FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
エコラグ-Hoshipedia 「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

テディベアみたいにモコモコになる!

一昨年前あたりから、女性の間でテディベアみたいなモコモコとした風合いのコートが流行しているのですが、それがすごく新鮮に映って、自分でも着てみたいと思っていたんです。

ただ、男性が着るにはちょっと大袈裟かなと思っていたところ、「1PIU1UGUALE3(ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ)」で、ちょうどいいバランスのボアコレクションを発見。ダウンやフリース(※1PIU1UGUALE3では合繊のフリースではなくウールボアで製作していますが、便宜上こう呼ばせていただきます)、シングルライダース、チェスターフィールドコート、ピーコート、テーラードジャケットと、いろんなアイテムで登場しています。

ゆったりと体を包み込むボリューム感と独特の表情は、シンプルでありながら唯一無二の存在感。ぱっと見は可愛らしい素材を用いながら、メンズにふさわしい雰囲気に仕上げてくるところは、さすが1PIU1UGUALE3です。僕自身の趣味なのですが、男の服はストイックな見え方のほうが好きなんですよね。

このコレクションで1PIU1UGUALE3が秀逸なのは、まずはアイテム選び。古くから愛される普遍的なかたちの服をベースに、細部まできっちりつくり込んでいるから、意外性のある素材を組み合わせても、違和感なく成立してしまうんでしょうね。これがトレンドに寄せたかたちだと、途端に陳腐に見えてしまいますから。

例えば、フリース(※)はアウトドアメーカーの1990年代の名作をアレンジしたものだし、シングルライダースはヴィンテージのモーターサイクルジャケットから着想を得たもの。ピーコートは1910〜30年代に生産されたモデルをデザインソースにするなど、どのアイテムにもこだわりが満載されています。

いずれも着こなしやすそうなので、どれにしようか悩んでしまいますが、このなかで自分がもっていないかたちはダウンジャケットなので候補のひとつに。ただ、モコモコを思う存分味わうにはチェスターフィールドかピーコートがいいような気がしています。

色は、黒一択。ほかの色だとこの素材特有の甘さがでてしまいそうなので、そこは最初から決めています。いやー、ほんとに迷うなあ……。


COMBI STAND DOWN 19万8000円
RETRO GEAR PARKA 13万2000円
SINGLE RIDERS 11万5500円
/すべて1PIU1UGUALE3(1PIU1UGUALE3 SALONE)


CHESTER COAT 13万2000円
P COAT 14万3000円
JK 11万円
/すべて1PIU1UGUALE3(1PIU1UGUALE3 SALONE)

【問い合わせ】
1PIU1UGUALE3 SALONE 
03-6721-1381

Photo:Ikuo Kubota(OWL)
Text:Toshiaki Ishii



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE