FASHION ― NEWS

アスペジの進化する定番「M-65 ジャケット」の魅力とは?【PR】

2018.10.19 2018.10.19
2018.10.19

30年以上も売れ続けているロングセラーの秘密に迫る!

sponsored by FIGO

肌寒くなるこの季節。気軽に羽織れるミリタリージャケットが恋しくなる方が多いかと思う。ただし、お気に入りの1着だからと言って、手持ちの服を毎年楽しんで着られるとは限らない。

第一に、ファッションを意識して着こなすのなら、最低限のトレンドと向き合う必要がある。オーバーサイズ全盛の今、タイトすぎるトップスだと微妙に映ることもあるだろうし、サイズ感には多少なりとも気を配りたいところだ。

いつの時代も変わりなく、流行を度外視するのはナンセンスであるだろうし、やはりファッションにはその時々の「気分」が欠かせない。

そんなファッションの本質を見事に突いた人気ブランドがある。そう、お馴染みのASPESI(アスペジ)である。

1986年から展開しているM-65 タイプジャケットは、いわゆるロングセラーを地で行く、“名品の名品”として安定した人気を誇っている。

1986年から30年以上もの間、アスペジのM-65が売れ続けている理由。それはひとえに“絶妙なアレンジ力”にある。

1986年登場の1stモデルをアレンジした最新作
フィールドジャケット「NEW FIELD JKT」 7万8000円(税抜)

イタリアのブランドらしい身体にフィットするパターンメイキング。近年、アスペジのM-65が絶大な支持を集めている理由は、ここにある。

ところが、今季は打って変わって、オリジナルのM-65により近いシルエットを採用したモデルを展開。これはいい意味で“期待を裏切る提案”だと言っても過言ではない。

実はこちらのジャケットは、1986年秋冬に初登場したオリジン的モデルからスタイルを踏襲したもの。オーソドックスなデザインと現代的なディテール・素材をうまく掛け合わせている。また、“サイズバランス”という意味でも、今のトレンドを的確に捉えていることも特筆すべき点だ。

スペックに関しても、日常生活で着用することを前提に、撥水性のある機能素材を使うなどして徹底的にこだわり抜かれている。

タイトフィットの定番スタイルも見逃せない!

新型のシルエットと並行して、近年人気が定着しているタイトフィットのM-65も健在。素材の持ち味に合わせた“色使い”にも目を向けたい。言うまでもなく、ここでの正解はない。今季展開する3型の選りすぐりのフィールドジャケットの中から自分らしい1着をを選んでいただきたい。

ポリエステル65%×ナイロン35%の混紡素材を使用した「MINIFIELD RFD VEST」。製品染めのため、独特のアタリやこなれた感が楽しめる。9万8000円(税抜)
こちらのネイビーのジャケット「MINIFIELD WOOLVENTO」では、アスペジの定番素材である、撥水性のある高密度ナイロンを使用している。5万9000円(税抜)
実際に着比べてみるとシルエットや素材の違いがよくわかる。そこには三者三様の魅力がある。

Photo: Masataka Nishi
Text: Tsuneyuki Tokano

ASPESI Outer Fair
フェア期間中、アスペジのアウターをお買い上げいただいただいた方に、特製ノベルティをプレゼントいたします。
※ノベルティは数に限りがあるため、なくなり次第終了となります

会期:10月28日(日)まで
開催店舗:アスペジ六本木店、アスペジ名古屋店、アスペジ神戸店、アスペジ広島店、アスペジ小倉井筒屋店

会期:10月26日(金)~11月4日(日)
開催店舗:ラ ガゼッタ 1987 青山店、ラ ガゼッタ 1987 松屋銀座店、ラ ガゼッタ 1987 オンラインストア

【問い合わせ】
アスペジ 六本木店
03-5413-5699
La Gazzetta 1987 Online store

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 信頼を得られる、新しいスーツ #挑戦者のスーツ INDEX 2018.10.9 update
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.10.15 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO