Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
FASHION

干場の究極ワードローブ! キーワードは“エコラグ”
第66回 カスタムテーラービームスのオーダースーツ

2016.3.29
2016.3.29

控えめでいて個性的な 世界基準の勝負スーツ

学生時代に販売員のアルバイトしていたこともあり、これまでビームスのスーツは何十着と袖を通してきました。そんななか、ここ10年ぐらいずっと気に入って着ているのがこのストライプスーツです。

こちらはシャツをはじめ、スーツやジャケット、コートなどを、それぞれの好みや体型に合わせてつくれるオーダーメイドセクションのカスタムテーラービームスで仕立てた一着。スーツ生地は約800種類、ジャケット生地は約400種類から選ぶことができて、納期は約3〜4週間と、オーダーメイドを気軽に楽しむことができます。しかもプライスはアンダー20万円から。この価格とスピーディな仕上がりは、長年の企業努力の賜物といえるでしょう。

僕が選んだ生地は、英・ヨークシャー地方に位置し、スキャバルグループの一員でもある高級毛織物メーカーのバウラー・ローバックのもの。カシミアのなかでも希少な長い産毛を紡績しているため、ウールのようなしっかりとした重さがありながら、かつカシミア特有の自然な光沢と肌触りを特徴としています。

ネイビー地にうっすらと上品なグレーストライプが入っているのもポイント。控えめでいて、しっかりと個性をアピールしてくれます。デザインは極めてオーソドックスな段返り3ボタン、ナチュラルショルダーのタイプ。スラックスは腰周りに少し余裕がある1プリープのモデルを選びました。

ビジネスシーンはもちろんですが、光沢のあるネクタイを合わせれば、ちょっとしたパーティに出席することも可能。スーツにおいては、トレンドを追うよりも自分の体にきちんとフィットしたものを着ることのほうが大切です。突飛なデザインは、常識を疑われますじから。

上質な素材を用いたオーソドックスなスーツを基本に、そのときどきの気分はVゾーンや小物で楽しむ。それこそ長年、着ることができる世界基準のスーツだと思うのです。

Photo:Ikuo Kubota(owl)
Text:FORZA STYLE

エコラグ-Hoshipedia
「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP