FASHION 大人のためのポロシャツ塾

【ラコステのポロシャツ】40代メンズのための最適な色選び

1933年の創立以降、長年愛され続けているフランス発のアパレルブランド「ラコステ」。特にラコステのポロシャツのファンである人は多いのではないでしょうか? トレンドや年齢、ジェンダーさえも選ばず、幅広い支持を獲得している夏の鉄板定番アイテムですよね!

今回はラコステのポロシャツを使ったコーディネートの中でも、大定番のカラーから変わり種のカラーまでご紹介します!

①ブラックのラコステ

ブラックといえば、白と並ぶ大定番のカラー。だからこそ、着こなしのバリエーションを増やしたいという方も多いのではないでしょうか?

©Getty Images

ジーンズに合わせることでカジュアルに着こなすのはもちろん、ライトグレーや白のトラウザーズも上品さをもたらしてくれるコーディネートを生み出します。

また、チェック柄のジャケットを羽織ることで、よりフォーマルなエレガントさを演出します。ジーンズや短パンを合わせてもドレスシャツのように着こなすことができるなんて有能すぎるアイテムですよね。

ポロシャツとは思えないほどシックな着こなしを可能とするブラックのラコステは、一枚持っていれば重宝すること間違いありません!

②ターコイズブルーのラコステ

次にご紹介するのは、少し変わり種のターコイズブルーのポロシャツ。どうしても、白やネイビー、グレーに手を出してしまう方には新鮮かもしれません。

©Getty Images

下は、サトシーノの服魂LIVEで我らが荻山尚がご紹介した私物のポロシャツ。ポロシャツ好きの荻山ですが、ラコステの場合はこのようなちょっと明るめの色を選ぶことが多いとのこと。こちらは、荻山が選ぶ今年の夏に着たいポロシャツ5選です。明るくてパッと目を引くカラーが多いですよね。

「中年A荻山愛用。ポロシャツ対決! ジョンスメドレーvsラコステ」の動画はこちらからチェック!

もちろん、ポロシャツなのでベージュのチノパンやジーンズを合わせることはもちろんですが、この夏おススメしたいのはシアサッカー素材を合わせること。より夏の爽やかさを演出し、軽快さをもたらしてくれます。足元は素足にローファーを合わせることで、大人の男性の魅力を引き出すことができるでしょう。

街を歩くだけで、その鮮やかさに目を奪われてしまうターコイズブルーのラコステ。なかなか、このような明るいカラーは持っていない......という方もいらっしゃると思いますが、ぜひこの夏の機会に挑戦してみてくださいね。

③世界に一つだけ! 薄いベージュのラコステ

そして、大のラコステ好きといえば我らが赤峰幸生氏。ラコステのポロシャツが好きすぎて、ついにアレンジをしてしまうほどなのです。

こちらの薄いベージュのポロシャツは、赤峰氏が紅茶で6時間ほど染めているのです!

ラコステのポロシャツはカラーバリエーションが豊富ですが、それでもこういう色が欲しい......。なんてこともありますよね。それなら染めてしまえ!と白いポロシャツを紅茶で煮込んで世界に一つだけのラコステのポロシャツを生み出したのです。

薄いベージュのポロシャツに、軍パンやデニムでカジュアルに着こなすこともできれば、ジャケットを羽織ると上品にドレス性を持ち合わせたコーディネートにすることができます。

ぜひ、ラコステ上級者の方は「自分で染めてみる」ことにも挑戦してみてくださいね! ぜひ、自分だけのオリジナルポロシャツを着こなしましょう。

 

いかがでしたか? ラコステのポロシャツは、どんな場面でも着こなすのに適しているスポーツ性とドレス性を兼ね備えています。ジャケットを羽織って上品に着こなすことも、Tシャツのようにカジュアルかつ軽快に着こなすこともできてしまうのがラコステの良さなのです。

まだ持っていないカラーに手を出してみるのもいいかもしれませんね! 皆さんもぜひコーディネートを参考にしてみてくださいね。

Text: FORZA STYLE



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE