LIFESTYLE ― オトナの”鉄板定番”ベスト200

ゲットすれば気絶する! オトナの”鉄板定番”ベスト200

メイド・イン・フランスのカトラリーで食卓もお洒落に!

2019.3.5 2019.3.5
2019.3.5
男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介する当企画。

いい道具があれば毎日の食事も楽しくなる

第127回は、ジャン デュボのライヨールです。

ライヨール イングリッシュナイフ2000円(税抜)/ジャン デュボ(ザッカワークス)

よほどのインテリア好きか料理好きでもない限り、食卓のナイフやスプーンなどのカトラリーにこだわる人は少ないかと。カトラリーなんてどれも同じだと思って、百均やホームセンターでまとめ買いしちゃう人もいるでしょう。でも安価なカトラリーはナイフの切れ味が悪かったり、スプーンの口当たりが悪かったり…。毎日使うものだからこそ、作りの良いモノを選ぶべきです。そこで、どんなものにもこだわりを持つデキるオトコにおすすめしたいのが、カトラリーで有名なジャン デュボのライヨール。

ジャン デュボと聞いてもピンとこない人も、ライヨールなら聞いたことがあるはず。実はライヨールはブランド名ではなく、古くからフランスのティエール地で作られる伝統的なナイフのひとつ。20世紀初頭に男性の護身用のポケットナイフとして製造されたのがその始まりです。

なので、ライヨールは複数のブランドで生産されていますが、多くの人がライヨールと聞いて思い浮かべるのは、クラシカルな趣のあるジャン デュボでしょう。同ブランドは1920年にピエール・デュボ氏によって設立。ブランド名は彼の跡を継いだ息子の名前です。

ジャン デュボのライヨールの特徴といえば豊富なカラーバリエーション。ハンドルの色展開はなんと15色もあります。定番のホワイトやブラックなどのほか、パリスブルー、ピスタチオ、カフェオレなど、さすがはフランスブランドという洒落たカラーも。見た目だけなく性能も抜群。ナイフのハンドルは手になじむように流線型で、ステーキはもちろん、バケッドなど硬いパンも切ることができます。

デイリー使いにぴったりなサイズ感のテーブルスプーンとテーブルフォーク。手にフィットするようにハンドルは立体的な形状に。ほかにもジャムスプーン、バターナイフなど11種類のカトラリーを展開。柄にはライヨールの特徴であり、ディエール地方を象徴する蜂のエンブレム。上から:テーブルスプーン1400円、テーブルフォーク1400円(ともに税抜)/ともにジャン デュボ(ザッカワークス)
ワイン好きにおすすめしたいのが、ミニチーズナイフとカッティングボードのセット。チーズやドライフルーツなどを盛り付ければ洒落たおつまみに。コンパクトなサイズ感でギフトにも最適です。ミニチーズナイフ&ボードセット各3800円(税抜)/ジャン デュボ(ザッカワークス)

小洒落たレストランで採用されていることも多いジャン デュボのライヨール。自宅で使えば、いつもの食卓も垢抜けて見えますよ。

Text:Tomomi Nishihara

【問い合わせ】
ザッカワークス
03-3295-8787
http://www.zakkaworks.com/jeandubost/
 

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.6.20 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO