FASHION NEWS

【釣りのダイワが手掛けた服!?】素材、機能にこだわったD-VECに注目です!

 
釣り熱急上昇のFORZA編集部のハートをがっちりキャッチ! ユニフォーム化決定です

やって来ました、イタリア・フィレンツェ! 今回は、2020年春夏のファッショントレンドを占うピッティ イマジネ ウォモ96に、こじラグ谷中が参戦。

日本のファッション業界人に突撃してきたインタビューに続いては、各ブースを巡って、その動向をリサーチしていきます。

2日目に訪れたのは、「ディーベック(D-VEC)」。あの釣りのダイワ(DAIWA)が 2017年にデビューさせたファッションブランドで、フィッシング用品の開発で培った技術力を駆使し、都会のアクティビティにも対応できるウェアへと進化させた至極のラインナップを世に送り出しています。

前日に神藤さんとアルノ川に釣りに出掛けていたこともあり、異常なほど釣り熱が上昇しているFORZA編集部には渡りに船。

多少 前のめり気味でアイテムについてのレクチャーを受けてきました。

 

 
 

2020年のテーマは「光と影」。現代のウェアの多くは光を遮る方向に進んでいますが、釣りのときは光をたっぷりと浴びて五感で楽しみたいので、光の存在を肯定したコレクションに仕上がっているとのこと。

釣り用品の開発で得た技術を落とし込んだ素材、そして機能性は目を見張るものがあり、感心の連続! FORZA釣り部のユニフォームにしたくなるようなアイテムも盛りだくさんでした。

こじラグ谷中的には、あそこの2ndをモチーフにしたナイロン素材のジャケットがイチ推しで、清水ダイブ候補リストにメモメモ。

他にも、ビジネスシーンで着られそうなジャケット×パンツやシャツなど、FORZA読者にオススメなアイテムも多く、これらは2020年の年明けごろには店頭やオンラインショップに並ぶと思いますので、ぜひチェックしてみてください。

それでは。次の突撃もお楽しみに〜、チャオ!!

Photo&Video : Naoto Otsubo
Edit: Ryuatro Yanaka

【問い合わせ】
D-VEC TOKYO EXCLUSIVE
03-3405-8855
https://d-vec.jp/



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE