FASHION ― エコラグ

干場の究極ワードローブ! キーワードは"エコラグ"

第141回 ブリッラ ペル イル グストのチェスターフィールドコート

2016.12.25
2016.12.25

色気がありすぎて 自分には早いと封印

ブリッラ ペル イル グストは、18歳のときにビームスのアルバイトをしていた当時の先輩、無藤和彦さんがディレクターを務めるビームスのオリジナルレーベルです。ビームスの中では珍しく、お洒落を前面に出さずに、控えめで、色っぽくて、大人っぽい。若いころからお世話になっている無藤さんがやっているレーベルというのもありますが、立ち上げのときから注目していたんですよね。そういえば、『LEON』創刊時も、無藤さんにはいろいろと相談に乗ってもらっていたなあ。

チェスター好きを自認し、何十着と持っているチェスターフィールドコートの中で、いちばん色気があるのがこの一着。オフホワイトのコートなんて、普通の感覚だとまず買わないですよね。秋口しか着られないし、汚れやすいですし。でも、そんなことを凌駕する魅力がこのコートにはあるんです。なにかと聞かれると、すごく難しいんですけど、一枚仕立てで、手触りはめちゃくちゃソフト。触った瞬間、たいていの人が驚きます。

ただ、10年くらい前に買ったのに、いまだどうすれば上手に着こなせるかわからないでいます。コーディネイトが難しいというか、自分の中では謎だらけでして……。でも、イメージはあるんです。理想は60歳ぐらいの年齢になって、フィレンツェの名店、タイ・ユア・タイの創始者のフランコ・ミヌッチさんみたいに、人間としての味わい深さ(これがいちばん難しい!)が出てきたら、中にグレースーツに白のシャツを着て、足元は茶色のスリッポンというコーディネイトがしたいと思っています。

でもですよ、これは今の僕にはちょっとまだ早いかなと……。素材に艶がある分、ある程度の年齢を重ねていないとバランスが悪いように気がするんですよね。きっと今、着てしまうと自分がこのコートに負けちゃうんですよね。だから、白髪も重要です。ロマンスグレーのヘアスタイルにオフホワイトのチェスターフィールドコートだなんて、考えただけでシビれますよ。やっぱり年齢によって似合うものと似合わないものがありますから、これは似合うようになるまでとっておきます。

味わい深い60歳になれるように、これからも精進していきます!

Photo:Ikuo Kubota(owl)
Text:FORZA STYLE

エコラグ-Hoshipedia
「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 必ず「イエス」と言わせるクリスマスジュエリーとは? サトシーノのプロポーズ大作戦 |【PR】 2017.11.27 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2017.9.19 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO

?>