FASHION VIDEO

【冬服に備えよ!】今年着るなら、このスタイル。【ユキちゃんのひとりごと】

日本の服飾業界の重鎮として活躍している、ファッションアドバイザー・赤峰幸生氏。御年77歳でInstagramのフォロワーは3万5000人超、服飾のみならず、アートや歴史の分野にまで及ぶ博覧強記で、老若男女を問わずたくさんの方々に支持されています。

そんな赤峰氏が皆さまのお悩み相談に乗る動画シリーズ、「ユキちゃんのひとりごと」。いつもの赤峰氏よりも親しみやすく、基本から応用まで幅広い分野にわたって、ファッションに悩める皆さまからのコメントにお答えしています。

©︎Getty Images

まだまだ暑いですが、そろそろ秋冬シーズンのアイテムをチェックしておきたい季節ですよね。また、冬はスタイリングの幅も広がることから、冬物を着るのが好きという方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回はテイストを変え、「冬に着たい、クラシックスタイルの作り方」をご紹介したいと思います。

1. チロリアンファッションを取り入れてみよう

クラシックスタイルスタイルが好みの方もそうでない方も、一度は参考にしてみてほしいスタイルがあります。

©︎Getty Images

それは、チロリアンファッションです。1950年代にチロル地方でよく見られたこのスタイル、2021年の今着ても色あせないスタイリングなのです。例えば、羽根つきの帽子やローデンコートはオシャレで今でも取り入れやすいです。

実際にユキちゃんもカーキ色のチロリアンジャケットをお持ちのようです。

さらに、チロリアンハットやチロリアンシューズなど、アイテムごとに豊富なバリエーションもあるのも特徴です。比較的ハードル低く取り入れられるのではないでしょうか?

2. クラシックスタイルに合う素材とは?

しかし、いざ欲しいと思っても古着屋さんに行って納得のいくものが出会えるとは限りませんよね。そこでクラシック感を演出できる新品の羽織ものが欲しいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

©︎Getty Images

ユキちゃんはクラススポーツやクラシックスタイル向きの冬物素材について紹介しています。それは、やはり「ローデン」です。

先ほどサラッと書いてしまいましたが、ローデンは実際にチロル地方の民族服にも使用されており、防水性に優れています。

また、ローデン独自の質感は何者にも代えがたいですが、現代ではバリエーション豊富な色展開であったり、より上質になっている生地もあることからデザインの幅もますます広がっていくと考えられます。

【番外編】古き良きスタイリングがカッコいい

突然ですが皆様、「クラススポーツ」とは何を指すのかご存知ですか?

©︎Getty Images

クラススポーツとは、もともとはヨーロッパの貴族階級の人たちが着ていた暇つぶしのスポーツスタイルなのです。ヨーロッパの貴族階級の人たちのスポーツといえばまずは乗馬。時には乗馬しながらハンティングも行なっていました。クラススポーツは、その時に着ていたスタイルが原点になっています。

このように、チロリアンファッションも同様ですが、昔からある基本の楷書体のスタイルを咀嚼して原点を辿りながらファッションを楽しんでいただけたらと思います。

是非みなさんも古き良き紳士たちを参考にしながら、冬に備えて素材と形にこだわったスタイルを探してみてくださいね!

 

 

///ユキちゃんのスタイリング添削///
ご応募はコチラ

ユキちゃんにスタイリングを添削してほしい方、ご応募お待ちしています。あなたのスタイリング写真を、ユキちゃんも心待ちにしていますよ!

⭐️メンバーシップ動画を見るには、下記の「メンバーになる」からお申し込みくださいませ。

【FORZAメンバーシップ@YouTube ご案内!】

もっとユキちゃんにファッションを教わりたい! という熱い声にお応えして、「ユキちゃんのひとりごと」などを楽しめる会員様限定の動画コンテンツをお届け!

チャットやコメントで使えるオリジナル絵文字も4種類ご用意。リアルタイム視聴やコメントなどで、思う存分に目立っちゃってください。

メンバーになる >

※遷移先で「メンバーになる」が表示されない場合は、PCでアクセスしてみてください。
※「メンバーになる」とは? → コチラをご参照ください



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE