Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
WOMAN

美人ネイリストが教える「好感度UPなオトコの爪」とは?
VOL.20 教えて、お姉様

2016.11.2
Page 1/2
2016.11.2

爪が長い男性は要注意

干場編集長のように、バランス感覚があって、本質を理解するスマフォー(スマートな40代)になるべく、日々オトコの道を追及し続ける編集部員、ナオキーノ。「女性の本音」から「オトコの本質」を学んでいきます(先輩のサトシーノからバトンタッチ)。今回のお姉さまは、青山でネイルサロンを経営する山田英恵さんです。女性から見た男性のNGな爪やその改善方法、日頃のケアの仕方について聞いてきました。

ナオキーノ:今日はよろしくお願いします。

山田さん:よろしくお願いします。早速ですが、ナオキーノさんはネイルサロンで爪のケアなどしたことはありますか?

ネイルサロンに通う男性の意外な特徴とは?

ナオキーノ:ないです。男性が行く場所だと思っていなかったので、考えたこともなかったです。最近ではネイルサロンに通う男性も多いと聞きますが、どんな方が多いんですか? やっぱり乙女な男性が多いんですか?

女の園というイメージがあるネイルサロン。道場破りの気持ちで訪れると……。

山田さん逆です。男らしい方が多いですね。ホントに様々です。不動産関係の方もいるし、金融の方とか・・・。あ、でも結婚されている方が多いんですよ。奥さんがキレイになってるのを見て、どんなものかなと思ったとか。あとは、スポーツ選手やアーティストさんとか。楽器使う方は弦で爪が痛むんですよ。野球選手も爪が剥がれたりとか、サッカー選手も足の爪が割れたりとか、補強とかで来られる方がたくさんいます。あと、巻き爪矯正とかもしているので、ご年配の方もきますよ。

ナオキーノ:ホントに様々ですね。ビックリしました。山田さんは、どうしてネイリストになろうと思ったんですか?

山田さん私がネイリストになったきっかけは、指にコンプレックスがあったからです。電車のつり革も持ちたくないくらい。手元って一番自分の視界に入るじゃないですか? 仕事してても日常生活でも。その時自分の指先がキレイだと、癒しにもなったり自信にも繋がったりするっていう精神的なものがきっかけです。

ナオキーノ:コンプレックスがきっかけだったんですね。

山田さん:そうなんです。早速ですが始めていきます。まずは温かいお湯に爪をつけて柔らかくしていきますね。

ナオキーノ:まずは柔らかくするんですね?

山田さん:はい。爪が硬いままでケアしていくと二枚爪の原因になったりするので、ダメージが少なくなるように柔らかくしてから整えていきます。今塗ってるのが爪の周りの固くなった皮膚、甘皮と言われている皮膚をやわらかくするオイルです。というか、爪キレイですね。

ナオキーノ:ありがとうございます。料理人をやっていたので手元はいつもケアしていました。自宅で爪のケアする時のコツはあるんですか?

STEP1.まずは専用の容器で爪を温めて柔らかくします。

山田さん:普段自宅でケアする時も、こうやってちょっと温めてからの方が、皮膚や爪が柔らかくなるのでケアしやすいですね。なのでお風呂上りとかに爪を切る方がダメージも少なくていいですよ。では、爪を整えていきます。本来なら、爪を切る作業から始めますが、ナオキーノさんは爪が短いのでヤスリで整える作業から始めます。

ナオキーノ:ヤスリを使って整えるんですね。どのくらいの長さまで整えればいいんですか?

STEP2.爪を切った後、ヤスリを使って長さを整えます。

山田さん:基本的に男性は爪の白い部分が見えないくらいまで整える方が多いですね。自宅でケアするのであれば、こういった紙製のヤスリですと消耗してしまうので、半永久的に使えるガラス製のヤスリがオススメですよ。

STEP3.専用の道具で余分な甘皮を押し上げて輪郭を大きくします。

ナオキーノ:へぇー。ガラス製のヤスリがあるんですね。これは甘皮を押し上げているんですか?

山田さん:はい。こうすると爪の輪郭がはっきりして大きく見えるんですよ。

ナオキーノ:自宅にこの専用道具がない場合はどうしたらいいですか?

STEP4.専用の道具がない場合、ガーゼを使って甘皮のケアをします。

山田さん:専用道具がなくてもできます。こうやってお風呂上りに、ガーゼとか柔らかいものをお湯につけて指の周りをクルクルするだけで簡単に甘皮を処理することができるんですよ。

ナオキーノ:え? クルクルするだけでいいんですか? 簡単ですね。

山田さん:ガーゼでクルクルするだけで、余分な皮が取れたりするんです。ささくれがある人は特にかわりますよ。

ナオキーノ:これからの時期にはいいですね。ささくれって痛いし気になっちゃいますもんね。爪はどれくらいの感覚でケアすればいいですか?

山田さん:ささくれも日頃のケアでだいぶ変わります。男性って自宅でこまめに爪のケアする方ってほとんどいないんですよ。爪を切るペースってどれくらいですか?

ナオキーノ:週1くらいですかね。

山田さん:でしたら、そのついででいいと思います。爪を切ろうと思った時に、お風呂上りにしようと意識するだけでも変わってくると思います。ネイルサロンでケアされている方でも、2週間に1回くらいのペースでケアしています。

STEP5.専用の道具で押し上げた甘皮を切り取ります。

ナオキーノ:意識することが大事なんですね。これは何をされているんですか?

山田さん:さっき押し上げた余分な甘皮をカットしてます。こういった自宅でケアができるアイテムは100円ショップにあるので便利ですよ。

女性がもっとも嫌うオトコの爪とは?

ナオキーノ:へぇー。それはいいですね。ところで、男性の爪でこれはダメだなって思うことありますか?

山田さん:男性の爪で一番ダメなのは・・・。爪が伸びていることですね。何よりも。何よりも。何よりもダメ。

ナオキーノ:3回も・・・。爪は伸ばすなってことですね。爪の中が黒いのは論外ですか?

山田さん:論外です。だって・・・。ね。最低限の身だしなみですよ。鼻毛がでてるのと一緒だと思います(笑)。

ナオキーノ:名言(笑)。爪が長いのは、鼻毛を出して歩いてるのと一緒なのか。世の男性がひっくり返りますね。

Page 1/2

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP