FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
WATCH 【腕時計羅針盤】

【パテック、オーデマ、ヴァシュロン】資産価値の高い腕時計の共通項を考えてみた。

皆さん、こんにちは。

腕時計羅針盤、RYです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

前回はロレックスの人気と資産価値というテーマについて考えてみました。
今回は「資産価値の高い腕時計の特徴」というテーマについて考えてみたいと思います。

ロレックスの他にも資産価値の高い時計は多くありますが、代表格はやはり世界三大時計ブランドの“ラグジュアリースポーツウォッチ”ではないでしょうか。

中でも、パテック・フィリップの“ノーチラス”、オーデマ・ピゲの“ロイヤルオーク”、そしてヴァシュロン・コンスタンタンの“オーヴァーシーズ”がよく知られるモデルかと思います。

これら資産価値の高い時計の特徴とは何なのでしょうか? その共通点を考えてみようと思います。

1. 供給量が少ない

@daytona.loverさんの#腕時計魂のポストよりパテック・フィリップのアクアノート・トラベルタイム

これら世界三大時計ブランドクラスが作る時計は、外装はもちろん、ムーブメントの部品ひとつひとつまで非常に丁寧な仕上げが施されています。

そのため、一本完成させるまで多くの時間を要し、いわゆる工業的(マスプロデュース的)なブランドの時計に比べて、生産量がとても少なくなっています。

また、どのブランドも昔から貴金属性のドレッシーな時計や、複雑機構を搭載した時計など、芸術性の高い時計を得意としていました。

したがって、ステンレス製のスポーティな時計を量産することは、例え売れ線であっても、ブランドの世界観と合わないと、慎重な姿勢を示しているブランドも中にはあります。

このような供給量の少なさ、つまり希少性がさらに市場を刺激し、資産価値を高める要因の一つとなっています。

2. ラグジュアリースポーツウォッチ

@kitanaka.watchさんの#腕時計魂のポストよりオーデマ・ピゲのロイヤルオーク・エクストラシン

では、そのようなブランドで、希少な時計は全て資産価値が高いかというと、そうとも言い切れません。なぜなら、それは人気があるもの(つまり需要が高いもの)とは限らないからです。

一方で、近年安定して人気が高く、高い需要を誇るジャンルがあります。それが、ラグジュアリースポーツウォッチです(通称: ラグスポ時計)。

このラグスポ時計の詳しい解説についてははじめての1本にもおすすめ!ザ・万能腕時計「3針スポーツ/ラグスポ時計」の特徴と選び方を読んで頂きたいのですが、簡単にまとめると、“ある程度の耐久性を備えたスポーティ時計でありながら、最高級の仕上げが施された時計”でしょうか。

つまり、「日常使いできるラグジュアリーな時計」というコンセプトです。

ラグジュアリーでスポーティというトレンドは、腕時計に限った話ではありません。
クルマ業界では、SUV人気が続いていますし、ファッション業界でも「スポーツMIX」がトレンドですよね。

そういった時代背景もあって、ラグスポ時計の人気は近年特に高まっています。私の記憶では2016年ごろまでは、特筆した人気はなく、定価で買えていたと思います。

そう考えれば、人々の生活様式の変化によって、人気の高まる時計のジャンルもまた移り変わるかもしれないですね。

3. 100年後でも使える時計

@mahatma_taniさんの#腕時計魂のポストよりパテック・フィリップのノーチラス

これは極端な例ですが、100年後でも使えるものであるかどうか?は大事なポイントだと思います。時計の寿命はとても長いです。購入者よりも長く生きるでしょう。

子や孫の世代に引き継いで、100年経ったとしてもきちんと稼働して、しかも古臭く感じない時計であれば、資産価値は下がりにくいと思います。

そのためには、まずブランドが100年後も存在しているという信頼感、どんなに古くても修理してくれるメンテナンス体制が必要です。

さらには、モデルチェンジを重ねたとしても大きく変わらないタイムレスなデザインであることも大事でしょう。

その点、先述した世界三大時計ブランドのラグスポ時計はいずれも1970年代にルーツを持ち、そのコンセプトは一貫され、デザインも大きくは変わりません。そして今後も変わらないでしょう。
また、ブランドの歴史は古く、どんなに古くても必ず修理することを約束しています。

まとめ

@shyo08228さんの#腕時計魂のポストよりヴァシュロン・コンスタンタンのオーヴァーシーズ

いかがだったでしょうか。今回は資産価値の高い腕時計の特徴について考えてみました。

①供給量が少ない
②ラグジュアリースポーツウォッチ
③100年後でも使える時計

これら3つの要素が、近年特に資産価値の高い時計の共通点かと思います。

しかし、時代とともにニーズは変わるので、資産価値の高い時計も移り変わる可能性があることも頭に入れておきたいですね。

今日の内容が皆さんの参考になれば幸いです。

それではまた!ごきげんよう!



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE