TOP > NEWS
CAR

【アドレナリン噴出】BMW 新型M4の走りとは?

2017.5.11
2017.5.11

悩ましき限定車の誘惑!

BMWから新型4シリーズと3シリーズが発売されました。今さら言うまでもなく、ボディ形状は4が2ドアクーペ、3が4ドアセダンです。車格、ボディサイズとも申し分なく、たとえエントリーモデルが充実しても、ライフスタイルカーとしてこのクラスがベンチマークであることに変わりはありません。

通常のラインナップはひとまず置いておくとして、クルマ好きが気になるのは飛び切りスポーティなMシリーズの存在です。そこで先の上海モーターショーでワールド・プレミアされた世界限定車「M4CS」をご紹介。既に受注を開始しましたのでMファンは決断を急いだほうがいいでしょう。

日本限定60台というこのモデル、リアシートを生かしたまま(つまり4人乗り)サーキット走行に対応したハイスペックエンジンと強化シャーシがポイントになります。実は今回のMシリーズ、通常モデルとしてコンペティションとスタンダードの2グレードが用意されているのですが、❝CS❞はさらに強靭なパワーユニットを搭載しています。

限定車のCSは3リッターとエンジンの排気量こそ変わりませんが、コンペティションより7kw(10ps)アップの最高出力338kW (460ps)/6250rpm、最大トルクは50Nm増して600Nm/4000-5380rpmを発生します。0-100km/h加速はFRながら3.9秒という俊足ぶり(欧州仕様測定値)。ターボの設定は当然、異なります。

ちなみにスタンダードのM4&M3のパワースペックは最高出力317kW(431ps)/7300rpm、最大トルク550Nm/1850-5500rpm。注目していただきたいのはその発生回転数です。

サスペンションはダンパーの設定が異なるアダプティブMサスペンションを採用。各種電子デバイスの介入もスポーツドライビングの楽しさを妨げない設定とのアナウンス。

エクステリアはブラックアウトされたキドニーグリル、CFRP製の軽量フロントスプリッターやリアスポイラー、ディフュザーでかなりの迫力であり、このモデルのキャラクターを主張しています。インテリアも専用装備のオンパレードでさらに魅力アップ。まさしく限定車にふさわしいスパルタンな仕上がりとなります。

コンペティションとの価格差は319万円とかなり開きはありますが、もしもご予算が許すならお買上げなモデルであることは間違いなさそうです。

Text:Seiichi Norishige

価格:BMW M4CS /1598万円

BMW
0120-269-437(カスタマー・インタラクション・センター)

■The all-new BMW M4 CS - the art of dynamic supremacy.
 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2017.9.19 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO