FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION 大人の男のスニーカー選び

即実践! デヴィッド・ベッカムの”ヘルシー”に仕上げるスニーカーコーデとは

男にとって「永遠の相棒」といえばスニーカー。とはいえ若い頃と同じ選び方、履きこなしを続けていないだろうか? 古臭いチョイスやコーディネートは、とたんに「オッサン」感を倍増させるもの。「洗練見え」する、大人の男のためのスニーカーの選び方、履きこなしの正解を伝授する。

様々なコーディネートにマッチする定番アイテムのスニーカー。メジャーなアイテムだからこそ差を付けたくなるところ。そこで気になるのがセレブたちの着こなしですよね!

今回はFORZA世代の憧れ、デヴィッド・ベッカム(46)のスニーカーコーデをご紹介します。前回、デヴィット・ベッカムの白スニーカーコーデについてご紹介しましたが、今回は白以外でもどのような合わせ方をするのか、ご紹介していきたいと思います!

1.ヘルシーに着こなす黒のローカットスニーカーコーデ

始めは、黒のスニーカーコーディネートです。

これが、ベッカム流の観戦スタイル。グレーのスウェットに黒のパンツ、そして黒のスニーカーでまとめています。一見、スニーカーの印象が残らないようにも感じますが、モノトーンでシックにまとめることがポイント。

少しダボっとしたパンツを合わせてルーズさを出すことによって、リラックスした大人の雰囲気を醸し出しています。ちょうどいいこのラフさが、スポーティーながらもどこか上品さを感じさせる秘訣なのです。

黒のニット帽と同色でまとめているので、若い方からオトナの男性までマネできる爽やかなコーディネートになっています。スポーティーよりもカジュアルなローカットスニーカーを選ぶことによってシックな雰囲気も演出できますよ!

2.ダブルスーツに柄スニーカーを合わせる上級者コーデ

お次は、スーツをカジュアルに仕上げる柄スニーカーです。

上下黒のスーツを着こなすとなると、どこか重々しい雰囲気が出てしまい、素材や形にこだわってもどうしても”正装”の雰囲気から抜け出せません。

そんな時、ベッカムは革靴ではなく柄物のスニーカーを合わせます。白のソールがついた柄のスニーカーを履くことによって、足元が一気に華やかになりますよね。ダブルスーツをカジュアルに、かつ上品に仕上げてくれます。

しかし、そんなスニーカーの色は明るすぎず、落ち着いたカーキや白といった色を合わせることで、足元がうるさすぎることはありません。柄物には少し抵抗が……という方でも、このような落ち着いたスニーカーであれば、チャレンジできるかもしれませんね!

3.スタンダードな白Tシャツコーデ、小物にこだわりを魅せる。

お次は、ラフな普段着と合わせるスポーティーな黒のスニーカーです。

白Tシャツに黒のジーンズ、そして白いソールの黒スニーカーというスタンダードなコーディネート。リュックやヘッドフォンはグレーにまとめることで、誰でもマネできる落ち着いたコーディネートになっています。

頭のトラッカーキャップには「GINZA」の文字が……!? 目立ちすぎずにこだわりを魅せてくるところもベッカム流のコーディネートなのかもしれませんね。しかし、スニーカーと同色を選ぶことで統一感のあるヘルシーなコーディネートになります。キャップの選び方もぜひ参考にしたいところです。

パンツから足元のスニーカーまで黒でまとめることで、より足も長く見えますよね。スラっと見せたいなら同色でまとめるのもおススメです。

皆さんのお手持ちの物でも再現することが出来ますよ。

4.蛍光カラーで仕上げるスポーティーなコーデ

お次は、ガラッと変わって蛍光カラーのスニーカーです。

白ベースのスニーカーに蛍光のラインや靴紐があしらわれたこちらのアイテム。黒のTシャツとベージュのチノパンを合わせたアメカジスタイルですが、ハッと目を奪われてしまう足元になっています。

スポーティーな印象をググっと上げるこちらのスニーカー。蛍光カラーは派手に見えますが、実は季節をあまり問いません。パッと明るい印象をもたらし、足元が軽く感じられますよね。

このような合わせ方で、スポーツ観戦するも良し。実際に体を動かしに行くのも良し。TPOをあまり問わず、ヘルシーさを感じさせるコーディネートです。このコーディネートすぐに再現できるかも……という方も多いのではないでしょうか?
 

いかがでしたか? みんなのスーパースターであるベッカムですが、思ったよりも落ち着きのあるスタンダードなコーディネートが多いですよね。「普通+1」のスタンスで、ちょっとしたこだわりを持つのがベッカム流。ヘルシーで少し余裕のある男性を目指すなら、ぜひこれらのファッションに挑戦してみてくださいね!

Text: FORZA STYLE



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE