TOP > NEWS
CAR

【100万台突破】ポルシェ911 記念車にあなたも乗れる?

2017.5.22
2017.5.22

初代にオマージュを! 100万台目の911とは?

ポルシェといえば911。欧米なら❝The 911❞といったところでしょうが、弟分の718が好評を博しても、依然として911がスポーツカーのアイコンであることに変わりはありません。

初代モデルは1963年に発売開始。そして時は流れて2017年5月11日、ついに100万台目の911がラインオフ! この記念すべき1台はRRのカレラS(MT)をベースに、歴史へのオマージュを込めて幾つかのアイディアを具現化したモデルです。というのも、いくらコンフィギュレーターを駆使しても、この特別な1台と同じ仕様の911は作れないのです。

さて、どこが特別なのか? まず目を引くのがスペシャルなボディカラーの「アイリッシュグリーン」です。そういえばこの色、通称ナローと呼ばれている1973年までの911シリーズでよく見たボディカラーであり、リヤフードを飾るゴールドの車名エンブレムも356からの伝統的手法です。ちなみにホイールは718に設定されるオプションの20インチ・カレラ・スポーツホイール。

監査役会会長 Dr.ヴォルフガン・ポルシェ
拡大画像表示

インテリアはクロームのメーターリング、シートの座面と背面テキスタイルなど、今風にいえばレトロモダンな組み合わせです。過去のモデルを思い浮かべれば、きっと何処かで見た印象があると思いますが、こんな部分も911のクラシックな魅力かも知れません。

この記念すべきモデルはプロモーションで世界をまわった後、ミュージアムで展示・保管されます。日本にも来るのかスケジュールは不明ですが、イチバン気になるのは、❝もしもこの100万台記念車と同じ仕様が欲しくなったら・・・・・・❞ということ。

現状のオプションメニューでは作れない仕様であることは先に触れましたが、そこで輸入元であるポルシェジャパンに聞いてみました。

「ポルシェにはビスポークで仕立てる❝ Exclusive❞というプログラムがあるのですが、そのなかでどこまで対応できるのか、本国に問い合わせることになります」とのこと。ただし、金額も問い合わせなとわからないそうですが、少なくとも自分だけの1台を作れることは間違いありません。

これから911を発注する方はボディカラーだけでもスペシャルオーダーすると、かなり満足度は高いはず。歴代モデルで選ぶなら、ベージュ・グレイやオリーブ、アルバート・ブルーなんてボディカラーもオトナのゆとりを感じさせることでしょう。

ベースモデルの参考価格:911カレラS(MT)/1519万円

Text:Seiichi Norishige

ポルシェ ジャパン
0120-846-911(ポルシェ カスタマーケアセンター)

■The one-millionth 911 rolls off the production line – Behind The Scenes.

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2017.9.19 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO