FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION 干場の「エコラグ」

エンメティのライダースが、色と素材をさらに充実。お値段以上のクオリティ!

エコラグ-Hoshipedia 「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

着こなしの幅が広がる「H」モデルの新展開

これまで買ったライダースジャケットは数知れず。なかでも「EMMETI(エンメティ)」のそれは、ラグジュアリーブランドなら50万円前後はするであろう品質にもかかわらず、10万円台中盤という価格に圧倒され、瞬く間に虜になりました。

そんなEMMETI好きを公言していたところ、コラボのチャンスが到来。僕が自分のなかでこうだったらいいのに、というワガママを最大限反映させたモデルが「H(アッカ)」です(ちなみにアッカのHは HOSHIBAのH)。

最大の特徴は、従来の革より厚みのある0.9㎜ワックス加工のラムスキンナッパレザー(羊革)を使い、軽くて柔らかいだけでなく、ライダース特有のタフさを加えたこと。

さらに、ウエストのカッティングをVラインにして前後差をつけることで、着用時に軽快に見えるようにアレンジしました。また、日本人向けにパターンを改良し、驚くほど動きやすいのも魅力です。

最初は黒のナッパレザーだけでスタートしたのですが、ご好評につき、その後、黒ムートンを投入。それもほとんどが完売してしまい、今回はナッパレザーの新色と新素材を登場させることにしました。

というのも、EMMETIはレザーの色出しが抜群にきれいなので、ほかの色も欲しいという要望が結構あり、ライトブラウンの「CASTAGNO(カスターニョ)」と、ダークブラウンの「MARRONE(マローネ)」を追加。どちらもニュアンスのある色合いに仕上がっているので、コーディネイトに奥行きが生まれると思います。

僕は、ブラックデニムに黒のブーツとか、ブルーデニムでイタリア人の大好きな“アズーロ・エ・マローネ(青と茶の組み合わせ)”の着こなしに挑戦する予定。

これまで黒ばっかり着ていたので、毎日のスタイルにちょっとした変化がつけられそうです。

新素材のほうは、黒とダークブラウンのゴートスキンスエード(やぎ革)のモデルをリリースします。無骨さを表現したナッパレザーとは異なり、こちらはシックな大人の男らしさを醸し出す一着。

デニムに合わせるのもいいのですが、スエードのしなやかで、温かみのある風合いを生かして、ウールのセーターやフランネルパンツと品よくコーディネイトするのがいいかなと思っています。スエードを着るのは久々なので、いまから楽しみです!


NAPPA 各16万2800円
SUEDE 各15万1800円
/すべてEMMETI(インテレプレ)

【問い合わせ】
インテレプレ
03-6804-3861

Photo:Ikuo Kubota(OWL)
Text:Toshiaki Ishii



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE