FASHION ― エディターヤナカのこじラグ

【極上のカシミア】とにかく温かい! ブルネロ クチネリのバイカラータートル

2020.2.10 2020.2.10
2020.2.10
自分が本当にイイと思う、一流品を買い集めていたら、無類の服好きが集まっているはずの編集部内でも「買い方がおかしい」「こじらせてる」と。自分じゃ、至極普通だと思っていたのに...。ホントにこじらせているのか確認すべく、自分が買ってきた愛しい服達を紹介していく企画「こじラグ(※こじらせラグジュアリー)」を始動させます。これがお買い物の参考になるかはわかりませんが...、世の買い物ジャンキーたちを安堵させられたら本望なのです(笑)。

やっぱり寒い日は カシミアに包まれていたい

さて、165回目は「ブルネロ クチネリ」カシミアのタートルネック。胸部分に切り替えがあり、バイカラーになってます。

この冬は いつになっても寒くならないなぁ。せっかく温かい服いっぱい持ってるのに、まったく活躍の機会ないじゃん… なんて思ってたら、立春すぎて 突然寒くなりましたね。

コートの下はカットソーでも十分なんて思っていましたが、慌てて肉厚なニット、大好きなカシミアを引っ張り出しまして、その中にこのブルネロ クチネリのタートルネック a.k.a. トックリも混ざっていました。

元値は ちょっと笑っちゃうくらい高額だったものが 頑張れば手が届くくらいの価格になっていたものだから 恒例の清水ダイブ。

したのはイイんですが…、カシミアで かなり地厚なので 着ると相当あったかく、下手すら電車や室内では汗を掻くレベル。東京の場合だと なかなか出番が少ない。カーディガンなんかと違って、暑かったら脱げば、も出来ないし、タートルネックだから 尚のこと汗を掻く……。

なのに、なぜダイブしたかって?

だって、チェスターコートの下に柔らかくて温かそうなタートル着てるのってカッコ良くないですか? 寒い時期に海外行くと 渋いオジさんたちみんなが そんな格好してて そこにシビれる! あこがれるゥ!

そして幾度となく書いていますが、僕のワガママこじらせボディはとにかく繊維に刺激に弱く、とくに首回りはビンのカンなので、そんじょそこいらのニットでは 満足できない したくない。

となると、結果 お高いカシミアに行き着くわけですよね。お財布寒い……。

このまま春がやってくるまで寒ければ 袖を通す機会も増えそうですが、そこは 神のみぞ知る。タンスの肥やしになって 虫食いで涙…にならないようにだけは用心したいと思います。

Photo:Shimpei Suzuki
Text:Ryutaro Yanaka

Author profile

谷中 龍太郎
谷中 龍太郎
Yanaka Ryutaro

FORZA STYLE シニアエディター

さまざまな雑誌での編集、webマガジン『HOUYHNHNM』編集長を経て、『FORZA STYLE』にシニアエディターとして参画。現在までにファッションを中心に雑誌、広告、カタログなどを数多く手掛け、2012年にはニューバランス初となるブランドブックも編纂。1976年生まれ。

MEMBERSHIP

FORZA STYLE 無料会員にご登録いただくと、全ての記事が閲覧できるようになります
ぜひご登録ください

詳細をみる 新規会員登録
記事をクリップする
連載をクリップする
CLOSE X

無料会員をしていただくと、記事をクリップできます。

新規会員登録

COMMENT

無料会員をしていただくと、コメントを投稿できます。

新規会員登録

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.8.25 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO