WATCH ― ロック福田のBASEL特集

クロノマット生誕35周年! BREITLING/ブライトリングの日本限定モデルとは?

2019.7.7 2019.7.7
2019.7.7

1月のジュネーブのS.I.H.H.に続き、3月にバーゼルで開催されたBASELWORLDにも行ってきました。FORZA STYLEでBASELWORLDを取材するのは今回が初めて。その様子はS.I.H.H.と同様に、近々にビデオで公開いたします。で、まずは、ダイジェストでのご紹介を。各ブランドの新作のなかから特に選んだモデルをお見せいたします。
 

●第12回:BREITLING/ブライトリング

ブライトリングで毎年いちばん気になるのが日本限定モデル。日本はブライトリングファンが多く、時計を見る目が肥えていることから、日本だけの特別仕様を毎年数モデル制作してくれるのが恒例となっているのです。

今年のその代表が「クロノマット JSP ローマン インデックス リミテッド」。今年はクロノマットの誕生35周年で、これはその記念モデルの第一弾でもあるそう。

伝統のディテールである「ライダータブ」(回転ベゼルの12時、3時、6時、9時の4箇所に付けられたタブ)を復活させたのがファンにはうれしいポイント。日本で人気の高いローマン数字のインデックスも特徴で、ローマンインデックスはレギュラーモデルでは数年前から使用されていない、まさに日本だけの仕様。

などなど、日本限定モデルは特別感が満点で、それだから毎年すぐに売れ切れてしまう。なので気になった方は、ぜひ、お急ぎください。
 

クロノマット JSP ローマン インデックス リミテッド

自動巻き、SSケース&ブレスレット、ケース径44mm、200m防水。日本限定500本。90万円(税抜)

「クロノマット」はイタリア空軍のアクロバット飛行チームの公式腕時計のコンペティションに応募するため、ブライトリングがまったく新しく開発して正規採用となった、真にプロフェッショナルのためのパイロットウォッチ。

この日本限定モデルは名前のとおりに、いまはレギュラーモデルとして生産されていない、ローマン数字インデックスを使用しているのが特別。また、「クロノマット」の開発時に手袋をしたままでも回転ベゼルを操作しやすいよう考案された「ライダータブ」を復活させたのも、古くからのブライトリングファンにはうれしいポイント。

ケースバックをシースルーにしているのも日本だけの特別な仕様で、自社開発・製造クロノグラフムーブメント「キャリバー01」の精緻な機構と美しい仕上げをじっくりと眺めることができるのもファンには大きな魅力です。

【問い合わせ】
ブライトリング・ジャパン
03-3436-0011
https://www.breitling.co.jp

Text:Yutaka Fukuda

Author profile

福田 豊
福田 豊
Fukuda Yutaka

ライター、編集者。1959年東京生まれ。もともとは建築家であったが、ひょんなことから,出版界に移籍。

『エスクァイア日本版』広告営業、編集部の後、いまの稼業へ。『LEON』『MADURO』『ENGINE』『GQ』などの雑誌やwebで、ライフスタイル全般について執筆。Rockと猫が好き。
趣味は「除湿」と「靴磨き」。Instagram:fukuda1959でRock Tシャツの紹介などしてます。ブログ「今日も明日もロックンロール!」を執筆。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.6.20 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO