FASHION SNAP

二面性のある紫は、配色のバランスがとにかく重要なんです!

小林順平さん
ビームス プレス
 
クラシックな着こなしに見え隠れする、内面の色気や遊び心
 
セレクトショップの雄である、ビームスのプレスとして時流を読み取ったスタイリング提案を心掛けているという小林さん。そんな彼が “秋のスーツスタイル”としてレコメンドしてくれるのは、ピークドラペルやチェンジポケットといったクラシックディテールを用いながらも、美しいシルエットが魅力的なブリッラ ペル イル グストのスーツ。
 
「秋の代表カラーであるブラウンといえば、ブルーを合わせる“アズーロ・エ・マローネ”を思い浮かべますが、今季は流行の英国調に倣い“ロイヤルパープル”を組み込んだコーディネートがイチオシです。(日本でも冠位十二階で最上位とされた)紫は高貴なカラーリングですが、あまりにも割合が増えてしまうと逆のイメージに見えてしまう二面性も持ち合わせているので、タイの柄やクレリックシャツなどで配色のバランスを取ると、すんなりと決まりますよ」。
 
パープルは派手? いや、意外と地味(ジミ)です。
スーツ 9万円/ブリッラ ペル イル グスト、シャツ 2万8,000円/バルバ、シューズ 10万5,000円/エンツォ ボナフェ、ネクタイ 1万6,000円/ホリデー&ブラウン、ベルト 1万円/ビームスF(すべてビームスF 03-3470-3946)※表示価格は、全て税抜き価格です。
ディープなパープルでバーンいこうぜ
キャバルリー・ツイル独特のハリやコシに加え、上品な光沢が魅力の一着
ちなみにキャバルリー・ツイルの別名はトリコチン。虜になること間違いなし
エンツォ ボナフェのシングルモンク

Contribution:Yasuharu Imai

 



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE