FASHION ― オトナの”鉄板定番”ベスト200

ゲットすれば気絶する! オトナの”鉄板定番”ベスト200

七つの顔を持つ美脚シルエットなら脱マンネリできます

2019.6.21 2019.6.21
2019.6.21
男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介する当企画。

最近、デニムでワクワクしてますか?

第158回目は、ディーゼルのデニムTHOMMERです。

2万7000円(税抜)/ディーゼル(ディーゼル ジャパン)

いつの時代も欠かせないワードローブであるデニムですが、だからこそ、マンネリ化してしまいがち。そりゃ何年もデニムを履いていれば、自分に似合うシルエットは決まってきますよね。しかし、それでも冒険はしたいもの。そんなワガママを叶えてくれるデニムブランドと言えば、イタリア発のディーゼルでしょう。

同ブランドの定番といえば、登場以来、瞬く間に人気となった「THOMMER(トマー)」シリーズです。やや浅めの股上に、膝から下が程よくテーパードしたスリムなラインは、履く人を選ばない美脚シルエット。スニーカーから革靴まで、何を合わせても様になります。そんな万能選手でありながら、約30種類もバリエーションが用意されているというのだからワクワクしますよね。

今回ご紹介するのは自然な色落ちの「089AR」。さらにハードなダメージが入ったものや、貫禄のあるヒゲを再現したものまで千差万別です。それでいてシルエットは共通しているので、それぞれの個性を気分に合わせて楽しめるというのがポイント。きっと興味を惹かれるに1本に出会えるはずですよ。

これからの季節に履きたいライトカラーのデニムは、よく見れば泥汚れを思わせるダーティーな加工が。腿周りにもさりげなくダメージが入れられるなど、細部まで抜かりがありません。4万8000円(税抜)/ディーゼル(ディーゼル ジャパン)
デニム業界に革命を起こした楽チンデニム、ジョグジーンズに落とし込んだモデル。絶妙なアタリ具合を表現したブラックデニムなら、どんなシーンにもマッチ。もちろん、アクティブな休日にも最適です。3万5000円(税抜)/ディーゼル(ディーゼル ジャパン)

適度に大人なシルエットはゆずれないけど、たまには冒険して色んな味のあるデニムを楽しみたい。そんなときディーゼルなら、業界随一の懐の深さでワガママを受け入れてくれます。今年こそデニムの脱マンネリ、してみませんか?

Photo:Naoto Otsubo
Styling:Takahiro Takashio
Text:Ryo Ishii

【問い合わせ】
ディーゼル ジャパン
0120-55-1978
https://www.diesel.co.jp/

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.9.20 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO