘリンボーン柄なんですけど、これは軽さを意識して作っているので軽やかに着られるんです。jamieson’sという非常に有名なスコットランドのシェットランドウールなので、しなやかでいわゆるイギリスっぽい生地ですね」

高橋「あ、後ろにも何かついてるんですね」

干場「後ろはバックベルトですね。腰の位置がちょっと高くなって足長効果があるんです」

干場「ちなみにお値段は7万8000円(税抜)です」

高橋「え、オーダーでその値段なんですか!?

干場「もちろんオーダーです!だからボタンを変えたりとか、ポケットのこの斜めのスラントポケットも水平にすることもできます。あと丈を長くしたりとか、色々チェンジできますよ」

続いて、2着目のダブルチェスターコートも試着してみます。

干場「今回は高橋さんのオーダーの中にあったセクシーさを、という意味でこの2着目のコートをちょっと着てみてください。どうでしょう?」

高橋「触った感じがすごいです。なんというか、ヌルッとしてる!

干場「ダブルなんですけど、打ち合わせがあんまり深くないんですよ。普通ダブルっていうとガーッと深いんですけど、これはシングルっぽくちょっと合わせが浅いんですね。だから軽快に着られるんです。軽いし、しかもLoro Pianaのイタリア製の生地でカシミヤ100%なので柔らかいんですよ」

高橋「これ、すごいですね!自分から見てもセクシーですし、気絶しますよね。というか今気絶してますもん(笑)」

干場「ちなみにこれも後ろにバックベルトがあって、やっぱり同じように腰位置が高くなって足長効果がありますね。これも同じようにいろいろ色があるので、ボタンの色とか着丈も長くしたりとか、そのへんもオーダーメイドなので自由にカスタマイズできますね」

高橋「僕、あんまりこういう薄めのグレーとか着たことないんですよ」

干場「すごく似合ってますよ。というか僕も欲しいくらいですよ!」

そして最後にこちらの隠し球も!

干場コートを着た時にストールって絶対必需品なんですよね。このストールはカシミヤ70%にシルクを30%混ぜている高級生地なのでこのタッチなんです。これもいろいろな色から2色選べるんですよ。リバーシブルとして使えるので、仕事の時はできる男風にして、会社終わった後にちょっと女性とデートっていう時なんかはこうしてちょっと柔らかい雰囲気にしてみたり…」

高橋「上品な色の組み合わせですね。リバーシブルって個人的に使いにくいイメージがあったんですけど、これなら全然使いやすいですね!」

干場「しかも形が菱形なので中がスッキリするんですよね。珍しい形じゃないですか?」

高橋「確かに、自分の持ってる物だとちょっとかさばったりするイメージがあったんですけど、これは本当に使いやすいですね」

干場のプレゼンの結果、すっかりタカシマヤ スタイルオーダー サロンの秋冬コートとストールに魅了されてしまった高橋。気絶から冷める余韻もなく、早速オーダーをしに干場ともどもTSSへと向かうのでした。

TSSでは、10月2日から22日まで「オーダーコートフェア」と題したイベントも実施中。自分の好みと体型に合った秋冬の相棒を作りに、ぜひお出かけになってはいかがでしょうか?

Video:NMM
Text:M.M

【提供元】
高島屋
http://www.takashimaya.co.jp/store
/special/style_order_salon/

日本橋高島屋S.C. 本館
03-3211-4111(代表)
新宿高島屋
03-5361-1111(代表)
横浜高島屋
045-311-5111(代表)
大阪高島屋
06-6631-1101(代表)
京都高島屋
075-221-8811(代表)

WHAT's NEW

ランキング

HOT TOPICS

?>