FASHION ― SNAP

【梅雨でも快適なサマーウール】水が滴らなくても艶やかな珠玉のコート

2019.6.30 2019.6.30
2019.6.30

サマーウールを採用していることもあり長く使えるのも嬉しい!

テーラーでのフィッター経験から滲み出る細やかな気配りを生かし、お客様一人ひとりに寄り添った的確な提案が内外からも評判を呼んでいるエストネーション六本木ヒルズ店 シニアセールススペシャリストの深澤由智さん。そんな彼が“梅雨のコートスタイル”としてレコメンドしてくれるのは、サルトリアの国立協会からジュニアマエストロに賞されたルカ グラッシアのコート。  

「ナポリ仕立ての源流とされるサルトリア、ロンドンハウスの黎明期を支えた先代からの技術を受け継ぎながらも、チェザレ・アットリーニの元でさらに感性を磨いたス・ミズーラ工房の三代目、ルカ グラッシアによるコートは着ている本人だけでなく、見ている人さえも興奮させる存在感の一着です。ほとんどの工程が手作業で行われているためお値段は張りますが、サマーウールを採用していることもあり時期的に長く使えるのも嬉しいですね」  

偶然にも創業者と三代目の名前が全く同じ理由は、イタリアの風習により長男へ父親の名を受け継がせることが多いためだそう(ヴィンチェンツォ・アットリーニのように)。

コート 32万円/ルカ グラッシア、ネクタイ 1万6000円/フランコバッシ、シューズ 8万3000円/チャーチ(ともに エストネーション六本木ヒルズ店 0120-503-971)、スーツ/タリアトーレ、シャツ/エリコフォルミコラ、サスペンダー/ブレテッレ&ブレイシーズ(すべて私物)※表示価格は、全て税抜き価格です。
ラペルの返りを眺めているだけで、軽くご飯3杯はイケます
ブレイシーズ(サスペンダー)とタイのマッチングでひっそり遊ぶ
足元には“外交官”の名を持つ、チャーチのディプロマット

Contribution:Yasuharu Imai

Author profile

今井 康晴
今井 康晴
Imai Yasuharu

東京都で唯一“駅”がない武蔵村山市出身。独立後スタイリストと並行し、音楽ライターやファッションサイトの編集、フォトグラファー、またDJとしても活躍の場を広げている。スタイリングとDJの共通項を模索しながら、今もディグに明け暮れる毎日を過ごす1982年生まれ、文化服装学院出身のTK世代。ちなみに在学中の愛読書は“こじラグ谷中”が編集を手掛けていた伝説の雑誌『dish.』である。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.8.19 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO