CAR 中年と中古車

【英国ライトウェイトスポーツカー総点検】軽いクルマは中年のサイフに優しいのです!

若かりし青年があっという間に中年となっているように、かつては高嶺の花だったピッカピカの新車も気がつけば中古車に。あの時は高くて買えなかったけど、今ならイケるかも!? な妄想を抱く二人の中年、中古車野郎Aチームが読者の皆さんに代わってとっておきのクルマを探す企画です
 

前編では憧れのBDRエンジンを搭載した至極のケータハム・スーパーセブンに乗ることができました。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

いうまでもなくレースエンジンの名門『コスワース』が手掛けたこのエンジン、意外と知られていないこともあります。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

コスワースは1958年にスタートした英国生まれのエンジン屋さんです。創業者はマイク・コスティンとキース・ダックワース。

1967年にはF1に投入したDFVエンジンが大活躍。誰もが知る常勝ブランドとして認知されるところとなります。

で、何が意外かというと、エンスーな方々はご存じでしょうが、マイク・コスティンは1953年にロータスに加入していたということ。

さらに、彼の声掛けでキース・ダックワースもコーリン・チャップマン率いるレースジャンキーの仲間入りを果たすんですね。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

ケータハム・スーパーセブンはロータス・セブンを祖としますが、その起源となったレースカーのマーク6は、この3人が作ったクルマです。コスワースとして独立した後も3人の良好な関係は続き、ロータスはF1で名門チームへと成長していきます。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

さて、後半はライトウェイトスポーツカー特集です。

クルマが軽いと何かとサイフに優しい面があります。例えば高出力エンジンに頼らなくていいので、スーパーセブンなどはシンプルなOHVのケントエンジンでも走りがいい。

軽いからシャーシやサスペンション、ブレーキなどに負担が少なく、消耗品のライフサイクルが長い。よって、メンテナンスコストが安上がりなどなど。結果的に中年のクルマ趣味が長続きするのです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

ロータスで中年の夢を叶えるのならエリーゼ、もしくはシリーズ2までの4気筒エンジンを搭載したエキシージがよろしいのではないでしょうか。

V6エンジン搭載車はライトウェイトスポーツというより、キャラクターの異なる別のクルマという印象。そのあたりも今回の動画で触れています。また、名車ヨーロッパも登場しますので「中年と中古車」の動画を最後までお楽しみください。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

少しハードルは上がりますが、クラシックテイストが良ければモーガン、日本では希少性の高いジネッタも選択肢に入ります。

いまのジネッタは欧州のレースシーンでマクラーレンをコーナーで追い詰めるなど、まさに軽さは正義といわんばかりのポテンシャルを披露。あなどれません。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

取材でお世話になった『ガレージシマヤ』さん。代表の島影さんはあるインタビュー記事で「もしロータスがSUVを売るようになったら、オレは絶対に売らない」(中年B要約)とキッパリ。このコダワリ、じつに気持ちいいですよね。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

ライトウェイトスポーツカーの世界は英国だけとは限りません。これからも精力的に取材できればと思います。中年と中古車、次回もお見逃しなく!

Text:Seiichi Norishige(中年B)
Video:Shingo Takeda
Edit:Akira Sekizawa

【問い合わせ】
ガレージシマヤ
千葉県千葉市稲毛区長沼町209-4
TEL:043-286-2444
営業時間:10:30~19:00
定休日:第1、第3月曜日及び火曜日
※店頭の車両価格は取材時のものです。詳細はお問い合わせください。



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE