Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
FASHION

干場の究極ワードローブ! キーワードは“エコラグ”
第65回 ザノーネのポロシャツ&コットンセーター

2016.3.24
2016.3.24

毎年買い足したくなる普遍的なコレクションです

イタリアならではのシンプルで美しいデザインに魅せられ、長年大ファンなのがこのザノーネです。1986年の創業以来、モダンかつ革新的なアプローチで高品質なニットウェアのコレクションを次々と世に送り出してきました。

現在は、究極のパンツを追求するインコテックスや洗練されたシャツをつくるグランシャツ、都会的なアウターで知られるモンテドーロとともにスローウエアグループを形成しており、その誠実なモノづくりは世界中で高く評価されています。

ちなみにスローウエアグループとは、“それぞれの専門分野で最良のモノを創る”という哲学のもと集まった4ブランドのグループ名。ファストファッションの対極にある、トレンドに左右されずに長く愛される商品づくりを志向する集団です。それゆえ、シーズンごとに奇をてらったモノをつくるのではなく、2年3年と着ても流行遅れにならない、一昨年買ったモノと今年買ったモノがすんなり組み合わせられるのも魅力です。

前置きが長くなってしまいましたが、ザノーネのなかでが気に入っているはこのふたつ。ポロシャツは、ザノーネのエクスクルーシブ素材である100%コットン糸を強く撚った「アイスコットン」を使い、その名の通り、ひんやりとサラサラとした肌触りが特徴です。一方のクルーネックセーターは、ボディに寄り添うようなスリムなフィッティングで、モダンに見えるのが気に入っています。こちらもコットンの強撚糸を用いていて、ポロシャツ同様、サラリとしたドライタッチな肌触りが魅力となっています。

ザノーネのニットウェアは、一見とてもシンプルのようですが、実は手が込んでいて、その着心地のよさやシルエットの美しさにいつも感服してしまいます。このふたつはまさにそんなザノーネの魅力を堪能できるアイテム。どちらも高温多湿な日本の夏にぴったりなので、毎年必ず買い足して着ています。

Photo:Ikuo Kubota(owl)
Text:FORZA STYLE

エコラグ-Hoshipedia
「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP