FASHION 超絶ラグジュアリー「雲上の世界」

昇天注意! 【ジャガー・ルクルト】世界限定18本の超絶時計

オトコとして生まれたからには、一度は手にしてみたいモノやコト。本企画は、そんな夢と憧れが詰まった、超絶ラグジュアリー情報をお届けいたします。実際に手に入れるか入れないかは、アナタ次第です!

わずか43mmの中に3つの複雑機構を収めた一本はアート作品の域!

第72回はジャガー・ルクルトのマスター・グランド・トラディション・ジャイロトゥールビヨン・ウェストミンスター・パーペチュアルです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
ケース径43mm、5気圧、手巻き、世界限定18本。1億160万円※参考価格(税抜)/ジャガー・ルクルト

トゥールビヨン、ムーンフェイズなど、腕時計における7大複雑機構は搭載すればするほど、直径数十mmの小さなケースに収めることが困難に。これを1mmでも小さく作り上げることが時計ブランドの矜持であり、そんな時計を目にした時、大人の男はロマンを感じ魅了されるのです。「ジャガー・ルクルト」が2019年に発表した「マスター・グランド・トラディション・ジャイロトゥールビヨン・ウェストミンスター・パーペチュアル」は、まさにその筆頭。

2019年の国際高級時計展SIHHでローンチした本作は、トゥールビヨン、永久カレンダー、ミニッツリピーターの複雑機構を3つも搭載したモデル。これだけでも衝撃ですが、7大複雑機構の内の3つをわずかケース径43mm、厚さ14mmの中に留めたことが大きな話題に。時計の至上命題である「時の正確性」を追求し、ジャガー・ルクルトが生み出したのが、球体型のジャイロトゥールビヨン。2004年に最初のモデルを発表し、5作目となるこちらはジャイロトゥールビヨンの更なる小型化に成功。機構が小さくなればさらに誤差許容範囲も小さくなり、より正確な時を刻むのです。

同時に搭載された永久カレンダーは、月の末日が異なる日でも手動での修正は必要なし。しかも閏年の2月のカレンダーも自動でプラス1日してくれるというから驚き。手動による調整も前後に回して合わせることができるので、回しすぎてまた30周回し直し、なんて手間もありません。起動すれば15分単位で時を知らせるミニッツリピーターは、商品名の通りロンドンのウェストミンスター宮殿にあるビッグ・ベンの鐘の音を奏でます。優雅な音で流れるお馴染みのメロディは、聴き惚れること間違いなし!

何よりこれだけの機能性を配しながら、腕につけることを想定したラグジュアリーなデザインに仕上げるあたりは流石。思わず見入ってしまうジャイロ回転するトゥールビヨンも相まって、時を知らせる時計なのに時を忘れるほどうっとりしてしまいそうです。

とは言え、ビッグ・ベンの鐘の音がちゃんと我に帰らせてくれるので、ご安心を。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

シースルーバックの採用により、この複雑な機構やパーツを一つのデザインとして昇華。飾っておくだけでも絵になる、メカニカルなアート作品と言えます。ホワイトゴールドのケースとダークブルーのベルトのコントラストも、実に上品。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

トゥールビヨンは、時計の向きや配置により重力の方向が変わることで生じる誤差(姿勢差)を解消する機構のこと。球体にすることで三次元的な回転をする多軸トゥールビヨンにより、より精度の高い時を刻むことができます。

Styling:Takahiro Takashio
Text:Hayato Hosoya

【問い合わせ】
ジャガー・ルクルト 0120-79-1833

 



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE