FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
CAR 得するクルマ生活

2022年に売れた輸入車はどれ?ベスト10を発表!

安全装備や自動運転でますます高額化している現代のクルマ。上手に購入する方法は? さらに、所有してからも様々なトラブルやアクシデントが起きるのがカーライフ。それら障害を難なくこなし、より楽しくお得にクルマと付き合う方法を自動車ジャーナリスト吉川賢一がお伝えします。

2022年も、残すところあと2ヶ月ほど。多くの新型車が登場した一方で、コロナ禍の影響で、車両生産が困難となり、供給が大幅に遅れる事態が続いた一年でした。輸入車も状況は同じですが、2022年はコンパクトカーやスポーツカー、大型SUV、PHEV、バッテリーEVといった話題性の高いモデルが、続々と投入されました。2021年度の年間輸入車販売台数のチャンピオンは、BMW MINIの「MINIシリーズ」でしたが、はたして2022年度(2022年4~9月)は変化があるのか? 輸入車販売台数ベスト5をご紹介しましょう。

 

■5位 ボルボ 60 シリーズ (3852台)

第5位は、ボルボのミドルクラスに位置する「60シリーズ」です。60シリーズには、セダンの「S60」、ワゴンの「V60」、そしてSUVの「XC60」の3つの車型があり、現行型のパワートレインは、48V ハイブリッドを搭載したガソリンハイブリッドの「B4」(XC60は「B5」)と、Rechargeプラグインハイブリッドの「T6」(AWDのみ)の、2つのパワートレインが用意されています。デビュー当時はディーゼルターボもありましたが、「2030年までに全車EV化」に先駆けて廃止となりました。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
ボルボのミドルクラスを支える「V60」。伝統的なステーションワゴンスタイルやセダン、そしてSUVのXC60をラインナップ、2022年上半期ランキングで5位に入賞となった

最大の魅力は、「スカンジナビアン・デザイン」と称される、デザインの質感の高さ。ドイツ車やアメ車とは違う、落ち着いた雰囲気のインテリアは、一度は所有してみたいと感じるクオリティです。対象的に、Google を搭載した最新鋭のインフォテイメントも搭載しており、新旧を織り交ぜた、独特な雰囲気をもつブランドです。

 

■4位 フォルクスワーゲン T-Cross (3853台)

4位には、フォルクスワーゲンの小型クロスオーバーSUV「T-Cross」がランクインしました。コンサバな雰囲気が強かったフォルクスワーゲンですが、T-CrossやT-Rocからボディカラーを一新、ビビッドなオレンジや明るいグリーンなどを使い、チャレンジングなデザインとなりました。ダッシュボードなどにもカラーを取り込み、内装もオシャレな雰囲気が漂います。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
2022年度上半期(4-9月)の4位にランクインしたT-Cross。VWラインアップの「末っ子」に位置するコンパクトSUV。外見によらず車内空間が広いので、VW自身、「余裕の大きなコンパクトSUV」と呼んでいる

パワートレインは、排気量1.0Lの TSIエンジンと7速DSGを採用。軽いボディをグイグイと加速します。位置づけはポロのSUV版ですので、ボディサイズは小さいのですが、車内は思いのほか広く、実用性も十分。ちなみに2021年の輸入車SUVランキングで1位を達成しています。ボディサイズもコンパクトで、日本国内での使い勝手がよいことが、人気の理由の一つでしょう。

 

■3位 フォルクスワーゲン ゴルフ (4753台)

フォルクスワーゲンの代名詞「ゴルフ」が3位にランクインしました。初代モデルが誕生したのは1974年、使いやすさを追求し、ハッチバックスタイルの理想形として進化を続けています。また、クルマの品質や機能、走りを犠牲にせず、しかも低コストで丁寧な作りこみがなされてきたことで、いまや世界中のメーカーからベンチマークされている名車です。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
写真は上級グレードの「R-Line」。専用バンパーや5ダブルスポーク17インチホイール、足回りは専用スポーツサスペンションを装着。ファブリック&マイクロフリーストップスポーツシート、レザーマルチファンクションステアリングホイール、アルミ調ペダルクラスターと、インテリアも数多くの装備が備わる

現行ゴルフは8代目にあたります。48VマイルドハイブリッドシステムのeTSIエンジン(1.0Lと1.5L)に加え、2.0LのTDIクリーンディーゼルが新たに追加、フルデジタルメーターを採用した最新鋭のインテリアも、魅力のひとつです。ボディサイズは徐々に拡大していますが、ハッチバックとしての本質「使い勝手の良さ」は絶対に変えないため、ゴルフを選べば間違いない、という安心感が得られることは、魅力の一つです。

気になる1位と2位は?10位までご紹介!

Text:Kenichi Yoshikawa
Photo: VOLVO、Volkswagen
Edit:Takashi Ogiyama



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE