Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
FASHION

干場の究極ワードローブ! キーワードは“エコラグ”
第64回 ナッソーのソックス

2016.3.22
2016.3.22

清潔感をキープするため消耗品はまとめ買い

腕時計や靴といった長く使えるモノには投資を惜しまない半面、いつでも真っ白のまま着たいホワイトシャツやソックスなどの消耗品は、コストパフォーマンスを重視して選ぶのが僕のスタイル。いくら高額のモノであっても、黄ばんだシャツやくたびれたソックスでは、すべてが台なしです。フォルツァ世代の男性は、なによりも清潔感が大切。そうした考えが「エコラグ」の大きな柱となっているのです。

あと、これらの消耗品は絶対に必要になります。お気に入りを見つけたら、買い足そうと思ったら品切れだった、なんてことにならないように普段からまとめ買いしておきましょう。

以上の理由から、僕が長年、愛用しているのがナッソーの定番リブ編みソックスです。ナッソーは最高級の天然素材を用いて、日本のトップレベルの技術で一点一点丁寧に編み上げたクオリティの高い商品を提供している国内生産のソックスブランド。左のロングホーズが各1800円、右のショートソックスが各1300円と、コストパフォーマンスは抜群です。

素材は、シルケット加工で上品な光沢を加えた高品質なコットンを使用。耐久性にも優れていて、洗濯してすぐにヨレるなんてことはありません。履き口のゴム部分には、適度なテンションをもたせるために天然ゴムを採用。土踏まず部分がアールのついた設計になっていて、足裏にやさしくフィットします。さらに、つま先部分は手作業で編み上げられており、ゴロつきによる不快感もまったくなし。気持ちいいので、結果的にこればっかり履いています。

僕はスーツやスラックスの色に合わせて、黒、グレー、ネイビーを常にストックしています。特にロングホーズは絶対に切らさない。すね毛が見えるのは紳士失格ですからね。

最後に、耐久性に優れるとはいえ、消耗品ゆえ必ずくたびれる日は来ます。そんな兆候が表れたら、迷わず靴磨き用の布にでもしてしまいましょう。この潔さも「エコラグ」においては大事なんです(笑)。

Photo:Ikuo Kubota(owl)
Text:FORZA STYLE

エコラグ-Hoshipedia
「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。
 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP