FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION SNAP

【柄&柄はどうやって着こなす?】“英国風クラシカル”の名手が伝授

阿部幸司さん
ザ ソブリンハウス セールスパーソン

ソブリンハウス流の色×柄スタイル

派手なゴールドのアイテムや柄物を積極的に取り入れつつも、見事な配色・配分でキチッと上品に仕上げるセールスパーソンの阿部さん。そんな彼が“秋のジャケットスタイル”としてレコメンドしてくれるのは、ピークドラペルのジャケットに、ブラックウォッチのパンツを合わせた英国風なクラシカル スタイル。

 
「2つボタンのピークドラペルに合わせたブラックウォッチ柄(※タータンチェックのひとつである)パンツは、サイドアジャスター仕様のベルトレスタイプのため、ブレイシーズ(サスペンダー)をそのままの流れで組み込み、今季流行している英国調に仕上げています。また、合わせたネクタイもイギリス発祥のペイズリーにし、全体のイメージを統一させていますが、今回のように柄×柄を合わせる際はなるべく互いの配色がぶつからないよう色を微調整し、出来るだけ馴染ませています」。
 
タイとチーフは別ブランドだそうですが、このシンクロ具合はまさにアーティスティック。
パンツ 5万8,000円/ロータ、シャツ 2万円/ソブリン、ネクタイ 1万6,000円/フランコバッシ、チーフ 6,000円/フラテッリ ルイージ、タイバー 1万1,000円/ルイ ファグラン(すべてザ ソブリンハウス 03-6212-2150)、ジャケット/ソブリン、シューズ/ジョン ロブ(ともに私物)※表示価格は、全て税抜き価格です。
ネクタイの立体感はディンプルだけでなくタイバーの位置も重要
タイとチーフの組み合わせ、このまま真似したい!
チラっと見えるか見えないかなブレイシーズの挿し色具合、絶妙です
栄光トラッドの代表とも言えるタータンチェック、ブラックウォッチ
ジョン ロブのネイビーが放つ色気ったら

Contribution:Yasuharu Imai



記事をクリップ

無料会員をしていただくと、
記事をクリップできます

新規会員登録

TAGS


連載 SNAP

連載をクリップ

カテゴリー FASHION


COMMENT

ログインするとコメントを投稿できます。

あなたにオススメ

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE