WATCH ― ロック福田の腕時計特集

最新の自社製ムーブメント、あなたはどれが好き?

2019.1.26 2019.1.26
2019.1.26

人類の英知が詰まっている。そう言っても過言ではありません。

機械式時計が生まれたのは遙か昔の13世紀ごろのこと。ですが、時計はいまだに進化を続けている。設計や制作技術、素材使いなど、あらゆるところが進化し新しくなっているのです。

で、それだから、時計選びも新しさが必要。今日的な新しい視点をもつことが大切なのです。

さて、そこで。いまの時計界の最新のキーワードと、そのキーワードの代表のモデルをご紹介。これを参考にすれば、きっと最先端の時計を手に入れ楽しむことができます。

【最新の自社製ムーブメント、3選】

時計の心臓部であるムーブメントを自社で開発・製造することは、ブランドの技術力や創造力を表す、すなわちブランドにとっての最高の自己表現。そのため「自社製ムーブメント」は、常に時計界での最重要のキーワードです。

ここでご紹介するのは、近年に発表された自社製ムーブメント搭載の3モデル。

ヴァシュロン・コンスタンタンとボーム&メルシエは、どちらも2018年に誕生したモデル。中3針のシンプル機構のベーシックなムーブメントであるのが注目点です。

というのも、シンプル機構のベーシックムーブメントは、カレンダーやGMTなど付加機能をプラスし拡張することのできる、文字どおりのベースとなるもの。よってベーシックムーブメントの新開発は、ブランドの実力や魅力を拡大する大きな要因になる。そこが注目すべきところなのです。

フレデリック・コンスタントは2017年に誕生したモデル。シンプル機構ではなく、クロノグラフです。

ですがクロノグラフも、永久カレンダーを付加するなど、超複雑機構のベースとされることが多いもの。また、クロノグラフは開発が難しい、というのも特筆点です。

実は、トゥールビヨンを自社開発できる名門でも、自社製クロノグラフはもっていないブランドが少なくない。だからクロノグラフを自社開発・製造するのは、素晴らしい自己表現になる。そこがこのモデルの大きな魅力で見どころなのです。

 

VACHERON CONSTANTIN
ヴァシュロン・コンスタンタン

フィフティーシックス・オートマティック


自動巻き、SSケース、ケース径40mm、アリゲーターストラップ、3気圧防水。128万円(ヴァシュロン・コンスタンタン)

2018年に誕生した、まったく新しいコレクション。1956年に発表されたアイコニックピースをモチーフにしたことから「フィフティーシックス」と命名。ボックス型風防など1950年代テイストのレトロモダンなデザインが独特の魅力です。

また、ヴァシュロン・コンスタンタンのクラシックモデルでは異例といえるステンレススティールケースをラインナップするのも大きな特徴。これはその最ベーシックで、新開発のベーシックムーブメントを搭載。正統のドレスウォッチとしてはもちろん、スポーティーにも着けこなせる、新しい「定番」です。

【問い合わせ】
ヴァシュロン・コンスタンタン
0120-63-1755

 

BAUME & MERCIER
ボーム&メルシエ

クリフトン ボーマティック™


自動巻き、SSケース、ケース径40mm、アリゲーターストラップ、5気圧防水。30万5000円(ボーム&メルシエ)

「クリフトン ボーマティック™」も2018年に発表された、まったく新しいコレクション。最大の特徴はブランド初の自社製ムーブメントを搭載すること。また、同ムーブメントは、作動時間、精度、耐磁性、耐久性、という日常使用での重視点に着目し開発されたのが特徴。

ヒゲゼンマイ、アンクル、ガンギ車をシリコン製にするなどにより、1500ガウスの高耐磁性、5日巻きロングパワーリザーブ、日差-4~+6秒の高精度、メンテナンス頻度の軽減、といった優れた実用性を実現。そしてそんな高性能でこの価格というのも素晴らしい。ちょっとほかにない大きな魅力です。

【問い合わせ】
ボーム&メルシエ
03-4461-8030

 

FREDERIQUE CONSTANT
フレデリック・コンスタント

フライバック クロノグラフ マニュファクチュール


自動巻き、SSケース、ケース径42mm、アリゲーターストラップ、5気圧防水。49万6000円(フレデリック・コンスタント 相談室)

「Accessible Luxury=手の届くラグジュアリー」を哲学に、スイスの高品質な本格機械式時計を身近な価格で提供するブランドとして1988年に創業。2004年に自社製ムーブメントを開発しマニュファクチュールの仲間入りをした。さらに2008年に超複雑機構のトゥールビヨンを、2016年にやはり超複雑機構の永久カレンダーを開発。そして2017年にこのフライバッククロノグラフを開発。

本文中に述べたように、クロノグラフの自社開発は優れた時計ブランドである証。また、その高性能をこの価格で実現したのが、まさに「手の届くラグジュアリー」で素晴らしいのです。

【問い合わせ】
フレデリック・コンスタント
0570-03-1988

Text:Yutaka Fukuda

Author profile

福田 豊
福田 豊
Fukuda Yutaka

ライター、編集者。1959年東京生まれ。もともとは建築家であったが、ひょんなことから,出版界に移籍。

『エスクァイア日本版』広告営業、編集部の後、いまの稼業へ。『LEON』『MADURO』『ENGINE』『GQ』などの雑誌やwebで、ライフスタイル全般について執筆。Rockと猫が好き。
趣味は「除湿」と「靴磨き」。Instagram:fukuda1959でRock Tシャツの紹介などしてます。ブログ「今日も明日もロックンロール!」を執筆。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 信頼を得られる、新しいスーツ #挑戦者のスーツ INDEX 2018.10.9 update
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2019.1.21 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO