FASHION ― エロサバ

干場の「エロサバ」

モノトーン上のキャメルに、オトコの色気を考える。

2020.2.10 2020.2.10
2020.2.10

最近、スーツのコーディネイトのパターンが少なく、この連載もちょっと苦しくなってきたこのごろ。

ストイックとエロスは相反するのか、それとも相乗効果があるのか、自分でも実装実験中です。そんな近況を包み隠さず吐露しながら、今回のエロサバはスタートします。

アイテム

コート/ビームスF
スーツ/タカシマヤ スタイル オーダーサロン
シャツ/アルコディオ
ネクタイ/タカシマヤ スタイル オーダーサロン
チーフ/ムンガイ
グローブ/ヘストラ
時計/ヴァシュロン コンスタンタン
リング(右)/フィクサー
リング(左)/アスプレイ
ソックス/グレン・クライド
靴/WH

スーツはグレー。いつもながらの干場スタイルです。

で、そこには色なり、カッティングなり、絶対に確固とした“哲学”があると思うんですよ。その理由を長年、突き詰めていった末、たどり着いたのがグレーのスーツを中心に、全体をモノトーンでまとめるスタイルだったんです。

いつ勝負の瞬間がくるのかわからないから、僕は常に臨戦態勢。どんなときでも、相手に失礼があってはいけませんからね(笑)。つまり、年がら年じゅう勝負。「かかってこいや!」(プロレスラー高田延彦風に)。

スタイルを決めてしまうと、その後がすこぶる楽でして、毎朝のコーディネイトに迷うことがありません。とはいえ、試行錯誤が楽しい気持ちもわかるんです(今はグレースーツ一直線ですが、またあれこれ彷徨うんだろうな、と言い訳はしておきます)。

話は脱線してしまいましたが、とはいえ冬のスタイルで主役となるのは、何と言ってもコートでしょうね。このポロコートは何度か紹介していますが、購入したのは 20年ほど前。ビームスFがイタリアのサルトリア パルマに別注したモデルです。

前に付くポケットはフラップ、背中にはバックベルト、袖にはボタンではなくターンナップカフが施され、クラシックなチェスターフィールドコートより、スポーティな印象があるのが特徴です。

スポーティなディテールだから、スーツやジャケット&パンツスタイルなどのビジネススタイルはもちろん、ブルージーンズやコットンパンツなどのカジュアルスタイルまで、もはや合わない着こなしやスタイルが見つからないぐらい。これぞ、普遍的エレガンス!

好みもあると思いますが、ラペルは立たせて着るのが干場流。立たせられるものなら、何だって“立てる”のが僕のポリシー。立山連峰然り。あれ、何の話でしたっけ?(笑)。

もちろん、ダイバーシティが取り沙汰される今、閉じ籠もった世界のことを云々言うつもりはありません。でも、昭和の男子は それでも強く生きたいのです(涙目)。

ここまで与太をこきましたが、やっぱりキャメルのコートは最上のエレガンスを醸し出すアイテム。一家に一台、いや一着は準備しておくべきでしょう。例え、あなたが夢敗れたとしても、息子にその夢を託せばいいじゃないですか。上質なキャメルコートはそんな希望を乗せて未来へと羽ばたきます。

あれ、何だかイイ話になっていますよね。“エロサバ”のエロスはどこに行ったのやら。やっぱり僕って、憎めない(自分で言うな!)。


今回のスタイルのキモは……。

●突き詰めた結果のグレイスーツは、僕にとっての勝負下着。
●モノトーンの上に着るキャメルは、エロ&エレガンス。
●それはまさに、勝負下着の上に着る勝負下着。
●立たせられるものは、何だって立てる!
●コートはお直ししながら、約20年着ています(サステイナブル!)。

Photo: Ikuo Kubota (OWL)

Styling&Model:Yoshimasa Hoshiba


6冊目の書籍が発売しています。洋服から、ジュエリー、腕時計、ライフスタイルまで。僕が日頃から愛する大人の男女におすすめしたいブランドの逸品について書いています。読んでない方はぜひ!

干場義雅が愛する
「究極のブランド100+5」(日本文芸社)

5冊目は、1冊目の書籍の内容を改稿し、本質的な服装術を知らない新社会人から肩書きを持つ大人まで使える身に纏う処世術について書いています。読んでない方はぜひ!

世界のビジネスエリートは知っている
「お洒落の本質」(集英社文庫)

4冊目の本では、女性のエロサバなスタイルについてまとめています。女性はもちろん、男性が読んでも面白いのでぜひ。奥様にもすすめてくださいね。

干場義雅が語る

「女性のお洒落」
(ディスカバートゥエンティワン)

3冊目の書籍は、難しいとされる大人のカジュアルスタイルについて書いています。読んでいない方はぜひ!

干場義雅が教える

「究極の私服」
(日本文芸社)

2冊目の書籍は、色気についてです。
普通に見えて、なぜか人を惹きつける男の共通点について書いています。読んでいない方はぜひ!

一流に学ぶ

「色気と着こなし」
(宝島社)

1冊目は、スーツの着こなし術から世界の一流品選びまで、基本的なことやお洒落の本質について書いています。読んでいない方はぜひ!

世界のエリートなら誰でも知っている

「お洒落の本質」
(PHP出版)

【エロサバ】-Hoshipedia

「エロサバ」とは、エロいコンサバの略で、干場の哲学により生まれた造語。シンプルでベーシック、コンサバティブな洋服を着ているのに、なぜかエロく見えるスタイルのこと。例えば喪服の女性。成熟した大人の女性が喪服を着ていて、メイクもナチュラルで抑制しているのに、不思議と色っぽく見えるスタイル。例えば、普通の白いシャツを着ているのにも関わらず、胸元のボタンの開け方や袖口のまくり方でSEXYに見えるスタイル。粗悪な素材でデザインが変わっているシャツでは駄目。上質な素材でベーシックなシャツだからこそ、崩して着こなしても上品さが保てるのです。男性で例えるなら、仕立てられたグレーの無地のスーツを着て、上質な白シャツに黒の無地のネクタイのような極めてコンサバティブなスタイルをしているのに、内側から大人の色気が香るスタイルのこと。

Author profile

干場 義雅
干場 義雅
Hoshiba Yoshimasa

FORZA STYLE 編集長 兼 ファッションディレクター

尊敬する人は、ロロ・ピアーナの元会長セルジオ・ロロ・ピアーナさん、ピエール・ルイジ・ロロ・ピアーナさん、トッズの会長ディエゴ・デッラ・ヴァッレさん、格闘家のブルース・リーさん、初代タイガーマスクの佐山サトルさん。
スポーティでエレガントなイタリアンスタイルを愛し、趣味はクルーズ(船旅)と日焼けとカラオケ。お酒をある一定以上飲み過ぎると、なぜだか一人感無量状態になって男泣きする小誌編集長。1973年、東京生まれ。

記事をクリップする
連載をクリップする
CLOSE X

無料会員をしていただくと、記事をクリップできます。

新規会員登録

COMMENT

無料会員をしていただくと、コメントを投稿できます。

新規会員登録

WHAT's NEW

MEMBERSHIP

FORZA STYLE 無料会員にご登録いただくと、全ての記事が閲覧できるようになります
ぜひご登録ください

詳細をみる 新規会員登録

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.10.23 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

VIDEO