FASHION ― NEWS

待つこと4ヵ月。J of JINSの『究極のオーダー』ヴィンテージ眼鏡が遂に完成!【PR】

2020.1.17 2020.1.17
2020.1.17

 
 
干場の顔を計測しつくしてできあがった“あの眼鏡”、PITTIでも大絶賛!
 
sponsored by J of JINS

お待たせいたしました。お待たせしすぎたかもしれません。

目と耳の距離や顔の幅、さらには鼻の幅に至るまで、干場の顔を徹底的に計測してオーダーした、“あの眼鏡”が、遂に完成いたしました。


“あの眼鏡”とは?


うっかり見逃してしまった方のためにご紹介すると、今を遡ること4ヵ月ほど前、都内某所でJ of JINSによるヴィンテージアイウエアの受注会が行われました。

この日のためだけに誂えられたというラグジュアリーな空間に招待されたのは、ごく一部の限られた方々のみ。ロンドンで活躍している、日本人で唯一のヴィンテージアイウエアデザイナー薄井暁生氏がこの受注会のために帰国し、フレームや生地を選ぶところから、顔周りの詳細なサイズを計測するところまで、時間をかけて丁寧に個別に対応。そこから、干場のためだけのスペシャルなアイウエア作りが始まったのです。

会場には、「BRITISH BLACK EYEWEARS OF 1950-60'S」という受注会のテーマに合わせ、薄井氏が厳選したヴィンテージモデルがずらり。その中から干場がチョイスしたのは、NHS」という制度の一環として1948年〜1985年の間イギリスで国民に無料(1951年からは一部負担)提供されていた眼鏡。珍しさはもちろんのこと、フロントが極端に薄く仕上げられており、アームのデザインが洗練されていることなどが干場の心をつかんだようです。


その詳しい様子はこちらの記事でご確認いただくとして、今回は干場がようやく手に入れた完全オーダーメイドの眼鏡をご覧いただきましょう。


ジャジャジャーン、こちらです。

いかがですか? この馴染みっぷり! ずーっと前からかけている眼鏡かのように、顔にしっくりと馴染み、溶け込んでいます。さすが、鼻の幅まで計測したという究極のオーダーメイド眼鏡!

 

さて……。動画をご覧いただいた方々は、「で、結局どれを選んだの?」と気になっていらしたことでしょう。『王道ボストン』『ボストンキャッツ』『ボストンウェリントン』の3種類の中からどれにするかで干場は悩んでおり、その答えは動画内では明かされていませんでした。正解は……?

そう、『ボストンキャッツ』でした! 「普通でいいのよ普通で」を口癖とし、究極的に上質で、色や形はベーシックなものを愛しつつも、時代の空気にあわせて少しずつアップデートを続ける干場らしいチョイスではありませんか?
 

干場はこの眼鏡をいたく気に入っておりまして、つい先日まで訪れていたPITTIの取材中も愛用しておりました。

「まさに顔と一体化して、かけていることを忘れてしまうほどなんです。さすが細部まで計測した眼鏡です。PITTIでの取材中に『いい眼鏡だね、どこの?』なんて声をかけられることも。ヴィンテージデザインの眼鏡の素晴らしさは、目の肥えた世界中のファッション関係者にも伝わりますね」

さすが究極の眼鏡。にこやかな笑顔を浮かべつつ、PITTI取材を進めていた干場の姿が目に浮かぶようです。

 

「いいなぁ、俺も干場さんみたいな究極の眼鏡が欲しい……」

なるほど! それではお得な情報をご紹介いたしましょう。FORZA STYLEではすっかりおなじみのアイウエアショップ、『J of JINS』。六本木ヒルズ内にあるこちらの店舗には、一点モノのヴィンテージメガネをはじめ、様々なアイウエアが揃っています。イギリスやフランスのヴィンテージアイウエアは8万円から(税抜・レンズ代別途)。ヴィンテージはもちろんのこと、「他の人とは違った眼鏡が欲しい』「究極の眼鏡を探している」という方にぴったりなんです。

しかも、干場編集長が今回オーダーしたものと同じデザインのアイウエアを、2月に数量限定で発売予定です。こちらは既製品として発売されるため、8万円(税抜、レンズ代別途)とお手頃なプライスとなっております。数には限りがあるそうなので、気になる方は大至急店舗へお問い合わせください。

今年3月ごろには、人気のUK50's、FRANCE60'sに続き、第3弾:ITALY70'sのシリーズも発売開始予定だというJ of JINS。これからも目が離せそうにありませんね。

 

Video:Kenta Matsuo
Photos:Shimpei Suzuki
Text:Yukari Tachihara
 

【提供元】
J of JINS 六本木ヒルズ店
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズウエストウォーク4階
03-3497-0227
営業:11:00〜21:00
https://www.jins.com/jp/j-of-jins/

 

Author profile

立原 由華里
立原 由華里
Tachihara Yukari

女性誌で長年美容を担当した後に、FORZA STYLEへ。得意なものはダンス、ビール、子供と遊ぶこと。苦手なものはデスクワーク。服を選ぶときは流行よりも着心地のよさを重視し、休みがあったら海や山でチャージしたいタイプ。絶賛子育て中(小2女子&年中男子)のため、自分の時間がほとんどないことが悩み。目下のストレス解消はママ友との子連れ外食(近所限定)。そのうちハーフマラソンを走ってみたい&平泳ぎをマスターしたい。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.6.19 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO